2017年08月19日

携帯の誤発信で救急車

携帯の誤発信で救急車
携帯の 誤発信で 救急車(俳苦)
俳句の日の早朝に救急車騒ぎ


 今日の8/19は「俳句」の日とか、ちなんで俳句もどきの五七五を苦し紛れに・・・ 今日のブログの本題は俳句でなしに個人の話題;

 今朝の早朝(7時前、まだ就寝中)にピンポンで起き出し、エアコン工事業者が来たのかと玄関を開けると、『救急車を呼びましたか?』と救急隊員がストレッチャー片手に3名! ??呼んでませんけど??

 「Sさんからのコールで急行してきました」とのこと? 番地はまさしくわが室でSさんなら姪で心当たりがある。さっそく姪に電話をすると「1時間間におじさんから電話があり、無音で時折り苦しげな息遣いが聞こえた」という。

 何度も「おじさん大丈夫? と呼びかけたが返事がないので、これは一大事と那覇の消防署に連絡した」という。さては枕元においてある目覚まし代わりの携帯を、寝返りをうったかで起動してしまった?

 最新の通話履歴は姪からお盆のお供え物お礼の電話。その受信画面が表示され発信してしまったらしい? なんとか救急隊員に謝ってお引き取りいただいたが、救急車と(万が一の)ポンプ車で合計7名の出動とか・・・

 その後は立て続けに長男/次男/義姉から電話がかかり、事情説明をしたが「無事でよかった、沖縄なんかに独りで行くからや!」などなど、半分お叱りをいただいた。(覚悟の上の終の棲家とは応答しなかったが)

 せっかくの週末の早朝に大騒ぎをさせてしまって、誤動作を多発する携帯に八つ当たり。携帯はスマホの第1号で通話のみの契約。スマホだから画面タッチで操作するが、うっかりタッチで誤動作を多発する。

 それにしても普段は省バッテリで待機状態、起動するには小さな電源ボタンを押し、ついでHomeボタンで稼動状態にするのだが、寝返りだけで2つのボタンを押してしまう? 皆々さん週末の早朝からごめんなさい。
(8/19 私事)





【酔駄言】☀☀ 28/34(28)℃:79/52(50)%:0mm:50mh:11:今日も熱くて外出せず

 居室(約7帖)と台所(約3帖)の間を1間四角のカーテンで仕切っている。元々は就寝時の灯りを遮断するためだったが、夏冬は冷暖房の効率化も兼ねて閉めている。朝食の準備と片づけの間は開放しているが、、日中は締め切ってエアコンの効きを高めている。

 昼食やトイレ時に居室から台所に移動すると、室温が5℃も違ってクラクラとし5分も台所に居られない。ましてコンロを点けると35℃を超え、小窓に置いた温度計を見たら余計に蒸し暑く感じる。そんなことを日に5〜6度も繰り返すと身体に良くないよなぁ?

 ただでさえ老化が進むと寒暖差を感じないというけど、ボクは敏感に温度差を感じる体質のようで、夏の暑さや冬の寒さを人一倍感じて、沖縄は亜熱帯なので熱くて当然だが、真冬は暖房が欠かせす寒いなぁと思っている。温湿度の差が少ないハワイ(ホノルル)に再移住したいが・・・


posted by まな兵衛 at 11:53| 沖縄 ☀| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

字名なしの謎の島は

字名なしの謎の島は
住所に字名がない? 沖縄の謎の島「渡名喜村」

渡名喜島.jpg
↑ クリックで別ウィンドウに拡大表示が可能

 渡名喜村役場は「渡名喜村1917番地の3」など、沖縄県渡名喜村の住所は字名がつかない。村民に不都合はないが、役場には時折「字名はつかないのか」と問い合わせがある。国土地理院によると「全国で10カ所以上あるとみられるが、やはり珍しい」と話している。

   渡名喜村は221世帯380人が住む、県内で最も人口の少ない自治体だ。住民の住所も「渡名喜村○×番地」で表され、字名はつかない。村史にも理由は書かれておらず、島のお年寄りも経緯は分からない。

 渡名喜郵便局の長嶺忠昌局長(52)によると「字名がなくても特に困ったことはない。番地を書けば、郵便物はきちんと届けられる」と話す。むしろ「比嘉」「又吉」など特定の姓が多く同姓同名もいるため、誤配防止にはそちらの方が気に掛かるという。

 本部町から同村に嫁いで40年という女性(65)は、本島の病院を受診する際に字名がないために質問され、友人から「珍しいね」と言われるという。「字名がつかないのは村の歴史。なくておかしいと言われると、むっとすることもある」と語る。他の村民も違和感はないようだ。

 住民の98%は字名のない場所に住んでいるが、実は字名のつく住所が村にはある。計4世帯9人が住む粟苅、西兼久、西ノ底。もともとは畑だった場所だ。なぜ3字だけ字名を盛り込んでいるのかも不明だ。

 国土地理院によると、住所に字名のつかない地域は長野県の山間部など人口の少ない地域にあるが、2万572人が住む同県下諏訪町の例もある。同院は「住所に字名をつける必要性がなく設定しなかったのでは」と推測している。
(8/17 沖縄タイムス)





【酔駄言】☀|☁ 29/30(28)℃:80/59(59)%:0mm:35mh:6:昼過ぎに一時曇り、エアコンが調子悪くて室温は下がるが除湿が効かない。

 渡名喜島へは久米島へフェリーで行った往復に寄港した。港の船上から集落を見るとほとんどの建物が見えたような気がした。なにしろ沖縄で一番人口の少ない1島/1村で220軒に380人しか住んでいないという。

 役所や漁協/倉庫に学校などの公共の建物を合せても、250くらいだから1番地から順につけても300で足りる計算になる。ボクが以前に住んでいた兵庫県川西市は、転入時は「字龍池(本籍)で1000世帯を超えていた!

 渡名喜村にも字が3箇所あり4世帯9人というから、1字に2世帯とすると、残る2字に各1世帯ということになる。わが字はわが家が1軒だけというのも誇れるかもしれない! Google/Yahoo地図には載っていないが・・・


posted by まな兵衛 at 10:52| 沖縄 ☀| Comment(1) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

沖縄は旧暦のリズム

沖縄は旧暦のリズム
「今年のお盆はいつ?」
「今年のお盆は9月3日から5日だよ」


旧暦カレンダー.jpg  「今年のお盆はいつ?」という会話が沖縄では普通に交わされます。日本のお盆は東京などでは新暦の7月15日に行われ、それ以外の地方では8月15日の1月遅れの盆だと聞きます。

 でも沖縄では毎年新暦ではなく、旧暦の7月13日から15日に行われています。そのため、なんと今年のお盆は9月3日から5日。ここ沖縄で新暦が導入されて100年以上経つというのに、かたくなに旧暦でのお盆が行われています。

←クリックで新ウィンドウに拡大表示が可能

 沖縄では旧暦が入っているカレンダーが重宝されます。浜下りも旧暦3月3日でないと大潮にはあたらないし、与那原の大綱引きは旧暦6月25日近辺の土日に行われます。その他にも「今年は潤月(ユンジチ)です」というお墓や仏壇の広告などを見かけます。これも旧暦ならではの仕組みで、調整のために1年に同じ月が2回あることを言います。ちなみに今年もユンジチで5月が2回ありました。

 最もなじみ深い行事といえば、毎月旧暦一日と十五日に行う火の神への御願でしょうか。さらにゴーヤなどの花が咲くのも一日、十五日とも聞きます。きっと旧暦には月の満ち引き自然の摂理が働いているのかもしれません。

 そんな旧暦のリズムを大切にしている沖縄の出版社としては旧暦にこだわざるを得ません。ボーダーインクのロングセラーに『よくわかる御願ハンドブック』という本があります。これは沖縄独特の年中行事の方法のわかりやすく紹介した本です。

 本書は毎年旧盆(旧暦7月15日)の頃と、年末の御願ブトゥチ(旧暦12月24日)の頃に特によく動きます。いわば季節商品でもあるのです。ボーダーインクでは県外でも多少は流通していますが、この本に限っては99%沖縄で売れています。しかも書店はもちろんですが、スーパーのマガジンラックや餅屋の店先、仏壇屋でも販売しています。

 本書が売れるのも旧暦も守って行事を執り行うウチナーンチュの気持ちがあるからだと思います。今年も旧盆に多くの家庭で祖先を敬い、仏壇に手をあわせていることでしょう。
(8/16 琉報Style:筆者はボーダーインク編集長)





【酔駄言】☀☀ 28/34(29)℃:82/56(55)%:0mm:50mh:11:快晴の一歩手間だがエアコン不具合で

 沖縄に移住したヤマトンチュにはお盆が2回あり、病院の予約が新旧のお盆で制限されたりする。診察室に掲げられたカレンダーには、新旧の行事が同等の大きさで書かれていて、それを見て医師は次回の予約を告げる。ウチナンチュのドクターは沖縄の行事に従って休暇を取るようだ。

 3世代同居の旧家が多い沖縄では旧暦が生活を支配している。門中の行事が多く出席が半ば義務づけられているようだ。特に旧士族では門中が社会的な役職に大きな力があり、義務を果たすことによって係累の引きで出世が左右される。と避暑で通った図書館で読んだ記憶がある。

 避暑で図書館に通ったのは移住当初の1〜2年で。沖縄の歴史や風俗・行事などを小説も含め読んだ。2年ばかし図書館で勉強をしてあらましの知識を上っ面だけ習得した後は、図書館を卒業し夏でも自室で過ごすようになった。しかし、4年前の夏に熱中症で救急搬送されて以来はエアコンに頼っている。

 それは体力の衰えからで以前は病気知らずだったが、ちょこちょこと医院/病院の世話になることが増えた。そうなんだ、オレはもはや後期高齢者なんだと認識しだした。今回のエアコンの不具合で心配したのは熱中症で、それが起因となる様々な高齢期障害が心配だなぁ・・・


posted by まな兵衛 at 11:27| 沖縄 ☀| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

沖縄にエサやるな!

沖縄にエサやるな!
沖縄をほんとうに愛してくれるなら
県民にエサを与えないでください


沖縄エサ.jpg
(8/16 産経朝刊2面下広告)





【酔駄言】☀ 29/33(30)℃:83/67(50)%:0mm:30mh:9:今日はやゝ☁が優勢だが相変わらず高温注意報。昨夜、寝ようとしたら枕が湿っていてベッドの頭あたりも湿っている。調べていると手のひらのポツリと水滴! 頭上のエアコンから水滴が落ちてきているではないか!

 エアコンを見ると送風口あたりに水が溜まっていた。雑巾で拭いても止まらないのでOFFってみた。15分後にオンしても水滴が落ちてくる。ベッドをずらすとエアコン下の壁際と床が濡れているので、雑巾を敷いて水滴を吸収させ就寝した。水滴のポタリポタ落ちでとても眠れない。

 仕方なくOffって窓を全開にし扇風機をかけて寝た。夜間の室温は30℃湿度は80%で寝苦しかったがなんとか眠ったらしい。今朝、ONにしたらやはり水漏れが止まらない。10時になるのを待ち構えて不動産会社をCall、フィルターの目詰まりだろうってんで水洗い、それでも水漏れが止まらない。

 電気業者を手配してくれたが今日の今日できてくれない。日が昇るに従ってどんどん気温が上がり耐えられないので、ONして水滴を洗面器で受けながら日中を過ごした。さぁ、今夜はどうする? 洗面器に落ちる水滴の音で眠れないだろう。洗面器に雑巾を入れて水音を吸音させようか・・・


posted by まな兵衛 at 11:55| 沖縄 ☔| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

リーフカレントに注意!

/tr>
リーフカレント(強い潮の流れ)に注意!
沖縄の海に行く前に必ず確認を

例年発生する水難事故の原因「リーフカレント」とは?

リーフカレント1.jpg

 観光のトップシーズンを迎えた沖縄県。

 エメラルドグリーンの海では、観光客がダイビングやシュノーケリングなどレジャーを楽しみ、海岸沿いではバーベキューや釣りをする地元の人たちの姿が見られる。

 ただ一方で、7〜10月は、水難事故が多発する時期でもある。
リーフカレント2.jpg
リーフカレント3.jpg  沖縄県警によると、2017年のことし上半期、沖縄県の水難事故は32件で、過去10年間で最多だった16年の85件を上回るペースだ。

 32件のうち、沖縄県民の事故が19件で、魚釣りや潮干狩りなどによるもの。12件は観光客の事故で、シュノーケリングとダイビング中の事故が11件を占めている。

 中でも例年、発生するのが「リーフカレント」と呼ばれる急に発生する強い潮の流れに巻き込まれる事故だ。第十一管区海上保安本部によると、12〜14年の3年間で11人が事故に遭っている。同本部の担当者は「穏やかなリーフの中で、魚や綺麗な海の景色に夢中になって、突然沖に流されてしまうケースがある」と説明する。リーフカレントの流れの仕組みはこうだ。
 
 沖縄の海には、潮が引いた時に姿を現すリーフ(サンゴ礁)がある。リーフは満潮の時にリーフの内側に溜まっていた海水が外側に流れるのを阻んでしまう。そのため、サンゴ礁とサンゴ礁の切れ目「リーフギャップ」から海水が出て行こうとして流れが速くなる。これをリーフカレントと呼ぶ。急に水深が深くなるのも特徴だ。

 しかし、リーフカレントは知っていても、それが原因の水難事故が起きている場所やビーチまではなかなか調べる機会もない。初めて沖縄を訪れる人はもちろん、地元の人にも周知が行き渡っていないのが現状だそこで、同本部のデータを参考に、これまでに水難事故が起きたリーフカレントの場所、23カ所をデジタル地図上に一覧化した。

 左上のアイコンを押すと、ビーチや地名が並び、クリックするとリーフカレントの場所を確認できる。沖縄本島は、大度海岸、名城ビーチ、宮城海岸、残波岬、真栄田岬、万座毛付近、水納島、瀬底島、伊江ビーチ、本部半島、奥港、国頭村海岸沿い。

 周辺離島はナガンヌ島、伊計島、宮城島。宮古島地方は吉野海岸、池間島。八重山地方は米原ビーチ、吉原海岸、御神崎、黒島、波照間島。例えば、本部半島北岸を選択すると、赤で表示されたリーフカレントをェックできる。

 沖縄の海を安全に楽しむためにどんな点に注意したらいいのだろうか。沖縄のマリンレジャーを安全に楽しむための周知に取り組む「FORD1」の渕上竜生理事は、「ビーチで泳ぐ時には、なるべく沖へ向かって泳がずにビーチに対して並行に泳いで楽しむことが安全です。また、航空写真などを使って海水浴を楽しむビーチの地形やリーフの形を確認しておくといいと思います」。

 それでも、万が一リーフカレントに捕まって流されそうになる場合もある。「流れに対して直角に泳ぎ回避するのが基本ですが、現実には、なかなかうまくはいかないものです。無駄に泳いで体力を消耗するよりも周りを見て浅いリーフの場所を探して岩などにつかまるのもいいと思います。

 沖の流れの緩やかな所まで流れて緩やかになった所で迂回して岸に戻る対応策がありますが、この方法は、ライフジャケットや浮き輪などの浮力体を確保ができない場合は、かえって危険になります。マスクやシュノーケル、フィン(足ひれ)をつけていても浮力体が確保ができていない場合は、過信しない方が安全です。  少し流れがあると感じるところからはすぐに離れたほうがいい。ビーチで楽しむときは沖合へは行かず、楽しむことが安全だと思います」。
(8/13 Yahooニュース:與那覇里子 | 首都大学東京大学院1年/沖縄タイムス社 デジタル部記者)





【酔駄言】☀☀ 29/34(28)℃:81/65(40)%:0mm:50mh:11:高温注意報がず〜と出っぱなし

 終戦記念日ではなく敗戦確定日という人がいる。沖縄での慰霊の日は屈辱の日とも言う。ボクは開戦の年に生まれ終戦時は満4才だったので戦争の記憶はない。家の床下に母親が掘った浅い粗末な防空壕では、焼夷弾に耐えられず母親の背にしがみつき逃げ惑ったと、後年に聞いた事がある。

 終戦時は母親の妹(叔母)が泉州にいたので疎開した(らしい)。兄2人は広島の山奥へ学童集団疎開をしていたという。戦後に兄2人が帰阪し小学校へ迎えに行ったというのも、記憶でなく後年の母親の話。兄らは原爆が落ちた広島駅から汽車に乗って帰阪したというが、駅も汽車も無事だったのだろうか?

 兄らが通っていた小学校に迎えに行ったというが、わが家は焼け出されていたのでどこに連れて帰ったのか? どうやら出征していた父親がいち早く帰還し、近所の焼け残った長屋の1軒を手配していたらしく、そこへ戻ったのかは聞いていず、もちろん記憶にも残っていない。

 戦後の生活は苦しかったと思うが覚えていない。自分年表を繰ると終戦の翌年には幼稚園(年少)に入園し、3年後の昭和48年には小学校に入ったことになっている。戦後の新教育第一回生で教科書は墨消しでなく真新しかった、というのも後日の周囲の話で自身の記憶には残っていない。

 毎年、終戦日などで同年輩の人が語る当時の思い出の記事や映像を見るが、ボクは馬鹿なのかな〜んにも覚えていない。遅生まれの早行きだったので4/5月生まれの同級生と1年近く幼い。とはいえ彼らが語る想い出はボクと同様に後年の親から聞いた話を自分の記憶と思っているのかも・・・


posted by まな兵衛 at 12:28| 沖縄 ☀| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

石垣島 星空ウィーク

石垣島で星空ウィーク
夜空に輝く天の川、島の星空満喫

      「見上げてみよう!
   そこには満天の星と天の川」


 八重山の星空を楽しむイベント、「南の島の星まつり2017」(同実行委主催)が12日、石垣市の南ぬ浜町緑地公園で幕開けした。

 暑さを吹き飛ばす夕涼みライブに星空観望会、島一斉ライトダウンで延べ9千人(主催者発表)が石垣島の星空を満喫した。

(8/13 宮古日報)


               ライトダウン今後に課題

 南の島の星まつりは12日午後8時半から30分間、石垣島一斉ライトダウンを行った。海側の空には多くの星が見えたが、市街地側は”光害“の影響で見えにくかった。サザンゲート側の星空を解説しようとすると、会場から「明るい」との声。バンナ公園展望台から見たライトダウン前後も、大きな変化がみられず、今後に課題。(8/13 八重山毎日新聞)





【酔駄言】☀☀ 29/33(28)℃:86/61(45)%:0mm:40mh:11:今日も暑かったので外出を中止

 明日がお盆というのに車のUターンラッシュがはじまっている。普通はお盆の行事を終えてから帰路につくはずだが、お盆休みが15日までの人も多いようで、帰省先でのお盆を先の週末に終え今日Uターンする? 明日1日は休養に当て16日から仕事ということだろう。

 ボクは実家が大阪市内だったので帰省先がなく、盆暮れの帰省先がある人が羨ましかった。父親は愛媛の出身だが幼い頃から実家はなく、母親も泉州の実家がどこだか聞いたことはない。小学校時代には愛媛の叔父宅に泊まりに行ったり、泉州では叔母宅に行って従姉妹らと遊んだ。

 いずれも山奥から麓の町へ分家をしたり嫁入していた。父親は中学を出てすぐに大阪へ出たようで、これも大阪に出ていた母親と結婚したらしい。ボクら兄弟は大阪で生まれ育ったので大阪弁だが、3代住まないと本当の浪速っ子でない? としたら次男の子(孫)らが3代目ということになるが・・・


posted by まな兵衛 at 11:18| 沖縄 ☀| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

うちなーぐち工事看板

うちなーぐちの工事看板
思わず足が止まる!「わじゃ そーいびん」って?


 「わじゃ そーいびん(お仕事中です)」。糸満市武富のイオンタウン武富ショッピングセンター前の県道7号の道路工事現場で、うちなーぐちの看板が道行く人を楽しませている。

 発案者は、うちなーぐちを使う機会が減少していることに危機感を持った南山開発(本社・豊見城市)の取締役会長の浦崎実さん(60)だ。「言葉は使わなかったら忘れてしまう。まずは関心を持つきっかけになってほしい」と、2年ほど前から那覇市内や本島南部の工事現場でオリジナルのうちなーぐち看板を設置している。

 浦崎実さんは八重瀬町出身で、幼少からうちなーぐちに親しんできた浦崎さん。近年は同級生の模合などでうちなーぐちを使うが、職場では使う機会が減ったという。

 「言葉は時代によって変わっていくものだが、少しでもうちなーぐちを残したい」と、工事現場の看板をうちなーぐちで表記することを思い付いた。今では従業員にも積極的にうちなーぐちで話し掛けている。

 「ゆたしく うにげーさびら(よろしくお願いします)」「にふぇー やいびーたん(ありがとうございました)」など、各現場に合わせて必要な文言をうちなーぐちで考え、発注する。

 工事区間の終わりでは「にふぇー やいびーたん」(ありがとうございました).意味が分かりやすいよう、日本語表記の看板と併設するようにしている。看板はリースで、工事が終わると返却するため、これまで何枚作成したか不明という。

 浦崎さんは「南部でも地域で言葉が異なり、虫一つでも呼び方が違う。言葉はとても面白い。うちなーぐちをぜひ普及させたい」と力を込める。県道7号のイオンタウン武富ショッピングセンター前の工事は、今年10月末までの予定だ。
(8/13 琉球新報)





【酔駄言】☀☀ 28/34(28)℃:87/61(40)%:0mm:45mh:11:午中は☁が優勢だったが日照は☀

 夕方、沖縄ヤマト運輸から電話があり、大阪の次兄の長女(姪)宅に送ったちんすこうが、9日から5日間不在で届けられないといってきた。こちらから旦那の携帯に電話をかけたが、電波が届かないところに居るらしい。旦那の田舎はどこか知らないけどよほどの田舎? もしや海外旅行中?

 そうなんだ、一般の会社員は11〜20日までの盆休みが多いようだ。ボクは長い外資での勤め人時代は西日本オフイスの責任者で、盆休みは事務所の留守番役で休まず出社していた。そのせいでお盆休みの経験はほとんどなく、週末に大阪市内の実家へ線香を上げに行ったもんだ。

 そのかわり8月最後の週末前後に盆休みをとって、嫁さんと予約なしに気の向くまま車を走らせた。夏の終わりの旅行は快適で道路も空いているし、飛び込みの旅館も安価に泊めてくれた。信州・北陸・山陽・山陰・紀州などなど。関東・東北・北海道は車では遠くて行けなかったが・・・

 たとえば、山陰路での城崎温泉では駅前の観光案内所で、税込み予算1万5千円で受けてくれた「ゆとうや」旅館、教えてくれた場所を車で何度も往復したが、まさかの超高級旅館がまさかの宿だった。気後れしながら傷だらけのボロ4躯で玄関まで乗り付けた。

 案内された部屋は内風呂/次の間付きの離れ座敷、仲居さんによると今夜はたったの3組様とのこと。外湯めぐりをして宿に戻ると豪勢なカニづくしのお膳。まぁ、季節外れだから冷凍のカニだがカニ刺し・焼きガニ・シャブシャブ等々、お銚子数本合わせて1万8千円だったなぁ。


posted by まな兵衛 at 11:26| 沖縄 ☀| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

平家の末裔が宮古島に

平家の末裔が宮古島に
平家の末裔が沖縄・宮古島にいた!?
一族に伝わる日本刀と謎の古文書、博物館に託す



かんざし(上)と日本刀(左)、古文書(右)
 宮古島市平良狩俣の伊良部由美子さん(58)が7月13日、宮古島市総合博物館に日本刀と古文書、かんざしを寄託した。

 伊良部さんは地域で「平家落人」の子孫と伝えられており、寄託品は平家ゆかりの品である可能性があるという。祖先から代々、受け継いできたが、自宅での保管が難しいことから博物館に管理を依頼した。傷みが大きいことから同館は修復作業を進める方針。

     ◆かんざしには「七曜紋」

 寄託された日本刀は長さ約75センチで全体的にさび付いており、いつの年代に作られたかは不明。古文書は湿気で固まり、今は開封できない状態にある。だが、宮古島出身で東京で医者をしていた故奥平繁夫氏が1987年に記した著書で、往復書簡の案文か返書であるとの見解を示している。

 かんざしには北斗七星を表した「七曜紋」がかたどられている。伊良部さんは「幼少の頃から、本土の研究者が自宅に来て品を見ていた。歴史的に価値があるものではないか」と推測する。

     ◆男性の名に「平」が慣例

 狩俣地域では、北海岸の「ナービダ(長い浜)」に平家の落人が漂着したと言い伝えられている。伊良部家は代々、男性の名前の最初に「平」を付けるのが慣例。地域ではそのことから平家落人の子孫だと伝えられている。

 伊良部さんは「父や兄が他界し、保管が難しくなってきた。興味がある方もたくさんいると思うのでぜひ博物館で展示してほしい」と期待。上地館長は「貴重なものなので多くの人に見てもらえるようにしたい」と話した。
(8/4 沖縄タイムス)





【酔駄言】☀☀☀ 29/34(28)℃:88/65(40)%:0mm:50mh:昼前から夕方まで日照60分/時の快晴

 沖縄(琉球)には為朝伝説があって、第一尚氏の先祖が流れ着いた源為朝だという伝承。この説は歴史学者から完全に否定されているが、今日の本題のように平家の落人が宮古島に流れ着いたとなると、まんざら否定出来ないかもしれない。

 琉球では薩摩藩による島津侵攻以降に、ヤマトめきたる人名はならぬ令で、士族らは3文字姓に改名したがそれ以前からヤマトめきたる姓もあったという。確かに護佐丸というのは琉球姓でなくヤマト姓なので、ひょっとしたらヤマト人の末裔かもしれない。

 時代は下って明治の廃藩置県により、系持ち(系図)の士族サムレー以外の、平民百姓らも性を持てることになったのはヤマトと同じ。そのときに間切(村)名をつけたりしたが、村名もヤマトめきたる例で3文字地名が多く、沖縄独特の名字が氾濫したようだ。

 さらに沖縄戦で戸籍が消失した折に届け出た時点で、いかにも沖縄風な3文字姓をヤマト風に改めた例が多いという。例えば島袋(しまぶく)を島/嶋、我如古(がねこ)を兼子/金子、仲村渠(なかんだかり)を仲村/中村という具合だ。本土で差別されないようにという思いからだろう。


posted by まな兵衛 at 11:11| 沖縄 ☁| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

宮古「トーガニー」

宮古「トーガニー」
国際通り1万人のエイサー踊り隊で披露


 沖縄の夏の風物詩となった第23回1万人のエイサー踊り隊が6日、那覇市の国際通りで開催された。

 宮古地区からは幼稚園児から高校生までで構成する「ちびっこらんど&ニライカナイミャークエイサー太鼓」の35人が出演。大勢の観衆が見守る中、「トーガニー」や「豊年の歌」など6演目を披露すると、沿道を埋め尽くした観客から大きな拍手が沸き起こった。

 パレードには、県内各地の青年会や創作エイサー団体など66団体・約4000人が参加。那覇市安里のさいおんスクエアからパレットくもじまで。

 設置された10カ所の演舞場で、伝統の舞や新しい創作エイサーを華やかな衣装を着たエイサー隊が生き生きと太鼓を打ち鳴らし、県内外から詰めかけた延べ約6万5千人(主催者発表)の観衆を魅了した。沿道からは指笛と拍手が鳴り響き、演舞者と観衆が一体となって祭りを盛り上げた。

 演舞後、エイサー歴12年という島尻沙弥さん(17)=宮総実高3年=は「みんなの動きもそろっていて練習の成果が出せたと思う。先輩たちが作ってくれた演舞を気持ちを込めて踊ることができて良かった」と満足そうな様子で話し、平良丈太郎君(6)=みつば幼稚園=は「練習通りに出来て、楽しく踊れた」と笑顔を見せた。

 チームを率いて約25年の上里雅章代表(63)は「暑さに負けず元気に最後まで踊ってくれたので良かった。今後の成長が楽しみだ」と期待した。
(8/8 宮古毎日新聞)





【酔駄言】☀☀ 29/34(28)℃:89/64(40)%:0mm:45,mh:10:雲が少なく乾燥

 今週はじめに次兄の初盆に間にあうよう、大阪へ御仏前のちんすこうを送った。ついでといったら悪いが3年前に亡くなった長兄宅にも送った。昨日、着いたよと長兄嫁から電話があり、次兄の話を色々と聞いた。

 次兄の長女は嫁入り先で旦那が家長なので、長女の親(次兄)の仏壇は持って行けず位牌だけという。初盆の仏前のつもりだったが供える場がない? そうなんだ、嫁入り先は他家だからなぁ・・・

 長兄・次兄とも葬式には帰阪していない。体力と金力が懸念されて断念した。7年前の移住直前に兄弟3人で水入らずの別れの宴、そのときに「もしものときにはよう帰えられへんでぇ」、と伝えてあった。

 そんなことで体調と懐具合を勘案し断腸の思いで帰阪しなかった。どちらにも葬儀後に育陶園のてぃーわん(てのひら椀)を送ったが、このお盆にはやちむん通りに開店した「くがにや」の銘菓ちんすこうを送った。

 今日、長男へ電話をして先日に長兄宅を訪問し、仏様を拝んだという義姉の話を確認した。長男の帰阪は聞いていなかったので義姉の話を再確認し、親の不義理をフォローしてくれた長男に感謝した次第だ。

 昨日といゝ今日といゝ身内と久々に電話で話しができた。義姉とは当然ながら大阪弁だし、長男も長い東京(神奈川)生活で標準語だが、こちらの大阪弁にあわせて生まれ育った大阪弁に戻り、久しぶりの大阪弁の会話で癒された。


posted by まな兵衛 at 11:17| 沖縄 ☀| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

「ちなひちもうい」

「ちなひちもうい」
女性たちが太鼓の音に合わせて舞う宜野湾の伝統行事


 綱引きで女性たちが太鼓の音に合わせて舞う宜野湾市の伝統行事、「ちなひちもうい」が行われました。

 「野嵩ちなひちもうい」はかつて旧暦の6月15日に行われた集落の綱引きの際に味方の士気を高めるため女性が歌ったり踊ったりしたもので、戦後、一時期途絶えていましたが、1990年に保存会が結成されて復活し市の無形文化財にも指定されています。

 今月6日に行われた「ちなひちもうい」には紺の絣に白鉢巻をした地元の女性およそ30人が参加し、男性陣の法螺や銅鑼の音に合わせて集落内を練り歩きました。この日は途中から雨が降る生憎の空模様となりましたが女性の華やかな舞いが見物客らを魅了していました。
(8/9 RBCニュース)





【酔駄言】☀☀ 28/34(29)℃:83/68(45)%:0mm:40mh:9:日照時間のワリには青空でホゞ快晴

 10〜15時まで通院で拘束され、その間に曇ったのかも? 診察が終わっって支払いを済ませ、近所の調剤薬局への往復でピーカンの直射。いつもなら帰路は与儀公園をそぞろ歩きし、スーパーに寄り徒歩で帰宅するのだが、強烈な日差しで陽向たを歩く気力が失せ、病院前で客待ちのタクシーに乗って帰宅。

 昨日の気象データが産経NetViewに載っていて、宇都宮(24.7/36.1℃:51%)、前橋(25.6/35.8:46)、熊谷(25.4/37.6:35)、甲府(24.2/37.5:41)。いずれも那覇より最高気温が高いが最低気温は低い。そしてなによりも湿度が低くカラッとした暑さ。那覇ではエアコン入れてやっと45%やもんなぁ・・・


posted by まな兵衛 at 15:11| 沖縄 ☁| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

やいま「ムラプール」

やいま「ムラプール」
五穀豊穣に感謝、来夏世の豊作と地域住民の無病息災を祈願


女性だけで行われるアヒャー綱

 五穀豊穣に感謝し、来夏世(クナツユー)の豊作と地域住民の無病息災を祈願する、石垣市四ヵ字のムラプールが5日午後、新川の真乙姥嶽(まいつばおん)で行われ、炎天下、各字や団体が旗頭や太鼓、巻き踊りなどを奉納した。

 女性だけで行われるアヒャー綱や勇壮なツナヌミン、大綱引きなど一大絵巻が繰り広げられ、盛り上がりをみせた。会場には大勢の市民や観光客らが訪れ、島の伝統行事を満喫した。

 開始前、会場周辺には各字や公民館、団体の旗頭が集結。新川字会の入嵩西純会長が「真乙姥嶽の神前をはじめ天地の神々に感謝を申し上げ、来夏世の満作の世果報年が迎えられるユーニンガイを皆さんと共にできることはこの上ない喜び」とあいさつした。

 この後、新川伝統の「田」と「矢」の旗頭や、記旗(シルシバタ)と五穀(グク)を持った稚児たちを先頭に長老(ウヤジュウ)や婦人によるザイ、鼓(ツヅン)、青年たちの鎌払(ガギバライ)、田打(ターウツ)などが奉納された。

 引き続き双葉公民館、大川、石垣、登野城の各字、JAおきなわ八重山地区本部、石垣島製糖梶A石垣市役所、八重山農林高校、石垣中学校、東京八重山会が次々に旗頭や太鼓、巻き踊りなどを奉納した。

 「五穀の種子授けの儀」では、五穀の種子を持った農の神が東から登場し、西から来た巫女(みこ)に種子を伝授。その後、神司から授かったブル棒を雄雌の綱に差し込む「アヒャー綱」が女性だけで繰り広げられた。

 ブルピトゥ(棒貫人)に選ばれた仲唐アヤ子さん(68)=小浜島出身、新川=が神司から受け取ったブル棒で雌雄の大綱をつなぎ合わせると、取り囲んだ大勢の婦人たちが「サァー、サァー、サァー、サァー」とガーリで熱狂、盛り上がった。

 仲唐さんは「眠れない日が続いて緊張の毎日だったが、大役を果たせてホッとしている。指導して下さった先輩や支えて下さった方々に感謝している」と胸をなで下ろした。この日のために鹿児島県霧島市から駆け付けた娘の齋藤志保さん(39)=新川出身=は「こんなに大役だと思っておらず驚いた。私は県外に嫁いだ身だが、若い人が伝統を引き継いでいってほしい」と話した。

 この後、旗頭と綱は水元の神前とされる真乙姥嶽の西側約200bの場所に移動し、夕刻の薄暗い中、東からなぎなた、西から鎌を持った武者が勇壮なツナヌミンを演じた。フィナーレで行われた大綱引きでは、大勢の市民や観光客がかけ声をかけながら東西に綱を引きあい、引き分けに終わった。
(8/6 八重山毎日新聞)





【酔駄言】☂/☀ 29/33(29)℃:84/67(50)%:0mm:45mh:11:朝に植木に恵みのシャワー

 ウチナーグチと一言にいうけど南西諸島・琉球列島では、訛りというよりはそれぞれ異なった言語だとユネスコが分析しているらしい。一応は琉球王府のあった首里・那覇ことばを代表として、メディアなどに掲げられているようだ。奄美諸島や南西諸島はおろか、沖縄本島でも北部と中南部で違いがあるらしい。

 それは関西弁にも当てはまり京ことばや大阪弁も違い、大阪弁でも商家エエシの船場ことばや野卑な河内や泉州弁もある。これは都や王府の影響力の濃淡によるもので、権力の威光が行き届かない地方では地の言葉が優勢で、中央との関わり方の機会が薄いことがあるだろう。

 今日の本題に取り上げた八重山/石垣地方でも、沖縄本島の首里王府との行政/文化的な距離感による、異質な言語体系が成り立っているようだ。新聞記事に当地の言葉に括弧書きの注釈が書かれていなければ、とても理解できない地方の伝統行事が、ヤマト人にとってエキゾチック? で新鮮に感じられた。


posted by まな兵衛 at 11:51| 沖縄 ☀| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

ウチナーヤマトグチ

ウチナーヤマトグチ
県外の人が俗に「沖縄弁」「沖縄訛り」と呼ぶ言葉

ウチナーグチ.jpg  ウチナーヤマトグチとは、第二次世界大戦後の沖縄県に成立した新しい日本語の方言である。

 沖縄県民が「方言」として認識する土着の諸方言(琉球諸語)とは異なり均質性が強く、県外の人が俗に「沖縄弁」「沖縄訛り」と呼ぶ言葉とほぼ同義である。

 本土復帰以降の世代には、旧来の方言である琉球諸語ではなくウチナーヤマトグチを母語とする人々が多く、琉球諸語とも異なったものであるといえる。


 第二次世界大戦後、標準語(ヤマトグチ)を使ったメディアの普及や、学校における標準語普及運動(方言札)により、旧来の話者は次第に高齢者に限られ、土地の方言が分からない、もしくは聞けても話せない若者が増えた。

 一方、普及した標準語は元の方言の影響を強く受け、また米軍統治によって本土との交流が断たれたことで、言葉本来の意味とは異なる独自解釈や誤読が訂正されることなく定着した。そのため伝統的な方言と標準語のどちらでもない新しい方言とも言える「ウチナーヤマトグチ」と化していった。戦後教育より下の世代は、概ねこのウチナーヤマトグチの話者である。

 1980年代後半以降、標準語に対する独自性が、沖縄県のサブカルチャー愛好家の若者たちの間で見直され、戦後の沖縄県独自の習慣や風物と共に再発見され、書籍も刊行された。1990年代には、ウチナーヤマトグチを使った劇団、お笑い、音楽などが沖縄県で流行した。

 2000年代には、沖縄県の食文化やライフスタイルなどへの興味を中心とした新しい「沖縄ブーム」や、テレビ小説『ちゅらさん』や、同ドラマに出演したガレッジセール等の沖縄出身タレント)を通じて、スローで優しい印象が全国で認識されるようになった。
(Wikipedia)

                 ウチナーヤマトグチ一覧





【酔駄言】☀☀ 29/33℃:87/67(55)%:0mm:45mh:11:久しぶりに赤道夜を免れたが湿度は高し

 昨日の「ケンミンSHOWウチナーグチ」にま〜さんどうさんからコメントをいただいた;

「がちまやー=汚い方言で死語?
がちまい=汚い方言を直した若者方言
ちまい=関西弁の小さいを意味する
ちんまい=九州弁の小さいを意味する」

とのことだが、やっぱり判らない。伝統的な沖縄言葉は昔の日本語に準拠して訛った? ので、文字として書かれれば何となく判る気もするが、「がちまやー」や「がちまい」は語源が推定できず、想像の埒外でこれがウチナーヤマトグチなんだろうか・・・


posted by まな兵衛 at 11:55| 沖縄 ☀| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

謎の文章 判るかな?

謎の文章 判るかな?
秘密のケンミンSHOWで「ウチナーグチ」

ウチナーグチ.jpg  8月3日の『秘密のケンミンSHOW』(読売テレビ・日本テレビ系)では定番企画・ケンミン語講座で「ウチナーグチ」つまり沖縄の方言講座が放送された。

 テキストは「やーや よーがりやしが しに がちまやーやっさー」……と言われても、もちろんどういう意味かわからない。そもそもこれが日本語なのか? といった感じだが、その意味を番組では解説した。

   さっそく街で沖縄県民に聞いてまわると、それぞれみんな解説してくれる。濃い方言は、お年寄りしか分からないことも多いが、沖縄県民は若い人でもこの難解な言語がすぐわかるようだった。ケンミンたちからまず、前半の意味を教えてもらった。

 「やーや」とは、「あなたは」の意味、そして「よーがりやしが」は「痩せているけど」という意味なのだそうだ。そう聞いても、なるほど、という納得感はなく、言語のあまりの違いに打ちひしがれる。続いて後半。「しに」とは「すごく」の意味、「がちまやー」とは「食いしん坊」の意味だそうだ。そして「やっさー」は「〜だね」という接尾語。

 つまり「あなたは痩せてるけど、すごく食いしん坊だねえ」ということを言っているのだ。いわば、痩せの大食いのこと。ふーむそれにしても、標準語とずいぶん違う! 「よーがり」は細いものには何でも使う形容詞で、魚にも使う。ちなみに「太っている」は「くぇーとーさー」、がりがりに痩せてると「よーがりーひーがりー」と言う。何がなんだかわからないが。「しに」は「とても」だが、同じ意味でも世代によって別の言葉を使うという。

 しに=10代〜
 でーじ=30〜50代
 いっぺー=おばあちゃん
という分かれ方だという。

 さらに、沖縄でも島によってまた言葉が全然違う。さきほどの例文は、宮古島ではこう言うそうだ。

「ウバァー ガビョウ ヤースガ ムヌゥバ ダイズ フォーヤー」

 もう日本語の範疇を越えているとしか思えないが、さらに離島に行くと、また別の言葉になるというからキリがない。

 VTRが終わると、沖縄県民・ガレッジセールの二人が解説してくれた。司会の久本雅美が「しに」と言われると嫌われてるのかなと思っちゃうと言うと、ゴリが「しにを使って褒めることもあるんですよ、“しにちゃらかーぎー”だと“あなたは美しいですよ”とか」と返すのだが、久本は「死んでしまえ出っ歯、って言われたのかと思った」と答えて爆笑。天龍もイガイガ声で「全然わかりませんねえ」と言うと、久本が「天龍さんも何言ってるか全然わかんない時ありますけど」と言ってまた大爆笑となった。

 ケンミン語講座で毎回、各地の方言を知ると、それぞれの地域でそれぞれの文化が育まれてきたことにあらためて気づかされる。日本人が標準語を話すようになったことにテレビは大きく貢献したと思うが、そのテレビで今度は各地の方言を知るのはとても素晴らしいことだと思う。ウチナーグチもこれを機に、少しでも理解できるようになりたいものだ。
(8/4 Yahoo! テレビニュース)





【酔駄言】☁(/☂) 30/32℃:86/72(50)%:1mm:15mh:7:今日も夕方からお湿りでBSが映らない

 今日は「リッスー(立秋)」とか、暦の上ではこの日から秋になるが、沖縄では耳にすることがほとんどない言葉。そりゃ無理もない沖縄の夏は10月まで続くので死語と同然だし、本土でも真夏の盛りで『秋』の気配は感じられないだろう。明日からの暑さを「残暑」といい暑中見舞いではなく残暑見舞いを出すことになるらしい。

 沖縄訛りでリッスーがヤマトでの立秋というのはわかるが、本題のウチナーグチはとてもじゃないが理解できない。文章で書かれるとおおよその推測ができることもあるが、まったくヤマト言葉の手がかりがなくおてあげだ。まして言葉でしゃべられたら意味不明でチンプンカンプン。標準語でもアクセントが違い聞き取れないし・・・


posted by まな兵衛 at 11:19| 沖縄 ☁| Comment(1) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

1g160円の離島も

1g160円の離島も
ガソリン全国一高い沖縄 離島は本島よりさらに苦しく

 全国最高値が続く沖縄のレギュラーガソリン価格。県内離島は沖縄本島と比べて平均20円ほど高い傾向が続いている。2015年に県内唯一の製油所閉鎖で県全体の価格が上昇し、離島分も押し上げられた。

 差額幅はこの10年ほど変わらず、住民は「本島並みに下げられないか」と訴える。

 沖縄県によると、6月26日の1リットル当たりの税込み価格は離島平均149円で、本島平均は128円。最高額は久米島、竹富、波照間、小浜、黒島の5島の160円だった。海上輸送費は実費分、陸送分は単価を決めて県が負担するが、倉庫などのコストがかかり、価格差はなくならない。

 離島の店舗経営者や石油業界の40代男性は「欠航もある船便でガソリンを運ぶため、備蓄用倉庫を業者が自前で確保する必要がある」「1リットル当たりの利益が同額でも販売量が少ないため、店舗維持のために小売価格へ反映せざるを得ない」と指摘する。

 県調査で155円の石垣島にあるガソリンスタンドでは、観光客から「高い」とクレームをつけられることも。男性責任者(56)は「都会とは条件が違う。そこは理解してほしい」と話す。

 149円だった宮古島の給油所経営者は「人件費を払うためには適正利益を取らないと経営が成り立たない」という。女性会社員(66)は「車社会でガソリンがないと生きていけない。給油しないわけにもいかず、仕方がない」。出勤時に特売の旗を見て給油することが自衛策だ。

 最高額の160円だった久米島の石油販売業社長は「11人を雇用し島にも貢献している。価格だけで見てほしくない」と話す。南大東島の自営業男性(56)は「ガソリン価格は離島苦だと諦めている。それ以上に、毎日食べる野菜などの食品価格が気になる」という。

沖縄 8週連続で全国最高値

 資源エネルギー庁が2日発表した石油製品小売市況調査で、7月31日時点の沖縄県内のレギュラーガソリン店頭価格は1リットル当たり139円40銭と8週連続で全国最高値となった。前週比30銭安だった。全国平均は131円。

 価格は全県の平均で地域によってばらつきがある。本土から離れ、離島を多く抱える沖縄は輸送や保管などのコストがかかり、全国に比べて高値となる傾向がある。沖縄は復帰特別措置でガソリン税が7円減免されている。
(8/3 沖縄タイムス)

ガソリン全国一高い沖縄 税が安いのになぜ…?

 資源エネルギー庁の石油製品小売市況調査(都道府県別)によると、沖縄県内のレギュラーガソリンの1リットル当たりの小売価格が7月24日時点で139円70銭となり、7週連続で全国最高値となった。県内は復帰特別措置でガソリン税が7円減免されているが、全国平均との価格差は8円60銭まで広がった。

南西石油が2015年4月に県内唯一の製油所を閉鎖したことで、ガソリンは県外や海外から調達するようになり、その分輸送コストが増加。卸売り・小売り各社ともコストを吸収できずに価格転嫁を進めており、税の減免効果は薄まっている。 店頭価格の高止まりは続く見通しで、これまで割安なガソリンが入手できた沖縄が、ガソリンが高い県に急速に様変わりしている。

 県内のレギュラーガソリン小売価格は、南西石油が製油所を閉鎖する前の15年1〜3月は全国平均を最大で4円40銭下回り、都道府県別の順位も30〜40位台と低位で推移していた。

 南西石油は、当時の親会社だったブラジル国営石油会社ペトロブラスの日本撤退に伴い、15年4月に石油製品の精製を停止。県外から石油製品を調達し、県内に供給していた。

 原油をまとめて輸入する精製事業と異なり、石油製品の移入は、ガソリンや軽油、灯油といった油種ごとにタンカーや貯蔵タンクを確保しなければならず、輸送費や管理費がかかる。

 15年は、産油国の増産で全国的にガソリン価格は低下傾向となったが、県内の下落の勢いは本土に比べ鈍く、全国平均との価格差は縮まって、同年6月第3週には3年ぶりに県内が全国平均を上回った。

 16年4月には、東燃ゼネラル石油(東京)が、南西石油の供給・配送拠点を賃借し、県内での供給を開始。ただ、業界関係者によると、南西石油への管理費支払いなどがかかり、同月から卸売価格は5円50銭引き上げられた。

 価格差は16年4月第1週に5円40銭となり、その後も拡大基調。価格は全国で1〜5位の高値が続き、価格差も3〜10円で推移している。16年12月に太陽石油が南西石油を買収し、石油製品を販売。精製事業はせず、県外から調達するため、価格が高止まりする構造が続いている。
(8/1 沖縄タイムス)





【酔駄言】☁(/☂) 30/32℃:83/68(50)%;1mm:15mh:8:台風の余波で☁のち夕方から雷雨

 今日は「るくぐゎちうまちー(六月ウマチー)」と沖縄カレンダーに書いてあった。旧暦6月15日に行われる稲の収穫を感謝する行事で、新米でウンサク(神酒)をつくり、各拝所でノロ・神人が村落の 繁栄を祈る。旧暦2・3・5・6月、新暦では3月から8月までウマチーの季節、らしい。

 「ウマチー」はお祭りの沖縄(琉球)訛りで、「お」→『う』・「り」→『い』と訛っている。集落にある拝所へ、村の祭祀を司るノロを頂点とした神役と集落の代表、集落内宗家の代表などが神酒や供物を供え、豊穣祈願・感謝、集落の繁栄祈願を行う行事である、とのこと。

 また、この日は、一門、一族が宗家に集合し祖霊を拝み、一族の繁栄を祈願する。現在では一般的に旧暦2,3,5,6月の15日がウマチーだとされるが、これは明治期に入って固定化されたといわれ、地域によって祭祀が行われる日は異なる、とかなんとか・・・

 古くは琉球王府による「麦稲四祭」の祭儀で,歴代国王も稲作発祥地とされる沖縄島南部の知念玉城の地を巡拝し、その順調な成長を祈り国中に稲穂祭を挙行させた。村々の拝所ではノロを中心とした神役らが、稲穂あるいは麦、神酒(米あるいは麦を発酵させた飲物)、五水(泡盛)、スネー(野菜の和えもの)などを供え、神前に向かってオタカベ(祝詞)を唱えたという、らしい。


ラベル:ガソリン
posted by まな兵衛 at 11:38| 沖縄 ☁| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

快晴日数最少の沖縄

快晴日数最少の沖縄
海に囲まれていて雲ができやすいため


 年間快晴日数が最も多いのは埼玉県(熊谷市)で58.6日。年間快晴日数の全国平均は28.4日。最も快晴日数が少ない沖縄県だが、年間晴天日数はそれほど少なくなく、海に囲まれていて雲ができやすいため快晴日数が少なくなっているようだ。

 分布地図を見ると、関東から東海、瀬戸内海沿岸、九州で快晴日数が多い。一方、東北から日本海沿岸にかけて快晴日数が少ない。快晴とは雲量が1以下の状態のこと。

 一方、晴天日数では雲量が2以上8以下の状態、で、第一位は香川県の249.5日 以下、四国4県がベスト4を占めている。沖縄県は211.2日で全国平均の35位、最下位は秋田県で158.5日しかなく、北陸東北がワーストにランクされている。(都道府県ランキング)

     書き入れ時に台風、観光業者ため息 奄美大島

 8月最初の週末を襲った台風5号。鹿児島県奄美群島の観光業者にとって書き入れ時と重なり、関係者からはため息が漏れた。海、空の便の欠航に伴い、足止めされた観光客は4日、インターネットで交通情報を収集したり、家族とだんらんしたりと室内で静かに過ごしていた。5日も奄美と本土、沖縄を結ぶ航空、航路の欠航が続いている。(8/4 南海日日新聞)





【酔駄言】☁ 29/32℃:80/65(45)%:0mm:15mh:11:台風の外渦がかかり終日の☁ 屋久島がエライことになっているようだ。沖縄も台風の外側の雲がかかり気温が上がらなかったが、それでも平年により1℃高く紫外線指数も11で、今日はは涼しいなぁって体感ではなかった。

 沖縄で雲一つない快晴なんて経験をしたことがない。起床時から南の空の空港外海の入道雲がむっくりで、海が近いことを如実に実感できる。南西の空港まで約3kmで西の那覇港まで約2km、沖縄本島の最も分厚い地点でも海までは約5kmという島嶼県。快晴は内陸県に多く湿度も低いようだ。


posted by まな兵衛 at 12:22| 沖縄 ☁| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

大東島物資入荷せず

大東島物資入荷せず
台風5号“迷走”、物資入荷せず 南北大東島 農家は雨期待

 南大東村では3日、強い風が吹き、高い波が岸壁に打ち付け時折雨も降った。沖縄地方への台風5号接近に伴い、生活物資を運搬する貨客船が南北大東村に7月25日以降入港していないことから、村内のスーパーでは乳製品やパン、野菜などが品薄となっている。

 一方、大東島地方には最近まとまった雨が降っておらず、サトウキビが枯れかかっており、農家からは雨に期待する声も上がる。

 貨客船「だいとう」は台風5号が“迷走”を続け波が荒れたことから、7月28日と8月2日の入港を延期した。南大東村港湾業務課によると、次回入港予定の5日も入港できない見通しで、その後は9日になる見込み。

 南大東村のJAおきなわAコープ南大東店では夕方、飛行機の臨時便で運ばれた牛乳やパンが店内に並べられると、多くの村民らが買い求めていた。
(8/4 琉球新報)







【酔駄言】☁|☀ 30/33℃:78/64(43)%:0mm:30mh:11:今朝も熱帯夜でエアコン点けっぱなし

 強い台風が奄美方向にそれてやれやれだが、進行方向の奄美・南西諸島はノロノロ長時間で、大きなな被害が出ないか心配だ。そうそう、6年前の今日はやはりノロノロの台風9号が直撃し、ドミからレオパへの引っ越しが出来ず、1日余分に延泊する羽目になった。

 6年前のブログには「大荒れ41.3m/s、屋上プレハブ大揺れ、一晩中、風雨が強く、泡盛でごまかしても、よく眠れなかった。なにしろ轟音と共に突風が吹き荒れ、ドミ屋上のプレハブ個室が大揺れ! 明け方にウトウトしたが、突然のモウレツな突風で、ベッドが波打ち飛び起きた」と書いている。


ラベル:台風5号 大東島
posted by まな兵衛 at 11:33| 沖縄 ☀| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

暑かった…7月の沖縄

暑かった…7月の沖縄
海水温が過去最高 風弱く日射が多い



 沖縄気象台は1日、沖縄の南の海域で7月平均海面水温が30・2度(速報値)となり、7月としては1982年の解析以来最も高くなったと発表した。

 過去最高だった昨年より0・1度高い。専門家は「太平洋高気圧の位置が独特で日射量が多く、南東からの風も来ていないことが要因ではないか」とサンゴの白化に懸念を示した。
 また、7月の沖縄地方の平均気温は全ての地点で平年を上回り、那覇は29・9度、名護は29・6度で過去最高タイ記録に並んだ。

 今回、沖縄の南の海域は平年値の29・3度より0・9度高かった。陸上でも、那覇の7月平均気温は平年より1度高い29・9度。名護では平年より0・8度高い29・6度だった。

 沖縄気象台によると、南シナ海付近の積乱雲の発生が活発なため、太平洋高気圧が強まって西に張り出し、沖縄が高気圧に覆われやすかったという。このため日射量が平年より多く、風も弱かったため、気温や海面水温がかなり高くなったと分析する。

 那覇の日照時間を比べてみると平年の7月合計日照は238・8時間なのに対し、今年は267・2時間と28時間以上も長かった。また、那覇の月平均風速も平年が1秒あたり5・3メートルに対し、今年は3・7メートルにとどまった。

 琉球大の伊藤耕介助教(気象学)は「沖縄の一般的な夏は、風が太平洋高気圧のへりに沿って南東から北西に吹く。今年は特に中旬以降、太平洋高気圧が例年の夏配置にならず、雲がかからなかった」と説明。「台風が来て海をかき混ぜて温度を下げないと、サンゴの白化も心配」と懸念した。

 沖縄気象台は8月の海面水温について「東側は平年並みか平年より高く、南側と東シナ海は平年より高いか、かなり高くなる」と予想している。
(8/3 沖縄タイムス)





【酔駄言】☀ 30/33℃:82/68(45)%:0mm:40mh:11:今朝も赤道夜だったし日中もUV11で10分の外出も辛かった。

 気象庁7月の速報値では日照が多く風は弱く、平年より2〜3℃も暑かったらしい。なんと言っても猛暑日が101年ぶりに2回もあったというから、今夏の沖縄は異常に暑く今朝も四捨五入で最低気温が30℃、エアコン無しやタイマーで切っても、明け方には熱くて目が覚めてしまうだろう。

 明け方に気温が下がるのを期待して、エアコンを2〜3時間タイマー設定しても効果なし。そもそもエアコンを入れている間は窓を閉め切っているから、タイマーが切れた後は外気が30℃では、室内は32〜3℃になるだろうから、就寝時熱中症は明け方に注意が必要だろうなぁ・・・


posted by まな兵衛 at 11:16| 沖縄 ☀| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

沖縄は猛暑日が最小

沖縄は猛暑日が最小
最も猛暑日が少ないのが沖縄県なのに
真夏日数と平均気温で第一位の沖縄県が最も少ないとは驚き


 年間猛暑日数の全国平均は5.2日。最も猛暑日が多いのは京都府で15.4日。

 以下、埼玉県、岐阜県、熊本県、山梨県と続いている。京都市に観測点がある京都府を含め、内陸部で猛暑日が多い。

 一方、最も猛暑日が少ないのが沖縄県と北海道で、ともに0.1日。

 年間真夏日数と年間平均気温で第一位だった沖縄県が最も少ないとは驚きだ。猛暑日は緯度よりも、盆地といった地形や都市部のヒートアイランド現象に影響されるのだろう。



(都道府県別統計とランキングで見る県民性)





【酔駄言】☀|☁ 29/32℃:80/65(43)%:0mm:/40mh:日照そこそこなのに昼の気温上がらず

 確かに沖縄で猛暑日の記憶がない。真夏日と熱帯夜はGW明けから続いていて、10月の中頃まで続くので約半年も夏ということになる。さすが亜熱帯の沖縄ならではの高温に身体が慣れ、真冬とはいえ15℃をを切れば寒さを感じるのは贅沢だろう。


posted by まな兵衛 at 12:56| 沖縄 ☀| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

猛暑日2日101年ぶり

猛暑日2日101年ぶり
那覇で今年2度目の猛暑日・・・101年ぶり

 海に囲まれた沖縄では海風が陸に流れ込む影響から気温が極端に高くなることが少なく、那覇市では観測が始まった1910年以降猛暑日が記録された年は6年しかありません。

 那覇市は今月16日に続いて今年2度目の猛暑日で、同じ年に2日以上猛暑日となったのは1916年以来101年ぶりです。(OTVテレビ)

Q:札幌と那覇では1年間に受ける紫外線量はどのくらい違いますか?
A:国内では一般的には、南の地域ほど紫外線量が多くなります。気象庁で観測した札幌と那覇の紅斑紫外線量を比べると、1年間に受ける量は那覇の方が約2倍多くなります。
(気象庁)



 UVインデックスは紫外線が人体に及ぼす影響度をわかりやすく示すために紅斑紫外線量を指標化したもの。現在、世界保健機関(WHO)などでは、UVインデックスを用いた紫外線対策を行うよう奨めている。

 国内でも環境省のUVインデックス・マニュアルが3以上の場合はできるだけ日差しを避け、8以上の場合はできるだけ外出を控えたほうがよいといった具体的な対処方法が示されている。
(気象庁)






【酔駄言】☁/☀/☀☀ 30/34℃:80/56(38)%:0mm:40mh:UV12:今朝も四捨五入の赤道夜。今日の8/1からUV指数を追加、「極端に強い」12ポイントで上限の14ポイントの「外出禁止」に近い。なんと札幌の2倍も強いとかいうさすがの亜熱帯。

 ウチナーは「ジーグロ」が多いといゝ南洋人に近いが、赤道直下のアフリカ/南アジア/中南米人と同じく、古代から先祖がUVを過剰に受けていて、やがて遺伝子に組み込まれてきたのかも知れないなぁ。けれど、いまの沖縄出身の若い人はエアコン育ちで色白が多い。

 生まれ育った実家では結婚するまでエアコンはなかった。確かにムシ暑い大阪の下町で眠れぬ夜もあったが、わが家にエアコンが入ったのは結婚後のことで、大阪市内より数℃も気温が低い山間では、エアコンは一夏に来客時の数回だけだった。

 エアコンを多用しだしたのは木造のわが家から、駅前コンクリ地帯の1Rマンションに越してからだ。最上階の部屋は屋上の熱気をそのまゝ部屋を直撃し蒸し風呂。しかし、夜は最上階ゆえに風が吹き抜けエアコンは無用だった。沖縄は最初のひと夏だけ耐えたが・・・


posted by まな兵衛 at 11:54| 沖縄 ☁| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

チョウ擬態急速進化

チョウ擬態急速進化
世界初、チョウ急速進化観測 外敵嫌う外見に擬態


(左から)シロオビアゲハのオス(A)、シロオビアゲハの擬態しないメス(B)、シロオビアゲハの擬態するメス(C)と
毒チョウのベニモンアゲハ(D)。擬態するメス(C)は後翅の白紋が大きくベニモンアゲハ(D)に似ている。
いずれも2015〜16年に沖縄本島で採集(琉球大学提供)

 毒のある生物に外見を似せることで、天敵の目をごまかして捕食から逃れる「擬態」が進化する過程をリアルタイムで観測した世界初の研究結果が25日、国際学術誌サイエンティフィック・レポートに掲載された。

 琉球大学農学部の立田晴記教授、辻和希教授らの研究チームによる快挙。有毒な種によりよく似た個体は生き残りやすく、その形質を子孫に伝えて、さらに精巧な擬態者の集団ができていくという自然選択理論の直接的な証拠として注目される。

 研究チームは、台湾以南の熱帯種で以前は生息していなかった毒チョウのベニモンアゲハが琉球諸島に移動・定着した1970年前後から、同じ地域のシロオビアゲハの一部のメスにある後翅の白い斑紋が急激に大型化し、ベニモンアゲハに似てきたことを明らかにした。

 白紋の大型化は、八重山諸島、宮古諸島、沖縄本島の各地で、ベニモンアゲハが定着した後に次々と起きていた。研究者らは「生物は私たちが思う以上に早く臨機応変に変化しているかもしれない」と話す。

 辻教授は「離島はそれぞれ環境が異なる。島ごとに比較することで、さらにいろんなことが分かる」と沖縄で研究することの面白さを語った。
(7/27 琉球新報)





【酔駄言】☀☀ 29/35℃:83/56(35)%:0mm:40mh:紫外線が脳天や肌を刺すなか、銀行と買い物へ出かけた。平和通り続きのサンライズなは商店街にある銀行へ行くには、移住当初に仮住まいをしたゲストハウスのドミトリーの前を通る。

 ドミの前でかって同宿した80翁と出会って受付に座り込みユンタク。彼は買い物帰りとかでひたいに汗だが元気そうだった。改めて年齢を聞くと昭和6年生まれの86才! すでにドミには7年以上も住んでいる。今のところ健康で血圧で月1、膀胱は3ヶ月1の通院中とのこと。

 ドミノ受付は扇風機だけで汗が引かない。彼は個室のコイン・エアコンは使ったことがないという。2時間で200円がもったいないというが、もう3ヶ月も熱帯夜が続いているというのに・・・ 大阪よりすすしいなぁ〜 沖縄のほうが健康寿命がながいでぇ、とすずしい顔。


posted by まな兵衛 at 10:45| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

新種「オモトソウ」

光合成をしない新種植物「オモトソウ」
石垣で新種植物「オモトソウ」発見 出現は短期間、発見困難

 神戸大学大学院理学研究科特命講師の末次健司さんらは、石垣島の於茂登岳周辺でホンゴウソウ科の新種を発見し「オモトソウ」と命名した。

 25日の植物分類の国際的な学術誌「Phytotaxa(ファイトタクサ)」のウェブ上に掲載される。末次さんらは今年に入り、やんばるで2種のラン、1種のつる植物と連続して新種を発見している。

 末次さんは「沖縄の森は豊かで、重要であることを示す」と強調している。

 オモトソウは光合成をせず、根に取り込んだキノコやカビの菌糸を消化して育つ菌従属栄養植物の一種。花や果実を付けるわずかな時期しか地上に現れないため発見が困難で、分布は十分に解明されていない。末次さんは「生態系に余裕があり、安定した森でなければこれらの種は生育できない。肉眼では見えない豊かな地下生態系が広がっている」と解説する。

 このオモトソウは、末次さんの共同研究者の西岡龍樹さん(京都大学農学部学生)が2016年10月、於茂登岳周辺で発見した。末次さんが形態を精査し、近縁種のホンゴウソウとは雄花の先端にある球状の突起の数が異なることを確認した。発見場所の地名から「オモトソウ」と命名した。
(7/25 琉球新報)





【酔駄言】☀ 30/35℃:85/61(38)%:0mm:35mh:昨夜の0時でも30℃の超熱帯夜=「赤道夜」? 最高気温こそ那覇より高いところが多くて、豪雨禍の大分県日田市で38℃とか。しかし、沖縄は最低気温が常に熱帯夜の土地柄だ。

 しかし、GW以降の湿度の高さに辟易していたが、昨今は東名阪などのほうが湿度が高く、大阪の夏は高温多湿でいやだったが。温度が高くて有名な熊谷など内陸部では湿度が低く、カラッとした暑さなんだろうか? 沖縄は紫外線が常に非常に強く脳天を直撃するが・・・


posted by まな兵衛 at 11:47| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

離島診療所「救急ヘリ」

離島診療所「救急ヘリ」
軽症なのに「救急ヘリを」 竹富診療所、観光客対応に疲弊
一部の観光客の過大な要求に悩む竹富町立竹富診療所


 年間約50万人の観光客が訪れる竹富町竹富島で、唯一の医療機関である町立竹富診療所が、一部の観光客の過大な要求に悩んでいる。

 軽症にもかかわらず夜間に「救急ヘリを呼んでほしい」などの求めがあるなど、現場が疲弊しているという。診療所は「離島の医療資源は限られており、そのことを知った上で宿泊してほしい」と訴えている。

 竹富診療所は所長の石橋興介医師(38)と看護師、事務職員の3人で運営されており、診療時間外の救急診療では、3人に加えて日中は別の職を持つ消防団員も駆け付ける。

 一方で、島内ホテルの宿泊客の一部からは「コンタクトレンズが外れない」という相談や、微熱で必要性が低いにもかかわらず夜間の診療を求められるケースもあり、その中には「船をチャーターしてほしい」「ヘリを呼んでほしい」などと要求をする観光客もいるという。

 竹富島では2009年4月〜11年4月の2年間と14年7月〜15年3月の9カ月間、常勤医が不在だった。石橋医師は「歴代の医師が抱えていた問題で、所長を離れる要因の一つになっている」と語る。「むちゃな要求をする観光客は感覚的に増えている印象がある」とする。

 「観光客はもちろん大切だが診療所は本来、島民のためにある。島民が診療所の負担を考えて急診を控える一方で、一部の観光客が安易に急診で夜間に呼び出す現状を知ってほしい」と強調する。

 竹富公民館長の上勢頭篤館長は「負担がさらに増えた結果、医師がいなくなって困るのは島民だ。観光客も都会感覚での急診は控えてほしいし、ホテルなどのオーナーも宿泊客に安易に急診しないよう呼び掛けてほしい」と求めた。
(7/29 琉球新報)







酔駄言】☀:29/33℃:85/65(38)%:0mm:30mh:台風9号が八重山諸島(与那国/竹富/石垣)を強風圏に巻き込み通過中だ。さらにフィリッピンの西に発生した10号が、後を追って週明けに八重山を直撃しそうだ。

 八重山の漁業者はもちろんのこと、ダイビング関係や観光にも大きな影響が及ぶ。石垣島と竹富の西表島の間の日本最大の、石西サンゴ礁湖も白化が進み今年も20%しか回復していないという。

 今日の本題に載せた備瀬もそうだが、観光に依存する沖縄各地で観光客の増加が、受け入れ体制を大幅に上回り弊害が出ているという。竹富諸島も石垣からの観光クルージングの日帰りで、金は落とさずゴミを落として帰るとか・・・


posted by まな兵衛 at 11:47| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

ペリーもち屋のおばー

ペリーもち屋のおばー
旧ペリー町の92歳の名物ばあちゃん


(7/28 RBCテレビ)


 ペリー区とは、アメリカ占領下の沖縄のみなと村(現那覇市)にあった地名。現在の那覇市山下町にあたる。

 「ペリー区」の名称は首里城を訪たアメリカのペリー提督に由来するが、戦前は現在と同じ「山下町」であった。

 戦後、米国軍政府統治下で当時の知事は、山下町と命名するように提案をしたが、山下奉文陸軍大将を彷彿させるような地名ということで却下され、沖縄とも縁が深いアメリカ人の名前ということでペリーと命名された。

 1957年に元の「山下町」に変更されが,現在も山下町には「ペリー○○」という店舗が数多く存在している。
(Wikipedia)

 たとえは、上記テレビ映像の「ペリーもち屋」・「ペリー内科小児科医院」・「 ペリー保育園」のほか、「ペリー美容室」・「ペリーアパート(旧:ペリー劇場)」・「ペリーストアー」・「ペリー歯科クリニック」・「ペリー食堂」などなど。







【酔駄言】☀|☁(☂) 29/34℃:85/60(45)%:0mm:30mh:早朝と昼過ぎに降雨計に記録されないシャワー。おかげで湿度が乱高下でエアコン自動で大忙し。昼過ぎにキンコンで玄関を開けたらイオンの宅配、彼の背後ではシャーワーが降っている。あれ?表は晴れているのに!?

 「カタブイ」だ! 偏った降りのウチナーグチ。マンションの表裏が境目のカタブイで、部屋に戻ったらやはり晴れていて、やちむん通りは濡れていない。こちらでは「リ」を『イ』と発音する。首里は「シュイ」という。首里城に「シュイムイ」という御嶽があり、首里(シュイ)森(ムイ)という。


posted by まな兵衛 at 13:51| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

備瀬ワルミ立入り禁止

備瀬ワルミ立入り禁止
沖縄のパワースポット、理由はやっぱり・・・観光客マナー


人気観光スポットとなった「備瀬のワルミ」(備瀬区提供)
 そり立つ岸壁とその割れ目の美しさから、パワースポットとして人気を集めていた沖縄県本部町備瀬の「備瀬のワルミ」が、ごみ投棄や私有地への無断侵入など観光客のマナーの悪さを理由に立ち入り禁止となっている。

 14日に金網や有刺鉄線を張った地元住民は「最低限のマナーが守られ、一定のルールがつくられない限り解除はできない」と訴える。観光客からの問い合わせが相次いでいる町や備瀬区は対応に頭を悩ませている。

 備瀬区によると3〜4年ほど前から観光客が押し寄せるようになった。テレビや旅行雑誌でパワースポットとして取り上げられ、会員制交流サイト(SNS)で急速に広まった。拝めば子宝に恵まれるという口コミもあったという。

 一方で周辺には観光客が捨てたとみられるごみが散乱。多数のレンタカーが駐車され、個人の敷地へ無断侵入があるなどの問題が発生した。近くに住む男性(59)は「この2年間、毎週観光客が捨てたごみを拾ってきた」と不満を募らせる。玄関口にレンタカーが止まり、出入りに苦労した住民もいるという。「本当はしたくないが、立ち入りを禁止する以外に方法がなかった」と話した。

 陸側から「備瀬のワルミ」の海岸に至る唯一の小道が住民の私有地にかかっており、現在、金網が設置されている。

 フクギ並木道で有名な備瀬区には多くの観光客が訪れ、フォトウエディングスポットにもなっている。撮影が許可制になる前は区の許可無しに通行規制がされるなど住民の間で不満がたまっていた。

 ある男性住民は「観光客の8割は散歩や撮影するだけの素通り。お金も落ちない。撮影のために洗濯物もどけるよう言われもした」と漏らした。

 高良善久区長(69)によると、区の御願所のワルミは地元住民が普段立ち寄るところではなかった。立ち入り禁止に、高良区長は「気持ちとしては分かるが、もう少し長い目で見た話し合いが必要」と話し、入場料を取ることも含め対策を考えたいとしている。
(7/27 沖縄タイムス)





【酔駄言】☀ 27/34℃:87/60(40)%:0mm:30mh:午中に一時曇ったがおおむね晴れ

 昨朝のプラ缶ゴミ出しで散乱する缶やペットボトルは、意識的にかき集めなかったが今朝見たら見事に回収されていた。これは管理会社の仕事でなく回収の市職員が、一つ一つ手で片付けてくれたと思われる。昨日に数えたわけではないが数10個も散らばっていたのに・・・

 自販機の横に1つでもプラ缶が捨ててあれば、次々に捨てる人が後を絶たず1日で山のようになる。メンテをする不動産会社に聞くと、自販機会社でも回収ボックスを置いてもすぐに一杯になるし、ボックスの破損も絶えず悲鳴を上げるので、ボックスを引き上げてもらったというが見苦しい。


posted by まな兵衛 at 11:06| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

清涼飲用水とアイス

清涼飲用水とアイス
ミネラルウォーター、最も消費量が多いのは沖縄県

 アイスクリーム・シャーベットの年間支出額をみると、日本一アイス好きな県は石川で、2位には同じ北陸地方の富山がランクイン。以下、関東勢などが続く結果となっている。

 最下位は意外にも沖縄。同協会のアンケートによると、アイスが最も美味しく感じられる気温は25度と答えた人が最多だった。30度を超えると、アイスより冷たい飲料のほうが好まれるようだ。
(出所:家計調査(2012〜2016年の平均値)データ:都道府県別統計とランキングで見る県民性サイト)

ミネラルウォーター消費量 [ 2009年第一位 沖縄県 ]http://todo-ran.com/t/kiji/13515
ミネラルウォーター消費量 [ 2009年第一位 沖縄県 ]


                               ■ミネラルウォーター消費量




【酔駄言】☀/☂/☀ 27/32℃:87/66(42)%:12mm:25mh:昼過ぎに強いシャワーで湿度アップ

 昨日、コンビニで買物をして抽選したらアイスクりームが当たった。アイスクリームを食べるのは1年ぶりでまぁ涼感ああったけど、リピート買いをしたいとは思わなかった。今朝、ゴミで缶/プラを出したがついでに、ゴミステーション横の自販機周辺に散乱するのも袋にかき集めている。

 ビニール袋に入れてあるのはマンションの住人で、裸で山積みに散乱しているのは通行人のしわざ。なにしろやちむん通りという観光道路で、自販機が数10台もありどこもプラ/缶ゴミ入れを撤去している。というのも通行人/観光客のポイ捨てとイタチごっこになるからだ。

 ほとんどは自販機を設置している店舗が每朝に片付けているが、店舗でないわがマンションは週1回のゴミ回収日まで放置。したがって1週間分のペットボトルや空き缶が山積みになっている。それを同じく週1でハウスメンテの業者や、ボクのような住民が片付けているが目も当てられない惨状だ。


posted by まな兵衛 at 12:01| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

宮古島で伝統行事

宮古島で伝統行事
宮古島夏まつりで豊年祈願の伝統行事


 この週末開かれた宮古島夏まつりで豊年祈願の伝統行事が行われ、御嶽で舞踊や太鼓が奉納されました。

 豊年祈願は宮古島夏まつりの中で行われたもので、22日、漲水御嶽でツカサたちが島の繁栄を祈るとともに、住民たちが各地域に伝わる舞踊や太鼓を次々と奉納しました。

 その後、御嶽前では漲水と池間島、西原のそれぞれの地域に伝わる伝統の踊りクイチャーが繰り広げられ、観光客らも場に加わり賑やかな空気に包まれました。  23日まで行われた夏まつりでは、通りに夜店が並ぶ中、大綱引きなど多彩な催しが行われ、辺りが夏一色に染まっていました。
(7/25 RBCテレビ)





【酔駄言】☂/☀/☁ 25/32℃:87/46(40)%:18mm:15mh:朝に強い驟雨、気温は下がったが

 沖縄の伝統行事や祭祀は当然ながら琉球風で、本土で見慣れた行事や風習とは大きく異なっていて、エキゾチックというか心に響く。特に祭祀を司るのが女性であることが特異に感じる。沖縄本島では第二尚氏3代の真王が定めた、神女制度以降は王を守護する聞得大君を頂点とするノロの組織が確立した。

 それ以前から琉球は拝所/御嶽を拜み祀るのは女性であった。神女組織は政り事を補完する重要な政策でもあった。首里王府の祭祀とは別に地方では土着の祝祭があり、エイサーをはじめ様々な神事/行事が今なお伝統行事として遺されいて、神女が神事を司っているのは沖縄だけかも知れない。

 首里王府の支配が行き届かなかった先島では、神女組織が徹底せず本島のノロのにあたる神女を「ツカサ」といゝ、本島と同様に神事を文字通り司どっている。宮古でも八重山でもツカサが御嶽を祈願し祭祀が始まる。男衆は神女を立てて裏方に徹し行事を準備し実行するのが円満の秘訣だろう。


ラベル:宮古島 伝統行事
posted by まな兵衛 at 11:13| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

琉球国王書状を発見

琉球国王の書状を発見
琉球国王が薩摩藩士に送った書状を発見

■19世紀半ばに尚育王が薩摩藩士に送った
  書状が広島で見つかった
■藩士は琉球に仏艦隊が来航した際、
  派遣された武装兵のリーダー
■内容は不明だが「比較的身分の低い
  藩士への国王の書状は珍しい」


← 尚育王が19世紀半ばに薩摩藩士に送った直筆の書状。右上に「中山王」と書いてあるほか「尚育」の名前の下に署名代わりの記号である花押が確認できる(上里隆史さん提供)

 第2尚氏第18代琉球国王の尚育(1813〜47年)が19世紀半ば、薩摩藩士に送った直筆の書状が、広島市内の個人宅に保管されていることが19日、分かった。これまで公になっていない新発見の書状で、確認した法政大学沖縄文化研究所国内研究員の上里隆史さんは「国王が比較的身分の低い藩士に送った直筆文書は珍しい。幕末の琉球と薩摩の政治史を考える上で貴重な史料だ」と話している。

 書状は縦41・2センチ、横50センチ。中央を折り曲げた「折紙(おりがみ)」と呼ばれる古文書の形状で、尚育の署名代わりの記号「花押(かおう)」が記されている。日付は「正月十一日」(1月11日)。日本の武家文書の形式で、薩摩藩士の二階堂右八郎宛てに年始のあいさつなどが書かれているが、書状が途中で切れており、詳しい内容は不明。

 近世琉球は1609年、薩摩藩による侵攻後、独立国の体裁を持ちながらも薩摩からの支配を受けていた。

 上里さんによると、二階堂は1844年に琉球へのフランス艦隊の渡来時、薩摩が琉球に派遣した武装兵のリーダー。書状は同年以降、二階堂ら薩摩藩士に送られたものとみられる。当時はアヘン戦争(1840年)で清がイギリスに敗れ、東アジア各国が異国船の渡来に神経をとがらせていた。薩摩が琉球に武装兵を送ることも異例で、琉球国王が薩摩藩士へ書状を送り、連携して異国船に対処していた可能性がある。

 書状を所有する広島市在住の薩摩藩士の子孫の男性(56)は「自宅で花押が特徴的な書状を見つけたため、ネットなどで情報収集した。琉球史のブログで熱心に情報発信をする上里先生がいなければ、書状の確認はできなかった」と説明。上里さんは「琉球の文書がまだ県外に眠っている可能性がある」と話している。
(7/20 沖縄タイムス)





【酔駄言】☀|☁ 29/33℃:76/62(42)%:0mm:40mh;今日も蒸し暑かったとしか書けない

 第18代の育王は幕末の王でつぎの、19代泰王のときに廃藩となった。1429に三山統一、第2尚氏のクーデターが1470年で薩摩藩の侵攻が1609年でなので、島津侵攻までの139年が第2尚氏の王統であった。廃藩で王統が崩壊するまで442年だが実質的には徳川幕府より短い。

 育王の父である灝王はなんと9男17女の子沢山で、育王は中城王子(後継長男)として即位した。自身は3男5女をもうけたが次男が後継の泰王となった。ちょうどペリーが1853年に来沖し島津藩も臨戦対応をとったが、その時の礼状が見つかったということらしい。


posted by まな兵衛 at 11:50| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

泡盛減 ビール増

泡盛減 ビール増
泡盛出荷、12年連続減 ビールは5年連続増

 沖縄国税事務所は26日、2016年度に県内の酒造会社が出荷した酒類の課税状況を発表した。泡盛の酒税額は前年度比3・4%減の38億8100万円、課税出荷量は同3・5%減の1万9366キロリットルで、酒税額と出荷量ともに過去最高を記録した04年度以降、12年連続で減少した。酒類全体の酒税額は同1・4%減の104億300万円、出荷量は同2・2%減の6万9482キロリットルだった。

 ビールは酒税額が前年度比2・2%増の44億9100万円、出荷量が同2・2%増の2万4756キロリットルとなった。ビールは酒税額と出荷量ともに5年連続の増加だった。清酒やウイスキーなどを含む「その他の酒類」は酒税額が同5・3%減の20億3100万円、出荷量が同5・3%減の2万5361キロリットルだった。

 泡盛の出荷量は県内向けが4・1%減の1万5180キロリットル、県外向けが1・5%減の4185キロリットルとなった。同事務所は泡盛の出荷量が減少傾向にある要因について、県内でも数多くの酒類が入手可能になったことなどがあると分析する。
(6/27 琉球新報)


(都道府県データランキング)





【酔駄言】☀☀☀ 28/33℃:82/59(41)%:0mm:55mh:ほゞ快晴の大暑は涼しくした室内で

 沖縄県人の平均寿命が短いのは戦後の食生活にあると調べたが、消化器/循環器/呼吸器の死亡率データが見つからず、ひょっとしたら飲酒ではないかと邪推をした。沖縄にはアルコール度の高い「泡盛」があり、県人はそのせいで寿命をすり減らしている?

 沖縄国税の統計では酒類の出荷が5年間で4割も減っているらしい。特に泡盛の出荷額はは12年連続で減っている。しかし、ビール類などは5年連続で増えていて県民の泡盛離れが著しい。それは判る気がするというのも泡盛が旨くないからだ。酒の味はナマに限ると泡盛をストレートで呑んでたが・・・

 都道府県ランキングにはビールと発泡酒のデータがあった。それによると沖縄はビールを全国平均の70%でワースト2位だが、発泡酒を2.5倍も呑んでいてダントツのベスト1だ! これは沖縄県人の健康志向か所得水準のせいか・・・ 酒は割って呑むもんではないとおもうがなぁ、もし。


ラベル:ビール 泡盛 飲酒
posted by まな兵衛 at 12:04| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

沖縄の死亡率は最小

沖縄の死亡率は最小
平均寿命はワースト2なのに

死亡率.jpg

 厚生労働省の平成28年(2016年)人口動態統計月報年計(概数)による出生、死亡のデータです。人口動態調査は、法律により届け出られた出生、死亡の全数を対象としています。ただし、対象は日本において発生した日本人に関するものになります。

 出生率、死亡率は、総務省統計局の平成28年(2016年)10月1日の推計人口による、日本人人口千人あたりの比率になります。
(都道府県データランキング 出典:厚生労働省 平成28年人口動態統計月報年計)

死亡率1.jpg





【酔駄言】☀☀|☁ 28/33℃:82/58(42)%:0mm:40mh:今日も暑かったようだ(外へ出ていない)

 都道府県ランキングには平均寿命がなかったし、死亡率も事故/傷病の内訳がなかったので、昨夜のたわごとに書いた憶測は裏付けられず。それにしても死亡率は全国で最小なのに、なぜ平均寿命が全国ワースト2なのかは、単純計算で引き算をしても答えはわからないなぁ。


posted by まな兵衛 at 12:27| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

沖縄の平均寿命は46位

沖縄の平均寿命は46位
長寿復活の道険しく


表は産経新聞より
 2015年時点の平均寿命(男女平均)を東京大の渋谷健司教授(国際保健政策学)らの研究チームが独自の統計手法で算定した結果、沖縄は81・9歳で、1990年に比べて平均寿命は3・2歳上がったものの、都道府県別の順位は46位だったことが分かった。

 死亡率の減少幅は22・0%で全国最下位だった。厚生労働省が5年ごとに発表している平均寿命とは算出方法は異なる。東京大のチームが米ワシントン大の協力を得た新たな統計手法で算出した値が全国ワースト2位となり、健康長寿県の復活を目指す中で厳しい結果が示された。

 東京大のチームが20日に英医学誌ランセットに発表した研究結果で明らかになった。1990年から2015年の25年間で日本の平均寿命は4・2歳延びて全国的な健康状態は向上したが、都道府県別では格差が拡大した。

 東京大のチームでは格差の原因は詳しく分析できていないという。その上で食生活などの生活習慣以外に、「医療の質」や地域社会とのネットワークがあるかなどの「健康の社会的決定要因」が影響している可能性もあると指摘している。

 今後、自治体の健康関連予算や住民の意識との関係を調べる必要があるとしている。病気ごとの死亡率にも地域差があり、都道府県は地域の事情に応じた健康対策の推進が求められそうだ。

 チームは、国などが公表している死亡や病気に関する1990年と2015年のデータを独自に解析。全国の平均寿命は、25年間で79・0歳から83・2歳に延びた。ただ90年に最長の長野と最短の青森の差は2・5歳だったが、15年には最長の滋賀と最短の青森の差が3・1歳に広がった。

 健康上の問題がなく生活できる健康寿命も70・4歳から73・9歳に延びた。健康寿命に関しても、90年に最長の長野と最短の高知にあった2・3歳の差は、15年に最長の滋賀と最短の青森の間で2・7歳に広がった。

 医療の進歩を見るため、年齢構成の違いを取り除いた病気などの死亡率を算出すると、全国で29%減少。心臓病やがんの死亡率が下がったためだが、05年以降は減少のペースが鈍くなっていた。

 死亡率の減少は近畿や九州で目立ったが東北や沖縄は小幅で、減少幅が最大の滋賀(32・4%)と最小の沖縄で約10ポイントの差がついた。  病気ごとの解析では、狭心症や心筋梗塞を含む「虚血性心疾患」の15年の死亡率は、最も高い埼玉が最も低い熊本の1・5倍。首都圏で高く、北陸や九州で低い傾向があった。気管支炎など「下気道感染症」の死亡率は、青森が長野の1・5倍だった。
(7/21 琉球新報)





【酔駄言】☀☀/☀|☁ 28/34℃:78/56(40)%:0mm:40mh:夕方に一時曇り

 今日は全国紙でも平均寿命の記事が多く、琉球新報の沖縄視点の記事をコピペした。しかし、図表がお粗末だったので産経の図表を使った。わがブログには画像や図表をアイキャッチャーとして使い、文章を読んでもらうように誘導している。文字だけのブログは無味乾燥だ。

 かって長寿を誇った沖縄は凋落が激しく、特に男性はいちじるしく短命化が進んでいる。多分、戦後のアメリカゆー(世)の肉食が影響した? オバーやオカーは収入が不安定なオジー/オトーを庇って、マチグァーで朝早くから遅くまで働いている間に、男連中は肉を食らっていたんだろう?

 消化器系などが肉食の欧米人と違って、粗食で耐えてきた沖縄県人は寿命が長かった。しかし、戦中の避難生活後に戦後の急速なカロリーが高い食生活で、消化器などが対応できなかったのかもしれない。戦後の食生活が沖縄県民の寿命を縮めたのかもしれない?


posted by まな兵衛 at 11:34| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

沖縄の持ち家比率は

沖縄の持ち家比率はワースト2
都道府県データランキングより

持ち家率.jpg

 総務省統計局の「社会生活統計指標 −都道府県の指標− 2015」から、持ち家比率、借家比率、一戸建て住宅比率、共同住宅比率、1住宅当たりの敷地面積、持ち家住宅の延べ床面積、借家住宅の延べ床面積のランキングです。

 データはいずれも2008年のデータです。持ち家比率、借家比率、一戸建て住宅比率、共同住宅比率は、居住世帯ありの住宅数を分母とする比率です。平均は、都道府県毎の比率の合計を都道府県数で割った平均値です。全国のデータは、全国の居住世帯ありの住宅数を分母とした値です。
(都道府県データランキング:総務省統計局「社会生活統計指標 −都道府県の指標− 2015」)

持ち家率2.jpg





【酔駄言】☀☀ 29/34℃:81/60(40)%:0mm:50%:お昼に麦わら帽を被って買い物、半熱中症

 昨日のブログに書いた離婚率のあとがきのたわごとで、持ち家率のことも書いたのでググったら、都道府県ランキングというサイトが見つかった。今日は沖縄ネタが無かったので持ち家率を書いた。このランキングサイトは実に多岐にわたる統計データを掲げている。

 今後はネタがなければこのサイトで、沖縄がベスト/ワーストの項目を載っけよう。本当はヤマトの人間としてウチナーの気候風土/風俗習慣などを、ヤマトの人々に伝えることに主眼を置いているが、沖縄メディアからそうそう毎日ネタを見つけられないので、ランキングは埋め草として使っていこう。


ラベル:持ち家比率
posted by まな兵衛 at 11:41| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする