2019年03月25日

撮り続けたい背中

ずっと撮り続けたい背中
大臣賞に竹富島の上勢頭さん 沖縄の魅力発見フォトコン

ずっと撮り続けたい背中.jpg

 沖縄の知られざる魅力を発見・発信する総合サイト「OKINAWA41(おきなわよんじゅういち)」のOKINAWA41フォトコンテスト(主催・内閣府)の表彰式が22日、東京都内のホテルで開かれた。

 応募対象は県在住者などで「シーズン2」「シーズン3」が実施され、最優秀賞に相当する内閣府特命担当大臣賞に選ばれたのは、シーズン2が石垣市在住の岸本亮さん、シーズン3が竹富町在住の上勢頭詩穂子さん。それぞれ賞状と副賞が授与された。フォトコンには2300件の一般応募があった。
(3/24 八重山日報)






posted by まな兵衛 at 10:50| 沖縄 ☁| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

朱色のカエンボク
朱色、街彩る カエンボク見頃 那覇

カエンボク.jpg

 那覇市の奥武山公園でカエンボクの花が見頃を迎え、赤みがかったオレンジ色の花が公園を訪れた人々の目を楽しませている。

 カエンボクはアフリカ原産でノウゼンカズラ科の常緑高木。ホウオウボク、ジャカランダと合わせ世界三大花木の一つになっている。遠方から見ると燃える木の姿に見えることにちなみ「火炎木」の和名がある。

 公園運営管理事務所の職員によると、2週間ほど前から咲き始めたという。
(3/22 沖縄タイムス)




【酔戯言】☁☁☁ 16/19℃ 今日も平年より2〜3℃低く 道行く人々も重ね着 ここ数日の体調は年齢並みの普通で3

 寝酒の日本酒を切らしたのでコンビニに行く前 やちむん通り西入口の陶芸センターに立ち寄った 町民会の年会費を支払うためだが 事務所の机の上にずら〜っとシーサーが50余点も 涌田陶芸の窯主さんが納品に来ていた

 子猫ほどのシーサー数点は手作りで ネズミほどのミニシーサー数10点は型枠造り 面シーサーも10数点あったがこんなに数多い納品は久しぶりとか まだ、このあと陶器組合の直売店に卸すという

 センターの店頭に展示してある子猫大のシーサーは6千〜1万円 ミニシーサーは2千〜3千円だったので 平均5千円として50点なら販売価格は25万円ほど? 仕切りは多分6掛けぐらいだろうから完売すれば約15万円かなぁ

 組合店も同じと考えるとすべてで手取りは30万円ぐらい? 今回のような多量は半年に1回ぐらいというから 決して楽な窯元収入ではないが 涌田窯主はシーサーの名手として知られていて 大型の特注品も手掛けている由

 彼はボクより1歳年長の同学年 すでに年金ももらっているとしても 未だに現役でシーサーもやちむんも造っている 県下各地の陶器店や工芸品店にホテルにも卸していて 車の運転も不自由はないけど来年の更新は・・・


posted by まな兵衛 at 11:09| 沖縄 ☁| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

壺屋灯りの道
やちむん通りに優しいろうそくの明かり

壺屋灯りの道.jpg

 20日夜、那覇市のやちむん通りに優しいろうそくの明かりが灯り、人々を魅了しました。

 夜のやちむん通りをやさしく照らす灯り。20日、那覇市壺屋のやちむん通りでは、地域住民が窯元と協力して作った約40個の壺屋焼きのランプシェードが並びました。これは壺屋地区の住民たちが地域の活性化などを目的に企画した「壺屋灯りの道」という取り組みの試行実験です。

 住民たちは今後、壺屋焼きのランプシェードを増やし、通りをもっと明るくして地域を盛り上げていきたいと話しました。参加者は通りをやさしく照らす灯りに魅了されていました。
(3/22 QABテレビ ニュース映像はこちらから)




【酔戯言】(☂)☁☁☁ (19)16/18℃ 0時が最高気温 明け方に16℃ 午後は18℃までしか上がらなかった

 やちむん通りの夜は森閑として人車も少ない 陶器店も数件の飲食店も戸を閉め店内の灯りも落とす 電柱ごとに防犯灯は灯るが人通りは途絶え 侘びしく寒々としたやちむん通りでなく夜気無人通りとなる

 日中の観光客がそぞろ歩きする陶器街との格差が大きい そこで通り会の店主らが窯元と計らって 焼物の灯火を足元に並べ『壺屋灯りの道」 これはいいアイデアではあるが課題がいくつかある

 一、夜間に営業している店舗がない 二、ロウソクでは点灯時間が短い 三、陶器シェードの持ち去り などなど まぁ、通りに隙間なく陶器灯りを設置し固定する LEDで自動点灯/消灯するなど工夫が考えられる

 しかし、根本的に通りの活性化を考えるのなら 各店の閉店後は店頭のウィンドを照明し 宵でもウィンドショッピングができるるようにする 各店はシャッターで閉じず せめてチェンシャッターにして 店内の展示品も見られるようにしなければ・・・


posted by まな兵衛 at 11:57| 沖縄 ☔| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月22日

今度のスタバは“オーシャンビュー!”
本島北部に初出店、県内22店目

<
動画はRBCテレビニュース

 スターバックスコーヒージャパンは22日、沖縄県内22店目で、北部初出店となる沖縄本部町店を同町山川の県道114号沿いにオープンする。国内初の鉄筋コンクリート造の店で、1階と2階にテラス席計20席を設けるなど、東シナ海や海洋博公園の緑を望むロケーションを生かした。

県内初「リージョナル ランドマーク ストア」

 地域の象徴となる場所で地域文化を発信する店舗」として、全国約1400店の中でも25店目、県内では初の「リージョナル ランドマーク ストア」に位置付けた。

 基礎やカウンターに琉球石灰岩を使い、県木のリュウキュウマツで作ったテーブルも導入。地域住民がビーチクリーンで集めたプラスチックごみを素材に、町内の小学生が制作に協力したアートが店を飾る。

 金城貴大店長は「住民には安らげる場所、観光客には思い出の一ページになるような、笑顔で寄り添える店にしたい」と話した。営業時間は午前7時〜午後10時、不定休。
(3/21 沖縄タイムス)




【酔戯言】(☂)☁☀☁ 19/24℃ やゝ☁がちで昨日のより気温が低かったが 寒さも彼岸までどおりであさては彼岸明け お彼岸にボタモチを食べるという習慣は実家にはなかった 今夜の「チコちゃん」に叱られたが オハギとどうちがう?

 チコちゃんによると同じもので大小の違いがあるという 牡丹の花のように大きいか 萩の花のように小さいからしい そして、牡丹は春に咲くので春の彼岸に 萩は秋に咲くので秋の彼岸に食べる 知らなかったなぁチコちゃんに叱られた


posted by まな兵衛 at 12:36| 沖縄 ☁| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

二十四節気「春分」
七十二候「雀始巣」


彼岸.jpg/td>

 3月21日は二十四節気「春分」、七十二候「雀始巣(すずめはじめてすくう)」。春分とはどんな季節なのか、雀始巣の由来は?


 春分といえば、春彼岸の中日ということで、お墓参りに行かれる方も多いのではないでしょうか。 しかし、なぜ春分の日にお墓参りに行くのか、ご存じですか? 春分の日は「昼と夜の長さがほぼ同じ」というのはよく聞きますが、この地上から見たときの太陽の動きがそこに関係しています。

 仏教では、あの世を「彼岸(ひがん)」といい、私たちのいる世界を「此岸(しがん)」といいます。 太陽が真東から昇り、真西に沈む春分は、あちらとこちらの世界が最も通じやすいと言われていました。大切なご先祖様がより身近に感じられる特別な日、ということでお墓参りに行くようになったそうです。

 今回の七十二候では「雀始巣」と雀が巣を作り始める頃だと伝えています。雀の巣作りは、繁殖期と同じ2月〜9月に行われます。ずいぶん長いようにも思えますが、雀の繁殖期というのは年に2〜3回あるのです。

 「雀はよく見るけど、そういえば巣は見たことないな…」実は、雀は人の身長よりも高いところに巣を作ります。警戒心が強く、屋根の隙間など人間や他の鳥からは見つけにくい場所を選ぶそうです。基本的に冬以外は巣作りが行われますが、新しい季節に移り変わってから初めての巣作りということで、暦のテーマとして起用したのかもしれません。
(3/21 記事全文はウェザーニュース)




【酔戯言】☁☀ 22/27℃ 春の彼岸というより夏の彼岸 夏には彼岸はないが

 雀が来なくなって久しい ベランダからやちむん通りを挟んで空き地がある その向こうの民家に大きなブーゲンビリアが枝もたわわに その豊か枝葉を目当てに何種類かの鳥が集まってくる 入居当初から数年は雀が多く群れていた

 その後ぷっつりとスズメがが姿を見せず セキレイやオナガ? に鳩が追っぱらったようだ 壺屋にカラスはいずゴミあさりはない 雀はどこに行ったのか? 壺屋には赤瓦屋根の民家は数棟でPC陸屋根ばかり 雀が巣を造る余地が無いのかも

 その筋向かいの空き地でオアシス広場の工事がはじまった 広場にはガジュマルやリュウキュウ百日紅が植えられる そんな植栽に小鳥が群れてくれるのを楽しみにしているが 天敵は野良猫たちかも・・・


posted by まな兵衛 at 11:31| 沖縄 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

海水で本物ゆし豆腐
県民もめったに食べられない! 辺野古 伝統の手法を伝える

海水ゆし豆腐1.jpg
海水で作ったゆし豆腐をすくう島袋初枝さん
青く澄んだ海が広がる沖縄県名護市辺野古。

にがりの代わりに辺野古の海水を使った昔ながらのゆし豆腐が、辺野古区の総合展示会で4年ぶりに振る舞われた。

 海水で作ったゆし豆腐は住民もめったに食べられない。女性たちが手作業でゆっくりと時間をかけ、柔らかな味わいに仕上げた。

 海水のゆし豆腐の作り方を教えるのは、16歳の時から豆腐を作っていた島袋初枝さん(91)だ。

「今のうちに、若いのに教えておかないといけないさぁ」。受け継いで来た地域の味を残し、伝えたいとの思いがある。
 朝、うみんちゅの川上将吾さん(37)と嘉陽宗哉さん(27)が辺野古漁港を出た。漁港から約1キロ沖合で、60リットルの海水をくむ。

 「この辺の海できれいな所。天気にもよるけど夜行貝とかサザエもいるよ」と話す。

 「辺野古は自然の物を使うんだよ。にがりを入れた豆腐なんて食べたことないよ」。その言葉には、厳しさの中に優しさがこもっている。「海水は引き潮の時は塩が薄いから、満潮の時にくむんだよ」。後輩たちが海水でゆし豆腐が作れるよう丁寧に教えていく。

 朝4時半から水に浸して膨らんだ豆をひいてこし、布巾で絞って豆乳とおからに分ける。豆が少し荒かったので、川上登喜子さん(67)が搾りかすを手でもんでいた。「もんだらうまみが出るみたい。絞るのが大変」。おいしい豆腐は簡単に作れないことが分かる。
海水ゆし豆腐2.jpg
大浦湾の透き通った所で海水をくむうみんちゅの川上将吾さん
 調理場に移り、絞りたての豆乳を大鍋に流し込む。煮込んで泡が上がってきたら打ち水をし、海水を入れる瞬間を見計らう。このタイミングは島袋さんにしか分からない。「にがりはいつ入れるの?」との問いに「にがりと言うな、海水と言え」と島袋さん。

 「いいよ、今入れれ」。島袋さんの合図で、ひしゃくですくった海水をゆっくりと回し入れていく。昔は豆腐を炊いている間に海水をくみに行った。「あの頃は浜がきれいで、すぐ取れたけど。今は汚いから遠くでくんでる。時間がかかるから、豆腐はのんきなものがやるもんだ」と語る。

 女性たちは大鍋の前を離れず、あくを取り続ける。ふんわりとしたゆし豆腐が出来上がると、女性たちの表情が明るくなった。受け継いできた地域の味を守り続けていく。手作りのゆし豆腐にはそんな思いが込められている。
(3/13 琉球新報)



【酔戯言】☀☀ 16/24℃ 洗濯日和り ベランダでの紫外線が強烈でクラクラ 体調3/2.8

 ゆし豆腐は食べたことがない 沖縄に8年もいるのに口にしたことがない 近所の食品ミニスーパーには入荷時間が表示されていたので アチコーコーの熱いうちに食べるらしい 8年間も入荷時間とタイミングが合わなかった

 豆乳にニガリを加え圧力を加えて固まらせ 冷水で冷やしたのが普通の豆腐なんだろうけど 固めずにオボロ状態の暖かいゆし豆腐はどんな味だろうか 醤油を垂らしてスプーンで食べる? とうてい酒の肴にはならないと思うけど

 去年の秋からこの冬までは島豆腐の湯豆腐を食べた COOP宅配で三河屋という毎週配達を指定して 120gx2分割を週に2回ミニ土鍋で酒の肴にした 120gを8等分にしたが1欠けを残して翌朝の味噌汁に

 もちろん昆布を敷き詰めた土鍋の残り汁で味噌汁 岡崎の八丁味噌に鹿児島のつぶつぶ麦味噌をあわせて 五島の塩蔵ワカメを水洗いし奄美のアオサ 島豆腐をサイコロにした味噌汁は美味この上なし

 ご飯は困っている 冬は米を洗うのは手が冷たいし無洗米にしているが 一人住まいでは3kgでないと持て余す COOPの無洗米で3kgは熊本産しかないが別に旨くもまずくもないけど 独身15年にして未だに水加減がわからない

 漬物にはこだわっているが昔やってたぬか漬けは 沖縄ワンルームでは独り者冷蔵庫で諦めた いまはエバラの浅漬の素できゅうり/ナス/白菜を だし昆布を細かく切って数日の深付けに 韓国のりで小茶碗に半分のこりを卵ごはんで食す

 ここ2週間ばかし体調不良で食欲がなく 朝食はチンしたご飯の半分を茶漬け 残り半分も昼食に茶漬けで 下手すれば? 夕晩酌も酒の肴に食指が動かず 茶漬けを腹に無理やり入れてそれからアテなしの晩酌 こりゃアカンはなぁ・・・ 


posted by まな兵衛 at 12:14| 沖縄 ☀| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月19日

キビ収穫サギお供

キビ収穫 サギお供
八重瀬 農家大忙し

キビ収穫 サギお供.jpg

 本島のサトウキビ収穫期は終盤を迎えた。農家は機械をフル稼働し、作業に余念が無い。八重瀬町では14日、農機の周りにサギの仲間が集まり餌の昆虫などをついばむ光景が見られた。


 サトウキビ農家として20年以上、生産を続ける野原聡さん(62)=同町富盛=の畑では、1月5日から収穫が始まった。4月5日ごろまで続く。以前は人手に頼っていたが、畑が広範囲に及ぶため、機械化した。ハーベスターで刈り取り、葉落としから裁断、袋詰めまでを一気に行う。

 ハーベスターの排気口からはクモやバッタなどサギの餌となる昆虫が吹き出される。土中からはミミズがはい出し、チュウサギやアマサギなどがそれら“ごちそう”を狙って集まる。野原さんは「早朝など多いときは40〜50羽飛んでくるよ」と話し、野鳥を傷つけないよう慎重にハンドルを操っていた。
(3/16 沖縄タイムス)




【酔戯言】(☂)☁☁☀ 19/22℃ 深夜に22mmの強い☂ 湿度95%で体調不良2.8 食欲なし

              Clipboard03.jpg

 78th Birthday 祝ってくれたのはGoogleとFaceBookのみ 祝ってほしくない これで1歳年を取り1年寿命が縮まった 昨日の彼岸の入りの翌日に「此岸」側の三途の川を一歩「彼岸」へ 昨今の体調不良でジワジワと川辺に近づいてきた?

 先ごろのクリニックで血液検査の値が改善している 呼吸器/全身/腎臓/肝臓etc 問題なしといわれたけど 来年夏の東京オリンピックを入院先でなく 心身健常で自宅のテレビ桟敷かぶりつきで観たいと・・・


ラベル:サトウキビ サギ
posted by まな兵衛 at 10:48| 沖縄 ☀| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

「最後の卒業生」 国頭の2小学校
笑顔の旅立ち 北国小と佐手小

国頭村小学校.jpg  本年度で休校になる国頭村の北国小学校と佐手小学校で15日、卒業式があった。

 地域住民も駆け付け、北国小6年の武田小夏さん(12)と佐手小6年の宮城美玖さん(12)の門出を祝った。

 (残された在校生が4人となっため来年度から休校となり残された)2校の在校生は4月から辺土名小に通う。(北国小〜佐手小≒12km 佐手小〜辺土名小≒8km)

 沖縄が大好きだった武田さんは、母の美幸さん(47)と2年前に愛媛県から村宜名真に移住。山村留学で4年生の3学期から北国小で学んだ。

 涙を流しながら「人数が少ないので、みんなが家族みたいで楽しい学校生活だった」と振り返り、「教員関係の仕事に就きたいので、国頭中学校に行っても将来の夢に向かって頑張りたい」と話した。

 美幸さんは「ヤンバルクイナの調査やウミガメの産卵など都会ではできないことを学んだ。人として大きく成長した」とわが子の晴れ姿を喜んだ。

 佐手小の宮城さんは、1年生から使い続けたいすに背筋を伸ばして座り、緊張した面持ちで式を迎えた。村内5校が合同で行う春の遠足の思い出に挙げ、6年間を「私を大きく成長させてくれた。宝物の毎日だった」と笑顔で振り返った。

 休校や下級生との別れを惜しみつつ、中学での新しい生活を心待ちにしている。母のゆかりさん(42)は「最上級生として学校行事を率先して頑張り、家とは異なる一面を見せてくれた」と感慨深げだった。  2〜4年生まで佐手小に通っていた仲本壮汰さん(12)=仲井真小6年=も那覇から駆け付け「休校になるし、一緒に学んだ宮城さんをお祝いしたかった」と式を見守った。
(3/16 沖縄タイムス)



【酔戯言】☁☁☂ 19/21℃ 彼岸の入りは夕方から☂ 湿気が充満し食欲不振 体調2.8

 昨日の朝、べランダ窓に向かって朝ごはんを食べているとき 斜め向えのマンションの一室から卒業式に向かう母と子らが お母さんは黒の礼服に花束をを抱え 中学を卒業する娘さんも制服に花束 妹は黒半Tでトアリングのバトンを持っていた どうやら与儀公園前の神原中学校の卒業式らしい 兄か弟かが黒ずくめの上下で身を固め 多分、卒業式後の校庭で旗頭の演舞をするのかなぁ

 県庁所在の那覇市や隣接の本島中南部の児童/生徒数は多い 子供の数が日本一の沖縄だが北部や離島では過疎化が進み 小学校の児童数が10人を切る例が多い 本島最北端の国頭村でも本文にあるように 1人の卒業生を送り出すと残った在校生が5人未満で休校になるという それらの在校生はバス通かスクールバスで村役場の小学校へ転校するし 卒業生もまた唯一の村立中学校へ通学する

 ところでご同輩 仰げば尊しや蛍の光の歌詞を覚えていますか? ♪あおーげばとおーとし わがーしのおんー 後が出てこない ♪ほたーるのひかりー まどのゆーきー おなじく後が続かない メロディーは覚えていて鼻歌を歌えるけど・・・


posted by まな兵衛 at 12:12| 沖縄 ☔| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

リュウキュウカタバミ

リュウキュウカタバミ
足元に可憐な花 石垣島バンナ公園

リュウキュウカタバミ.jpg

 石垣市のバンナ公園で、リュウキュウカタバミの花がかわいい赤紫の花を咲かせている。  晴天に誘われて森林浴のため訪れた、たいらファミリーの写真家、平良八重子さんがカメラに収めた。「足元で紫色に咲いている姿を見て、あまりのかわいさについ撮影しました」と平良さんは楽しそう。


 リュウキュウカタバミはカタバミ科の多年草で、南米原産。繁殖力が旺盛だ。
(3/15 八重山日報)




【酔戯言】☀☀☀ 16/22 アメダスの日照時間状では☀ ☁が優勢でスッキリせず 体調2.9

 本文の記事ボリュームが少ないのでWikiったら リュウキュウカタバミはヒットしなかった カタバミ属の亜種にも載ってなかったし 近縁種らしきムラサキカタバミはあったけど いずれにしても琉球諸島の固有種でなく外来種のようだ

 ここ数日は沖縄の伝統行事や風物詩ネタがなく オキナワ〇〇とかリュウキュウ□□などなどのネタ 本土では彼岸に向けた桜前線の話題が多いが オキナワの緋寒桜は過ぎ去ったし彼岸も季節感がいまいちだし・・・


posted by まな兵衛 at 11:28| 沖縄 | Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

なむしちょうとなる
七十二候「菜虫化蝶(なむしちょうとなる)」

菜虫化蝶.jpg

 16日からは七十二候「菜虫化蝶(なむしちょうとなる)」。菜虫とはダイコン・カブ・ハクサイなどアブラナ科に属する菜類を食う昆虫の幼虫の総称です。この時期は、サナギとして厳しい冬を乗り越えた青虫たちが、蝶になる頃と言われています。


 暖かくなると、色とりどりの花の上をヒラヒラと舞い踊る蝶たち。 その美しい羽で自由に飛び回れるようになるまで、一体どんな人生を歩むのか、モンシロチョウを例に見ていきます。

 モンシロチョウは、青虫の大好きな葉の上に小さな卵を産みます。3〜5日の卵期間を経て、卵から姿を現した幼虫は、立派な蝶になるべくもりもり葉を食べます。

 9〜11日間に渡って十分に栄養を蓄えた青虫は、サナギへと変化していきます。春〜秋であれば、約5〜10日のサナギ期間を経た後、美しい蝶になることができます。外気温が下がる冬の場合はサナギで越冬し、次の春を待ってようやく蝶になります。
(3/16 ウェザーニューズ 記事の全文はこちらから)




【酔戯言】☀☁☁ 17/20 湿度が36/50%と沖縄では珍しい乾燥 だが締め切った室内では・・・

 啓蟄の第三侯「菜虫化蝶」で あさってには彼岸の入りで5日後に彼岸の春分の日 じわじわと春めいてくるはずだが 三寒四温でやゝ寒い日が続いている しかし、その後は四温で彼岸ごろには夏日の予報 24日には彼岸の明けで本格的な春になりそうだ

 東京の桜の開花予報は18〜19日だそうだが 満開日の花見時は彼岸明けごろだろうけど まだ寒い日もあるので夜の花見酒はいかがかな 満開の桜の下でムシロ(ブルーシート)に輪になっての花見酒は 批判もあるが静かに花を愛でながら酒を酌み交わすのも一興だ


posted by まな兵衛 at 11:12| 沖縄 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月15日

オキナワチドリ
今年もかれんに花開く 絶滅危惧種、渡名喜村で確認

オキナワチドリ.jpg

 絶滅の恐れがある野生生物の種について定める環境省「レッドリスト」の絶滅危惧2類(VU=絶滅の危険が増大している種の意味)に登録されているラン科の「オキナワチドリ」が渡名喜村内で咲いているのが7日、確認された。以前よりこの時期に自生していたが、今年もかれんな小さな花を咲かせている。


 オキナワチドリの花は薄いピンク色で、花弁は1センチほど、高さは3〜5センチほど。花を見た20代の女性は「小さくて、とてもかわいらしい。貴重な花を見ることができて感動した。今後も大事にしたい」と話した。
(3/15 沖縄タイムス)




【酔戯言】(☂/)☂☁☁ 17/21℃ 今日も平年を1〜2℃下回ってうすら寒い1日 体調はやゝ戻ったがまだ不調の2.5 体調は0〜10までの10段階として 今の年齢では1〜5にしている 0は死亡/1は入院/2は室内で横になる 3がいまの年齢の標準

 最近は体調3が続いたが昨日は2.3で今日は2.5と 5段階なのに小数点をつけている 3だと通院やコンビニに行けるし めったにないけど4で県内(バス日帰り)旅行 5では宿泊を伴う離島や県外への旅行ができる

 移住した当初は5で帰阪したり離島旅行もした しかし、年々体力の衰えが顕著で4の本島内日帰りバスを数回 3では通院やデパート/市役所へはタクシー利用 昨日の2.3はベッドに横になるほどではなかったが リクライニンチェアで昼寝休養だった


posted by まな兵衛 at 10:03| 沖縄 ☔| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月14日

新種「オキナワソウ」
光合成やめたソウです 新種の植物発見、「オキナワソウ」と命名

オキナワソウ.jpg
オキナワソウの雌花(末次健司さん提供)

☑神戸と沖縄の研究チームが光合成をやめた植物を本島や石垣で発見
☑「オキナワソウ」と命名。キノコやカビから栄養をもらって育つ
☑研究チームは「沖縄の照葉樹林の重要性を示している」と意義を説明


 神戸大学大学院理学研究科講師の末次健司さんと沖縄美ら島財団総合研究センターの赤井賢成研究員らの研究グループはこのほど、沖縄本島や石垣島の複数地点で、光合成をやめた植物を発見し、新たに「オキナワソウ」と命名した。屋久島固有種のヤクシマソウに近縁であることから、ヤクシマソウの新変種として発表した。研究成果は2月28日に国際的専門誌に掲載された。

 オキナワソウと同様の植物は、光合成をやめてキノコやカビの菌糸を根に取り込み、それを消化して生育する「菌従属栄養植物」と言われる。光合成を行わないため、花期と果実期のわずかな期間しか地上に姿を見せない。花期や果実期は短く、サイズも小さいものが多いため、見つけることが非常に困難という。

 オキナワソウは植物体全体が紫色で、植物体の高さは10センチ程度、直径1・5ミリほどの花をつける。雌花の花柱がこん棒状で多数の突起を持っている。

 末次さんは「豊かな森とそこに住む菌類に支えられた光合成をやめた植物の発見は、沖縄本島の北部や石垣島に広がる照葉樹林の重要性を改めて示すものだ」と説明した。
(3/6 沖縄タイムス)




【酔戯言】☀☀ 15/22℃ 昨日と今朝は快晴の放射冷却で冷え込んだ 今夜は一雨あるようだ 体調不良のため気象だけで「たわごと」はごめん


posted by まな兵衛 at 10:58| 沖縄 ☀| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

石垣「牛ヌニガイ」
+ 石垣字会 農畜産繁盛 字民の無病息災願う

牛ヌニガイ(牛祭祀).jpg
牛ヌネガイで奉納された獅子舞=10日午後、牛の御嶽

 古くから農耕のため役用として飼われてきた牛馬に感謝し、農畜産の繁盛と字民の無病息災、字会 の発展を願う石垣字会(大浜慶功会長)の牛ヌニガイ(牛祭祀)が10日午後2時半から、平田原北方 にある牛の御嶽で行われた。

 牛ヌニガイは2009年に67年ぶりに復活。役員が改選される2年に1度執り行われている。拝殿 には雄雌の獅子頭を飾り、米や酒、餅などが供えられ、神司の小川喜美江さんが祈願。

 大浜会長は「昔は農業や畜産業で牛馬に頼る部分は大きかった。感謝の気持ちを込めて五穀豊穣( ほうじょう)と字の発展を願いたい」とあいさつ。たくさんの字民が集まるなか、いしゃなぎら獅子 棒保存会による獅子舞のほか、赤馬節、野とぅばらーま、繁昌節、石垣口説が奉納された。
(3/12 八重山毎日新聞)




【酔戯言】☀☀ 15/21℃ 今日も快晴でちょっと冷えたが 最低湿度が34%とカラカラ天気  亜熱帯で湿潤な沖縄で湿度が30%台なんて ちょっと記憶がないほどの乾燥だが 関東ではからっ風で10%以下もあるとか

 昨日の呼吸器内科クリニックでも 快晴の乾いた天気の日には散歩をと 息切れなどの気管には乾いた空気を吸い込むこと また、室内に閉じこもってタバコを吸いながら パソコンオタクは寿命を縮めますよ!

 ゴミ出し程度で息切れ動悸は運動不足 毎日、日光を浴びて散歩をしなさい! ハイ! なことで昨日の帰路に近所のコンビニ前でタクシーを降り 棲み家までの300mを気持ちよく歩いたので 今日もロクな用もないのにコンビニ往復・・・


posted by まな兵衛 at 10:53| 沖縄 | Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

十五の春にサバニ漕ぐ
卒業で津堅島を離れる生徒がサバニ漕ぐ

卒業サバニ.jpg
ニュース映像のページはこちら

 うるま市の津堅島で10日、進学のため島を離れる中学生たちが卒業の記念としてサバニに乗り、育った島の姿を心に刻みました。

 地元の島に高校がなく中学校を卒業すると本島の学校に進学する津堅島の子どもたち。 10日は、3年生5人や先生などが長さ8メートルほどの2そうのサバニに乗り、かけ声に合わせてかいをこぎました。

 中学校では自分たちが育った島の姿を心に刻んでもらおうと、20年以上前から毎年、この時期に、卒業の記念としてサバニで島の周りを1周する行事を開いています。

 10日は波が高かったため、生徒たちは湾内でサバニの競争などをし、岸壁に集まった在校生や地元の人たちから盛んな声援を受けていました。

 参加者の1人の仲村愛海梨さんは「とてもきれいな島だと思いました。島を離れるのはさみしいですが、高校でもしっかり頑張って、できるだけ島の行事にも参加していきたいです」と話していました。
(3/11 NHK沖縄ニュース)




【酔戯言】☀☀☀ 17/21℃ 日照100時間でmin.湿度41% 平年並みだが爽やかな一日 非常に強い紫外線の中をタクシーで呼吸器内科へ 先月の血液検査の結果がでて 総蛋白などが平常値に改善されて 貧栄養状態を脱出した! 炎症反応もなくその他の指標もOK!! しかし、健康だというのに毎日ヤゝ不調なのは・・・

 本文の離島「津堅島」はうるま市勝連半島から 橋が架かった陸続きの島々の南にぽっかり浮かんだ離島だが 本土には比較的近く定期の船便もあるようだ しかし、天候による欠航も多くて島からは本土の高校には通えず 「十五の春」で本土に居を移し通学する

 津堅島のはるか東方の洋上に孤立する 南北大東島とは離島条件が違いすぎるが それでも本土の親戚や下宿をして高校に通学するという 島離れ/親離れは15歳まで島で生まれ育った 若い世代には魅力的なんだろう

 ボクも社会人になってから「島」に住みたいと思った 『淡路島』だ 島の北端に岩屋という町がある 対岸の明石まで渡船で15分の明石海峡 国鉄(JR)明石から大阪まで快速で小一時間で通勤圏内だ?

 なぜ淡路島? 岩屋の明石海峡を行き交う船が見えるアパート 大阪下町の長屋で生まれ育った身には海が見える丘が魅力だった が、本音は時化ると渡船が欠航し仕事を休む言い訳になる!?

 はるかに年を経て沖縄に移住する夢を持ったとき 地方のキレイな碧い海が見える丘に住みたいと思った 当初は移住前の廃業時に乗っていた中古の軽ワゴンで 沖縄の海岸線をビーチ伝いにゆったり車中泊 一周し終わっていちばん気に入ったところに終の棲家をと 夢は叶わなかった


posted by まな兵衛 at 10:36| 沖縄 ☀| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

ももはじめてさく

ももはじめてさく
七十二候「桃始笑(ももはじめてさく)」

桃始笑1.jpg

 1月頃から咲き始めていた梅に変わり、次に春のバトンを手渡されるのは桃。11日は「桃始笑(ももはじめてさく)」。蕾がほころび、桃の花が咲き始める頃と言われています。

まるで微笑みかけるかのように 桃始笑2.jpg

 「桃始笑」の読み仮名は「さく」としながら実際の漢字は「笑」となっています。これは一体どういうことでしょう…?

 「咲」という字には、もともと笑うという意味があり、「笑」には咲くという意味があったと言われてます。ほんとに?なんて思ってしまいますが、字をよく見てみると、「笑」は竹かんむり、「咲」は口へんが・・・

 今まで何も気にせず使っていましたが、言われると納得できる部分もありますね。また、日常会話で使う機会はあまりありませんが、「花笑み」という言葉があります。味は花が咲くこと、蕾がほころびること。その他に人が微笑んでいるのを、咲いた花にたとえていう時もあるようです。

 続きの「桜・梅・桃の違いを見てみよう」と全文はこちらから
(3/11 ウェザーニュース)




【酔戯言】☁☁☁ 18/20℃ うすら寒くて一日中足元のミニファンヒータON これでも平年並み

 8年前の今日 "3.11" 阪神淡路大震災を上回る 未曾有の大震災が起きたというのに 数ヶ月もたたないうちに沖縄へ 被災者も多くは沖縄に避難/移住したという 阪神も未だに復旧宣言が出ていない

 平成は数多くの自然災害が発生したが いずこも被災地の人々以外はすぐに忘れる 沖縄も県民の4分の1 だったか? が亡くなった沖縄戦を忘れかけている 慰霊の日の行事を伝えるニュースで思い出す

 ヨーロッパ各国の諸都市は古い町並みを遺している しかし、それらは先の大戦でほとんど破壊されが 戦後70余年に再建されたという 日本の災害被災地もできる限りは 元の姿を再現し遺す取り組みも必要だが・・・


posted by まな兵衛 at 10:31| 沖縄 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

おでん「六助」壺屋の長屋から移転
愛され55年、神里原の長屋から新天地へ

六助2.jpg
六助の木造長屋は青色がトレードマーク
建物には60年余の歴史がある
六助1.jpg
常連客とグラスを傾ける新崎洋子さん(右)
県外から来る客もいる=4日、那覇市壺屋

 青色の木造長屋にあつあつのてびち―。那覇市壺屋の神里原で55年営業を続けている「おでん六助」が、3月末で現在の長屋での営業を終え、壺屋の別の建物に移転する。かつて200軒近くのスナックがひしめき、多くの客でにぎわった神里原は、今や数軒を残すのみ。六助の移転で、昭和の匂い漂う長屋のネオンがまた一つ消える。

 おでん六助は、店主の新崎洋子さん(71)の母・愛子さんが1964年、ホステスと共にスナックとして開店した。洋子さんは21歳から店を手伝ったが、10年後に愛子さんが倒れ1人で店を切り盛りするようになった。

 昨年3月からは会社を辞め店を引き継ぐ決意をした息子の亙(わたる)さん(49)と店に立つ。店には、仕事を終えた男たちが1杯を求めて訪れる。仲井真弘多元知事や故翁長雄志前知事など歴代知事も通ったという。キャスターの故筑紫哲也さんはおでんのてびちと泡盛がお気に入りだったという。

 昨年10月、老朽化が進んでいた店を台風が襲った。天井が飛び、壁が半壊。改修はしたが存続は難しく、3月末での移転を余儀なくされた。洋子さんは「思い出はいっぱいある。本当は移りたくない」と寂しげだ。

 移転が決まってからも客足は絶えない。移転先を知らせる地図も常連客が作成。新しい店の看板を作ると名乗り出る客もいる。「お客さんに恵まれているよ。まだまだ元気でいないとね」と洋子さん。「これからは3代目もいるから」とエプロン姿の亙さんを見てうれしそうにほほえんだ。
(3/10 琉球新報)



【酔戯言】(☂/)☁☂☁ 19/24℃ 夜来の雨が朝日もチラリと射し 昼前に夏日寸前の多湿 昼過ぎからまた雨がしとど

 六助は500m先の神原通とごく近く名声と存在は知っていたが 昔の神里原(かんざとばる)の一本裏路地 まわりは脂粉が漂う怪しげなスナック路地 ちょっと足を踏み込めない雰囲気だった

 那覇の復興は壺屋の窯場からはじまったが すぐに周辺に闇市が発達し神里原が那覇の中心になり 市場通り/国際通り以前の商業街区が形成された 必然的に飲食/特飲街も付随して一大歓楽街が出来上がった

 そんな特飲街の裏路地におでんが売り物の六助があった やがて那覇の繁華街はガーブ川の水上店舗と公設市場 そして国際通りに移っていき売防法とともに寂れてしまった

 そんな神里原が都市計画で拡充され神原大通りに そして表通りの立ち退いた店舗の陰から六助が表通りへ 陽の目が当たる青い店舗が入りやすくなった ある夜、眠りかけたときにピンポン! 「呑みに行こう!」

 陶芸道場の仲間に強引に引きずり出されて 行った先が六助で店内には道場の窯主と 教習仲間がすでに出来上がっていた 壁に描かれた隆々と大きな壷屋焼定番の魚紋は窯主の力作とか すでに日付が変わっていて名物のおでんは売り切れだった


posted by まな兵衛 at 11:44| 沖縄 ☁| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

外来の猪が離島で急増

外来の猪が離島で急増
ウミガメも被害 えさ求め、海を渡って離島で生息域拡大か

イノシシ被害.jpg ・国定公園の慶良間諸島で外来種ニホン
  イノシシが繁殖。被害拡大

・農作物やウミガメの卵が食害に遭い、
  耕作をやめた農家も出ている

・県は2021年度から大量駆除を目指す。
  専門家「早急に対策を」

 国立公園に指定され、5日で満5年を迎えた慶良間諸島。2003年以前に渡嘉敷島へ持ち込まれた外来種のニホンイノシシが、14年から座間味島や阿嘉、慶留間島にも生息域を急速に広げている。農作物やウミガメの卵の被害も激しくなっており、住民からは対策を求める声が上がる。識者は「外来種の安易な持ち込みは島独自の生態系のかく乱につながる」と早急な対策を訴える。

 渡嘉敷村で最初にイノシシが捕獲されたのは03年ごろ。住民が食用として九州から雄1頭と雌2頭を持ち込み、逃げ出した個体が繁殖したものとみられている。村は11年に「村鳥獣被害対策協議会」を立ち上げ、駆除に乗り出した。 箱わなを仕掛けて年間約100頭ほどを捕獲し、これまでに約700頭を駆除してきた。だが、村担当者は「イノシシは毎年4頭前後を出産するなど繁殖力が高い。肌感覚では、生息数は逆に増えている」という。

        イノシシの食害

 座間味村の外地島では14年3月ごろに初めて1頭が捕獲された。村担当者は「新たなえさ場を求めて渡嘉敷島から渡ってきた」とみる。17年からは座間味島の畑でジャガイモやサツマイモが食害に遭うように。これまでに少なくとも20人以上の農家から被害の報告が寄せられており、耕作をやめた農家も出ている。

 18年9月には、座間味島北西にあるウミガメの産卵地として有名な「ニタ浜」で、アオウミガメの卵が食い荒らされているのが発見された。すり鉢状の穴の周囲に卵の殻が散乱していたという。村も17年から箱わなを仕掛けているが、初年度の駆除数は2頭、18年度は7頭にとどまり、十分な効果は上げていない。

 2月初旬にネギ畑を荒らされたという座間味区の梅田昇さん(89)は「畑のそばにあるシークヮーサーの根っこもやられた。今年は花が咲かないんじゃないか」と不安をのぞかせる。阿真区の中村正男さん(76)は、昨年の冬に自前でフェンスを巡らしたといい「費用がかかって大変」と顔を曇らせた。

        広がる被害

 座間味村は17年12月、県に対策を要請した。県は有識者らでつくる鳥獣捕獲事業検討委員会を立ち上げ、両村で根絶に向けた効果的な駆除方法の検討を開始。18年7月から11月にかけて同諸島の10島を調査した結果、渡嘉敷、儀志布、座間味、阿嘉、慶留間の5島でイノシシの痕跡が確認された。

 県の担当者は「渡嘉敷だけでなく、座間味島でも全域で痕跡が見つかったことに驚いている。このままだと他の島にも広がりかねない」と危機感を募らせる。県は19年度〜20年度で村内のハンターの育成や捕獲手法を確立し、21年度から集中的に大量捕獲を目指すとしているが、「全国的にも根絶の事例はなく、難しい事業になるだろう」と厳しい見通しを示す。

   沖縄国際大の宮城邦治名誉教授(動物生態学)は「住民や観光客への被害も想定される。遅きに失した感はあるが、県や村は早急に対策に取り組むべきだ」と指摘する。
(3/7 沖縄タイムス)



【酔戯言】☂☁☂(/☂) 17/20℃:39mm 夜来の雨が終日降ったりやんだり 雨が降るとBSが受信できない

 AMルーチンの沖縄ブログをアップし終わってから 昼食後はライフワークのHP制作やメンテ 晩酌はNHKのニュースを見ながらチビチビ タマに6時からBSで質の良い番組を観る 今日はBS4で「イタリアの小さな村」だったが雨で視られず

 今夜は7時のニュースを視ずETVでモナリザの秘密を視た そしてこのヨッパライのたわごとを打ち込んで このあとNスペの東北大震災から立ち上がったドキュメンタリーを視る予定 夜は酒が入るので寝るまでの付け足し時間だ


ラベル:外来の猪 離島
posted by まな兵衛 at 11:32| 沖縄 ☁| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月08日

番犬ならぬ「番猫」

番犬ならぬ「番猫」
ネズミからヤギ舎守る
メェ〜≠ネち、ニャ≠ゥよし(毎日、仲良し)



 沖縄県南城市玉城の農業生産法人「大地」が運営する糸数カプラファームには、ネズミからヤギ舎を守る番犬ならぬ“番猫”たちがいる。ネズミ取りのために飼われた5匹の猫とファームで育てられているヤギが、仲良く遊んだり、牧草の上でまったり休んだりする姿が見る人を和ませている。

 大地は、南城市産のハーブを飼料に混ぜて育てたヤギ「南城ハーブ山羊」を飼育・生産し、精肉や加工肉を販売する。南城ハーブ山羊は独特の臭みが少ないと注目を集めている。

 一方、ファームではヤギの飼料を狙ってネズミがヤギ舎にたびたび侵入する事案が問題になっていた。「ヤギはネズミを追い返すことができない」と取締役の嶺井良一さんらも手をこまねいていた。そこで一役買ったのが猫だ。昨年譲り受けた猫をヤギ舎で飼ったところ、ネズミが1匹もいなくなったという。

 嶺井さんは「捕まえたぞと私に見せに来る。今では猫がいるからネズミが寄ってこない。助かっているよ」と番猫の“仕事”を評価した。
(3/7 琉球新報)




【酔戯言】(☂/)☂☁|☂ 15/19℃ 平年気温を1℃ほど下回り 2月中旬の寒さに加えて湿気が充満

 「番犬」は人の侵入を防ぐためだが 『番猫』はネズミの侵入を防ぐ だけど防犯や害獣の防御には犬のほうが適している 嗅覚と行動力に攻撃力に勝っている 牧羊犬や狩猟犬などがその例だ

 沖縄の小さな離島ではイノシシの被害がニュースになった 近隣の島から泳いで渡ってきて繁殖してるという イノシシや鹿に野猿などの駆除にも犬が活躍しているらしい 犬と猫のどちらが人の役に立ってるんだろう

 犬は警察犬や麻薬犬などでも活躍しているが 盲導犬やアルプスの少女「ハイジ」の 雪山で遭難を発見する救助犬などもいる チロルの吹奏楽祭では山間の町村のバンドがパレードするが 先頭は救助犬の首に結びつけれれた リキュール? の樽を持った女性が先導している

 幼いときから先年まで70有余年の約半分は 数多くの犬や猫が身の回りにいた しかし、人に比べ身近な動物の命は短く数え切れないほど 彼/彼女たちの死を見てきた 老衰/病死/事故死/行方不明・・・ ヒトもおなじだなぁ


posted by まな兵衛 at 11:15| 沖縄 ☔| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

ニンガチカジマーイ

ニンガチカジマーイ
春の沖縄に吹く突風「二月風回り」に注意を! 海保が呼び掛け

ニンガチカジマーイ.jpg
(画像はウェザーニュース)

 第11管区海上保安本部は2月27日、沖縄地方で旧暦2月(3月7日〜4月4日)ごろに吹く突風「ニンガチカジマーイ」(二月風回り)への注意を呼び掛けた。

 二月風回りは、台湾付近で発生した低気圧が前線を伴いながら急速に発達し、沖縄地方を通過する際に発生。南風から急激に強い北風に変わる。2007年4月、読谷村残波岬や恩納村瀬良垣の海岸で潮干狩り中の3人が高波にさらわれ死亡する事故も発生した。
(3/6 沖縄タイムス)

 「二月風回り」にご注意を! 海保が呼び掛け




【酔戯言】☁☁☁ 17/20℃ ホゞ平年並みのウスら寒い1日 今日から旧暦の2月で島言葉でニンガチ カジ(風)マーイ(まわり)のシーズンだが 今日は最高で15mの風だったが ほとんど北風のいわゆるミーニシだった

 本文記事の沖縄海保はニンガチカジマーイに伴なう イノー(礁湖)の干満と風回りも注意を呼びかけていた 干潮時にリーフで浜遊びをしていて夢中になり 満潮時に風向きが急変し潮が急に満ちてくるので注意!

 新暦4月7日の「ハマウリ(浜下り)は旧3月3日で ニンガチカジマーイの余波があるという そこで3/4月の干満時刻を「イノーカレンダー」として発表した これは別稿でくわしく取り上げる予定です


posted by まな兵衛 at 11:41| 沖縄 ☁| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月06日

啓蟄 蟄虫啓戸
虫や動物が冬ごもりを終える頃

啓蟄.jpg

 6日は、二十四節気「啓蟄(けいちつ)」、七十二候「蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)」。今回の二十四節気と七十二候を見ると、同じような漢字が並んでいますね。ふりがながないとなかなか読めないこの漢字たちには、一体どんなメッセージがこめられているのでしょうか。

 二十四節気「啓蟄」の「啓」には開くという意味があり、「蟄」は隠れる、閉じこもるという意味があります。そして七十二候の「蟄虫」は、地中で越冬する虫や動物のことを指しています。どちらも、土の中で冬ごもりをしていた虫や動物たちが、暖かさを感じて外に出てくる時期ということを伝えています。

 実は今回の七十二候「蟄虫啓戸」は、秋分の次候「蟄虫坏戸」と対になっています。いつになったら動物たちが現れるのか、また姿を消してしまうのかなど、暦の中では動植物が今の季節にどういう行動をとるのか、ということが重要視されているようですね。

 長文の記事はこちらから
(3/6 ウェザーニュース)




【酔戯言】(☂/)☂☁☁ 20/23℃:96/71%:47mm 朝に久々の強い☂ 昼前に止んで23℃まで上がったが96% 風も18mで体感はウスら寒むく 蟄居の独老にとっては虫のごとく戸を開けない

 啓蟄から春分の彼岸まで2週間 暑さ寒さも彼岸までというように 三寒四温の繰り返しで徐々に気温が上がってくる 弥生3月に入って週間平均気温が 15/20℃から16/21℃に上がってきた

 今冬は暖冬で常に平均気温を3〜5℃も上回っていて 寒さより暖かさを感じた冬だった さぁ、お水取りまでもう少しで春本番だ 沖縄では二十四節気や七十二候 お水取りなどの季節の移ろいは希薄だが・・・


posted by まな兵衛 at 11:21| 沖縄 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

宮古島の桜に異変?!
宮古島のヒカンザクラ なかなか満開ならず

宮古サクラ悲観.jpg

 沖縄の宮古島では、1月7日にヒカンザクラの開花が観測されましたが、2か月近く経っても満開になっていません。3月に入ったというのに、沖縄の宮古島ではヒカンザクラの標本木が満開になっていません。気象台にある標本木で開花を観測したのは1月7日で、平年より9日早い開花でした。

 本州のソメイヨシノは開花から1週間前後で満開を迎えますが、ヒカンザクラは比較的ゆっくりと咲き揃い、開花から満開まで2〜3週間かかります。宮古島のヒカンザクラは平年で24日程度かかり、満開日の平年は2月5日です。今年は開花からすでに2か月近く経っています。

 宮古島地方気象台の方にお話を伺ったところ、先週の段階で花が咲いていたのは6割程度で、満開の基準となる8割以上に達していないとのことでした。蕾が残る一方で、葉も出ている状態だそうです。花が咲き揃わない原因は、気象台の方も分からないとのことです。

 ※桜の満開日とは、標本木で約80%以上のつぼみが開いた状態の最初の日のことです。観測の対象は主にソメイヨシノですが、沖縄ではヒカンザクラを対象としています。

 この冬の沖縄は記録的な暖冬でした。沖縄は12月から2月にかけて暖かい空気に覆われやすく、平均気温は平年よりかなり高い状態が続きました。宮古島では12月4日に最高気温が28度8分と、12月としては1938年の統計開始以来最も高くなり、2日後の6日にも28度1分と12月3位の記録に。2月中旬にも2日連続で27度台まで気温が上がり、記録的な高温となりました。
(3/4 tenki.jp)




【酔戯言】☀☀☀ 16/23℃ 1ヶ月ぶりに湿度が40%台とカラリ! それっと1週間ぶりに掃除機をかけた

 高温多湿の亜熱帯といわれる沖縄だが 意外と温度は真夏でも酷暑日はめったにない しかし、季節を問わず多湿の湿潤で真冬でも湿度が50%を切ることが少ない 加えて紫外線が強くて脳天を直撃する

 だから先日には万座で海開きがあったが みんなシャツを着込んで裸で泳がない 沖縄のビーチで裸で泳いでいるのは本土人だけ ウチナンチュは紫外線対策で泳がないで ビーチパラソルの下でノンビリ


posted by まな兵衛 at 10:58| 沖縄 ☀| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月04日

早や 海開き

早や 海開き
万座ビーチで海開き 那覇で26度、波照間島は28度の陽気

海開き.jpg

 午前11時の安全祈願祭とオープニングセレモニーは雨に見舞われたが、天気は回復。子どもたちや観光客は、トランポリンや滑り台など無料で開放された海上アトラクション「万座オーシャンパーク」を満喫。小さな子どもを連れた家族は、波打ち際で水遊びを楽しんでいた。

 沖縄市から家族で訪れた越来小3年の知念彪(たける)さん(9)は「アトラクションは揺れて、ちょっと怖いけど楽しい。ことしは10回は海で泳ぎたい」と笑顔。父親の高利さん(37)は「家族一緒の海は楽しいですね」と話した。

 気象台によると3日の沖縄地方は、各地で4月下旬から5月中旬並みの陽気となっている。八重山郡竹富町で波照間で28.4度、宮古島市で27度台、那覇市でも26.4度を観測している。
(3/3 沖縄タイムス)




【酔戯言】☀☀☀ 21/17℃ 日付が変わったころが最高気温 日中は☀なのに気温が下がり続け 先ほど17℃を切った お昼にコンビニにでかけたが 風が10m近くあって体感は10℃と寒い一日だった

 昨日の日曜日は夏日で万座ビーチ海開きは大正解 明くる今日は風が強くうすら寒くてビーチは閑散? まぁ、三寒四温で暑さ寒さも彼岸まで 寒い日もあるけど暖かさが増してくる 間もなく啓蟄で虫も這い出す季節になった


ラベル:海開き
posted by まな兵衛 at 11:27| 沖縄 ☁| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月03日

ブーゲンビレア100万輪

ブーゲンビレア鮮やか100万輪
高さ8メートルのタワー 東南植物楽園

ブーゲン.jpg

 日本最大級100輪のブーゲンビレア」をキャッチフレーズに「おきなわブーゲンフェア」が3月2日から4月7日まで沖縄市の東南植物楽園で開かれる。

 赤や白、ピンク、オレンジなど色とりどりの約600鉢を使った高さ8メートル、幅11メートルの特大ブーゲンタワーが昨年に続いてお目見え。午後5時からはライトアップされ、幻想的な景色を演出する。

 お気に入りの一枚をエントリーするフォトコンテストでは高さ2メートルほどの造花のブーゲンリースなど多くのスポットが用意される。アクセサリー作りなど体験プログラムもある。植物ガイドによるピクニックツアー(500円)は育て方など豆知識が紹介され、参加者にはミニスイーツがプレゼントされる。

 広報担当の新垣翔子さんは「日本最大級のブーゲンタワーはここでしか見ることができない。春を楽しみながら園内を巡って植物を楽しんでほしい」と話す。
(3/2 沖縄タイムス)




【酔戯言】☂☀☀(/☂) 19/27℃:6mm 朝夕にシャワー 日中は快晴の夏日で窓全開

 ブーゲンビリアもハイビスカスも 沖縄では真冬でも咲いているありふれた花だが どちらもカタカナ名前が示すとおり 沖縄/南西諸島の固有種でなく熱帯/亜熱帯性で 九州南部が北限の栽培種だそうだ

 しかし、本土からの来沖者にとって空の青さ海の碧さ そして花々の紅さが亜熱帯の沖縄を印象づける なんといっても今日も夏日の沖縄では海開きもあり 半袖で過ごせる爽やかさは応えられないだろう


posted by まな兵衛 at 11:03| 沖縄 ☀| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月02日

ピンクのセイシカ

ピンクのセイシカ
清楚なピンクの花開く 陽気に誘われたセイシカ

セイシカ.jpg

 石垣島と西表島だけに自生するセイシカの花がほころび始めた。

 ツツジ科の常緑低木で、通常3月下旬から開花するが、このところの陽気に誘われてか、約1カ月早く花をつけた。

 石垣市のバンナ公園セイシカの園では、淡いピンク色の花が数輪咲いている。ツツジのような華やかさと違って、清楚な雰囲気が漂う。

 高さ2b余りの木々にはつぼみがびっしり。草刈り作業の男性は「いつもより開花が早い。3月には満開するのでは」と話した。

 今年は1月から気温が高い日が多い。その影響からか初夏に開花するゲットウやデイゴも例年より1〜2カ月早く咲き出している。
(3/1 八重山日報)




【酔戯言】☀☀☀(/☂) 28/25℃ 7mm 夕方から雲が出てきて今夜から未明まで☂の予報

 昨夜は那覇市亜熱帯庭園都市構想で 「壺屋ふれあい広場」の説明会に行ってきた なんと広場はワガ部屋の真ん前なのだ 先日から予備工事が始まっているが どんな広場になるかの説明会だった

 配布された平面図ではやちむん通り側にガジュマルを植え 円形ベンチで取り囲む 奥側の左右にシマサルスベリを2本 北のやちむん通りと西の道路側はオープンで 南と東の民家側に赤瓦の擁壁ができるらしい

 質疑応答では弊害の指摘も出たが私は賛成 眼の前に緑の広場ができ民家も隠れる 同じ広場はやちむん通り西入口の 陶芸センター前にもできているが ゴミの山というので掃除をしてやるよと云った


posted by まな兵衛 at 11:25| 沖縄 ☀| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月01日

そうもくめばえいずる

草木萠動
【七十二候】(そうもくめばえいずる)
芽吹き始めた草木の彩りから春を感じる


top

1日からは「草木萠動(そうもくめばえいずる)」
暖かな春の訪れもそう遠くはなさそうです

そこで今回は、春の訪れを感じさせる草花と日本の色のコラボレーションを;

(2019/03/01 06:29 ウェザーニュース



【酔戯言】☁|☀☀ 19/23℃ 弥生三月初 今日も平年より3〜4℃も高く 穏やかで春めいた一日

 この冬は暖かった 昨日で尽きた如月二月は冬の1番寒い時期だが 今年は天候不順(☀:9/☁:9/☂:10日)ながら 最高気温の平均は23℃で最低気温も15℃だった 最も冷え込んだ日でも11℃で今冬は一度も10℃を割り込んでいない

 過去には16年1月に6℃まで冷え込んこともあった 今日、気象庁が発表した今冬の気象統計では 「沖縄、観測史上最も暑い冬に 石垣島では21度超えも(朝日新聞)」と  那覇は19.5℃、最も高かった石垣島は21.3℃で 平年を1.9℃も上回わった

今冬気象表.jpg

 おかげさまでダウンジャケットの出番もなく エアコンの暖房も最小限度で済み電気代が大助かりだった (本日よりこの「酔っぱらいのたわごと」を 関西弁をやめ標準語? に戻しました 読みづらくて失礼しました)


posted by まな兵衛 at 14:43| 沖縄 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

キザハコーヒー

喜如嘉の「キザハコーヒー」
栽培から焙煎まで行う山本大五郎さんが抱く夢

もらった2本の苗からの挑戦

 大宜味村喜如嘉の集落の中にある小さなコーヒー農園でコーヒーを栽培しているKIZAHA COFFEE(キザハコーヒー)の山本大五郎さん。 一人で栽培から焙煎(ばいせん)までを行っている。知人から譲り受けた2本のコーヒーの苗をきっかけに、苗を増やし、約5年前に喜如嘉の畑に定植。 少量ながら収穫ができるようになった。コーヒーの花が咲くように願いながらコーヒー栽培に奮闘する。

山と海に囲まれた大宜味村喜如嘉
自然豊かなこの地域で一人コーヒー作りに取り組む

天日乾燥中のコーヒーの実。乾燥した後
種子を取り出し生豆にする

 赤道を挟んで南北の緯度25度以内の「コーヒーベルト」と呼ばれる地域が、コーヒー栽培に適している地帯といわれる。 その北限に位置する沖縄県では、収穫量は少ないが、これまでもコーヒー栽培が行われてきた。

 アグー豚を育てていた山本さんがコーヒー栽培を始めたのは十数年以上前にさかのぼる。きっかけは知人にもらった2本のコーヒーの苗だ。 コーヒーが好きだったということもあり「自分で育てたコーヒーが味わえたら」と趣味のつもりで自宅の庭にその苗を植えた。 そのうちに苗が育ち、花が咲き、果実が実り始め、その種からまた苗を増やしていった。

 「発芽して双葉が出てくるのがかわいくて、苗を増やそうと思った」と山本さんは振り返る。 2〜3年かけて苗を増やし、約5年前に喜如嘉の畑に植え付けを始めた。


約400本の木を栽培

 「コーヒーの苗は借りられる畑に植えている」と山本さんが言う通り、栽培面積を徐々に増やしていき、 現在は約400本のコーヒーの木を3カ所の畑に分けて栽培している。総面積は、約1000坪に上る。

 コーヒーの実は収穫できるまでに、約5年かかる。それまでは、育つかどうかも分からなかった。 台風も大敵だ。畑に定植して5年が経った今、安定した供給はまだできていないが、少量ながらコーヒーを収穫できるようになった。 喜如嘉の静かな森の中にある山本さんのコーヒー畑は、川などからも近く、湿度も高い。「コーヒーはすごく水分を要求するので、意外と環境が適している」と話す。

 実店舗は持たず、イベントなどで出店を行っている山本さん。自身で栽培したコーヒーのほか、 途上国の生産者の自立を支援するために公正に取り引きされた「フェアトレード」のコーヒー豆を使用し、自家焙煎したコーヒー豆をハンドドリップで入れて提供している。


自宅で育てたコーヒーの苗


苗を畑に定植した時の写真
今年の開花 心待ちに

コーヒーの花。沖縄では梅雨の時季を中心に開花する

 山本さんが育てるコーヒーは、通常3〜6月に開花、12月ぐらいから実が熟し始める。収穫時期は12月から次の開花前の3月ごろまで続く。 ほぼ毎日様子を見ながら、完熟した実を手摘みで収穫している。昨年は取りきれないぐらい実がなったというが、今年は少ないという。 「昨年と比べると収穫は1割程度かもしれないと絶望の淵だったが、実が熟し、緑から赤に色づくと思ったよりも確認できた」と安堵(あんど)した様子だ。

 今年、多くの花が咲き、実になり、来年には収穫量が増えればと期待する山本さん。自らの育てるコーヒーを沖縄の特産品にしたいという気負いはない。 ただ、しっかり管理して育て、仕事として続けられるようにコーヒー畑が残ってくれればと期待を込める。コーヒーの白い花が咲き誇ることを夢見ながら、今日も地道に栽培を続ける。


すっきりとした味わいの新鮮なコーヒー。キザハコーヒーのロゴは喜如嘉をイメージしたデザイ
海や山、「ぶながや」(木の精霊)などが描かれている。キザハとは喜如嘉の古い呼び名

"KIZAHA COFFEE"
☎090-7475-5266
https://kizaha.exblog.jp/
※農園見学不可【出店情報】
・第3回ハチウクシー展(今帰仁村)
2月8日(金)〜11日(月)
・繁多川豆取祭in喜如嘉(大宜味村)
3月2日(土)
・沖縄コーヒーフェスティバル(宜野座村)
3月9日(土)・10日(日)
・香祭(カバーサイ)(名護市)3月24日(日)

(2/1 琉球新報Style)



【酔戯言】(☂/)☁☁☂ 20/25℃:9mm 2月の最後の日は未明から☂ 午後も☂で生暖かく如月尽

 沖縄でコーヒーを栽培してるという話は聞いたことがあったけど 沖縄がコーヒーの北限とは知らんかったなぁ しやから大規模なコーヒー農場はなかったんやろ 本場に比べて北限/南限は生育も悪く味はどうなんかいなぁ

 ぼくは家庭を持ったときから家内ともどもコーヒーが好きやた インスタントをやめレギュラーコーヒーに切り替えた 買い出し役はぼくで大阪市内の勤務先からの帰路に あっちこっちのコーヒー豆屋さんで仕入れて帰ったんや

 あらゆる品種をストレートで試したし ブレンドの比率もメモって凝りにコッタけど  最後に行き着いたんはキリマンジャロやった それもストレートの薫り高い爽やかな酸味に落ち着いたんやなぁ

 次はどの店のキリマンがえゝかと探しまくった 阪神/阪急のデパ地下や梅田の専門店を彷徨 結論は大阪駅前地下街の全国名産土産物街にあった 小さな狭いキーコーヒー直売店にとどめを指したんや

 いまでこそキーコーはUCCに並ぶコーヒーブランドやけど 50年前は梅田の地下通路に1坪の店しかなかったなぁ 知る人ど知る焙煎鮮度の香り豊かな豆は とくにキリマンの豊かな香りと酸味が絶品やったなぁ

posted by まな兵衛 at 12:31| 沖縄 ☔| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

さくらスゥーブ(勝負)

うちのピンクが1番さー
名護のの集落で「さくら勝負」 樹齢55年のカンヒザクラ優勝

桜勝負.jpg
優勝した屋部やすこさん宅のカンヒザクラ

 「我がムラぬ、我が家の桜が1番」をキャッチフレーズに名護市東江区(津波一夫区長)で第3回「東江さくらスゥーブ(勝負)」(同実行委員会主催)が開かれた。

 優勝には樹齢約55年で高さ約6メートル、枝幅5メートル、根元から1メートル上の幹回り約80センチで鮮やかなピンクの花を咲かせた屋部やすこさん(93)宅のカンヒザクラが輝いた。
 スゥーブは桜の「樹齢」「咲きっぷり」「咲いている期間」などを基準に、1月20日から2月10日の間に同実行委員会が区内のカンヒザクラを3回訪れ審査した。

 審査員の岸本林市文化財保存調査委員長は「過去1、2回は『桜名木』を認定することもあったが今年は昨年の台風の影響で見応えが足りなかったので認定を控えた」と説明した。

 津波区長は「思うように咲かなかったり、早めの落花で葉桜になった中、屋部さんの桜は今日まで持ちこたえていた」と評価した。

 特別賞は比嘉初子さん(73)が20年前と18年前、孫2人の誕生記念に植えた2本の「姉妹桜」が受賞。最も早く咲いた「いちばん桜」は同区のナーカ一門が管理の桜だった。

 10日、同区公民館であった表彰式で、やすこさんの代理で賞状を受け取った長男・幹男さん(68)は「優勝は光栄。スゥーブは今後も盛り上がってほしい」と笑顔で話した。
(2/24 沖縄タイムス)



【酔戯言】☀☀☀ 18/25℃ ほゞ快晴の一日 4月下旬並みというから 梅雨入り前の初夏の気候

 桜にはいく種類も品種があるらしいけど 代表的なんはもちろん染井吉野にとどめを指すなぁ ただ単にサクラといえば染井吉野やけど 早咲きのサクラで日本で一番早く咲くのが 沖縄の緋寒桜で12月に開花なんてニュースもあったなぁ

 沖縄の緋寒桜はもう終りに近いけど いま満開を迎えてるのは河津桜やな ニュース映像や画像で見ると素晴らしいなぁ 緋寒桜より鮮やかで伊豆では約1000本もの桜並木は 映像*画像で見る限り緋寒桜の比やないなぁ

 お次に控えしははもちろん染井吉野にとどめ しやけどまともに花見をした記憶がないんや 関西に70年も住んでたけど吉野の千本桜も見てない 花見は造幣局と御室の八重桜が花色と厚みで圧巻やなぁ


posted by まな兵衛 at 11:13| 沖縄 ☀| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

デイゴ咲き春の到来

デイゴ咲き春の到来
鮮やかに咲きはじめ 宮古島に春の到来告げる

デイゴ.jpg

 早くも冬の終わりを感じさせるような温かい日が多くなってきたこの頃、 宮古市内各地でデイゴの花が咲き始めている。 今はようやく数輪がほころび出したところだが、 沖縄に春の到来を知らせる赤い花が顔を見せている。

 数日ぶりに晴れ間が顔をのぞかせた25日、 市伊良部島の公園沿いに植えられたデイゴの木では、 青空を背に陽光を浴びながら色鮮やかに咲き誇る姿が見られた。

 き  県花デイゴはマメ科の落葉高木。 インドやマレー半島が原産で日本では沖縄が北限とされており、 春から初夏、 旧暦の2月から3月に開花時季を迎えるとされている。

 沖縄ではよく、 「デイゴがたくさん咲く年は台風が多く来る」 などと言われている。 同日までに、 すでに台風2号までが発生しているが、 今年はどうなるのだろうか。
(2/26 宮古新報)




【酔戯言】☁☀☀ 19/23℃ 春めいた温暖な一日 まだ1週間は平年(15/20℃)より 暖かい日が続くらしい

 デイゴは県花らしいんやけど身近には咲いてない いま桜が満開の与儀公園には2〜30本あるけど デイゴも桜も人工的に植えられたんや 沖縄が北限というデイゴやけど 自然林が群生して咲いてると聞いたことないなぁ

 与儀公園のデイゴも花のシーズンでもまばら咲き それも1本の木に満艦飾に咲いてるのんは見たことない 常緑でのうて落葉高木なんで葉を落としてるときなんかデクの棒やなぁ 南国の木々は常緑で年中青々してんのんがえゝなぁ


ラベル:デイゴ 宮古島
posted by まな兵衛 at 11:06| 沖縄 ☔| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

「歌声の響」

ダンジュカリユシ
「歌声の響」天皇作詞 皇后作曲

ダンジュカリユシ.jpg

 「歌声の響」が生まれるきっかけは、両陛下が皇太子ご夫妻時代の1975(昭和50)年、沖縄を初めて訪問された時のご体験だ。

 ひめゆりの塔をはじめ幾つもの慰霊塔に祈りをささげられた後、両陛下は名護市屋我地島の国立ハンセン病療養所「愛楽園」(現在の国立療養所沖縄愛楽園)を訪ね、在園者一人ひとりに温かい言葉を掛けられた。

 両陛下がお帰りの際、在園者たちの感謝を込めた合唱が湧き起こった。それが沖縄の船出歌「だんじょかれよし」だ。「だんじょかれよし」はお祝いや旅立ちの歌に使われる言葉で、「誠にめでたい」を意味する。

 天皇陛下はこの時の印象を沖縄周辺の島々に伝わる「琉歌」という形式で詠まれ、愛楽園の「でいご琉歌会」に贈られた。陛下の琉歌は「『だんじょかれよし』の歌声の響きと、それを歌って見送ってくれた人たちの笑顔が今も懐かしく心に残っています」という意味になる。

 琉歌はそう簡単に詠めるものではない。陛下は沖縄の本土復帰に当たって、沖縄文化を学ばれた。「沖縄の人々を迎える本土の人々にとって、沖縄の歴史と文化を理解することが大切だと考えた」からだ。

                 陛下の勧めで、皇后さま作曲

 「この歌のための特別な曲があればよいのになあ…」

 陛下の琉歌を沖縄民謡の節に乗せて歌うようになった在園者の中から、こんな声が上がった。人づてに関係者の希望をお知りになった陛下は、音楽に親しまれている皇后美智子さまに作曲を勧められた。

 ピアノなどを弾かれていた皇后さまだが、作曲の経験はなかった。しかし、天皇陛下のお気持ちをくみ、作曲に取り組まれた。出来上がった旋律に作曲家の故山本直純氏が伴奏や前奏などを付け、楽譜にまとめた。山本氏はその際、「これに2番の歌詞があれば」と考えた。

 山本氏の求めに応じた陛下は、2番目に当たる琉歌を作られた。

 「だんじよかれよしの歌や湧き上がたん ゆうな咲きゆる島肝に残て」
(「だんじょかれよし」の歌が湧き上がった、あのユウナの咲く島が今も懐かしく心に残っています)

 沖縄の人たちが「ユウナ」と呼ぶ花は、潮風に強く波打ち際でも咲く「オオハマボウ」だ。両陛下が愛楽園を訪問された時、このユウナが納骨堂の脇に咲いていた。 (2/25 時事ドットコム)




【酔戯言】(☂/)☁☁☁|☀ 17/23℃ 深夜に☂ 朝のうち道路が濡れていた 一日中湿気が充満

 県民投票も天皇在位祝典も関心なしで 電子ニュースでタイトルをナナメ読みやった どちらも当ブログのネタにはなれへん と、思ってたが天皇の在位30年記念式典で 天皇が作詞した琉歌に皇后が作曲された歌曲を 沖縄出身の名も知らぬ歌手が歌ったという 副見出しがネットのニュースで目に入ったんや

 それで記事を読んだんやけど感動したなぁ 天皇が皇太子時代にはじめて来沖したとき 隔離療養所を訪問した折の印象を 「島言葉」で琉歌を詠んだ それを皇后が節を作曲した曲やという このエピソードは初耳やったし 詠んだきっかけが別れ際に入所者らの間から 期せずして沸き起こった「ダンジュカリユシ」やった!

 単純に涙もろいボクは感動してブログに載っけたんや この曲をクラシックの歌手が歌ったCDも聴いたし ダンジュカリユシもYouTubeで視たけど それらをリンクせんと端折って記事だけにした 天皇の皇太子時代に沖縄で福祉施設を訪れ その印象を島言葉で琉歌を詠んという だけで単純に感動したなぁ

 シーブン(付け足):現天皇(皇太子)の成婚記念パレードに 高校を卒業し東京のデザイン学校に行くまでの間に 高校ブラバンのOBとして無理やり割り込んで 御堂筋をパレードしたを思い出した まともにパレードをしたことなんか 高校時代を通じてはじめての経験やった 20人足らずの高校ブラバンで学生服やったなぁ・・・




posted by まな兵衛 at 12:51| 沖縄 ☁| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

二十日正月はジュリ馬

ハチカソーグヮチ
二十日正月という正月の祝い納めをする伝統があり
その日、那覇市の辻町一帯で「ジュリ馬行列祭り」がある



 二十日正月。旧暦の正月二十日。この日を正月の最後の祝日として簡単なごちそうを作り、一日を遊び暮らした。またこの日に『ジュリゥンマ(尾類馬)』の行事が行われた。

 遊郭の祭りの名。旧暦1月20日に辻町で行われたハチカソーグヮチー(二十日正月)の豊年祈願祭。各楼から選ばれたジュリ zuri(遊女)たちが、馬の頭をかたどった板を前帯に挟み、美しい装いで列をなして遊廓内を踊り歩いた。
(沖縄言語研究センター)

ジュリウマ3.jpg
←沖縄CLIPさんより  ↑ あまくま日記さんより



【酔戯言】☂☁|☂(/☂)17/21℃:25mm どんよりしとしとうっとうしい モチベーションいまいち

 旧遊郭街の「辻」は晴歩シリーズで波の上の帰路に訪れた そこはソープ街で日中は閑散としてたなぁ 旧遊郭を偲ばせる遺構も風情も残ってなかった 廃藩置県までは士族しか出入りできなかったという 格式の高さは想像の埒外やった

 江戸の吉原や京の島原のように花魁が華やかやったんと違うけど ジュリたちはいまの京都の芸舞妓のように歌舞音曲を身につけ 首里士族に対応できる琉歌も詠んだんやて 琉球の庶民芸能は「辻」が担ったということやなぁ

 吉屋チルーという芸妓は琉歌詠みの名手といわれ 首里の士族も辻のチルーに弟子入りしたとか かのウルトラマンシリーズで特撮監督を努めた金城哲夫が 円谷プロ退職後に帰沖し制作した「吉屋チルー物語」が物悲しいなぁ






posted by まな兵衛 at 12:26| 沖縄 ☁| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月23日

下地島空港通行禁止に

下地島空港 周回道路が通行禁止に
下地島空港「17END」道路が来月23日から車両通行止め

下地歯科空港.jpg 下地歯科空港道路.jpg
←クリック拡大可能(まな兵衛Google MyMaps)

 下地島空港管理事務所が20日、通称「17END(ワンセブンエンド)」と呼ばれ観光客に親しまれている同空港17側管理用通路(約2キロ)を3月23日から全面車両通行止めとすることを発表した。

 通行止めについて同事務所は、伊良部大橋開通後からレンタカーや大型観光バスの利用が急激に増加し「空港を管理する上で保安上の問題が出てきている」と理由を説明している。徒歩での進入は可能となっている。

 「17END」は、空港施設の点検や工事のために設置された管理用通路。一般開放されており、遠浅で青く美しい海が広がることからSNSなどで「インスタ映え」するとして、観光客に人気の場所となっている。

 一方で、レンタカーや観光バスの利用が急増したことで、混雑や事故、道路の劣化、空港のフェンスの損壊が発生するようになった。事態を受け同事務所は、3月30日の空港ターミナル開業も考慮し、全面車両通行止めを決めた。

 同事務所の担当者は「Uターン禁止や大型車両の一方通行など、さまざまな施策で対応したが、今後の旅客機運航に影響が出る懸念がある」と理解を求めている。20日には車両通行止めを周知する看板を設置した。3月23日午前7時から全面通行止めとなる。
(2/23 琉球新報)

                  下地島空港ウィキペディア



【酔戯言】☀☀☀ 17/20℃ 久々に終日の☀ それっと洗濯 窓全開で陽射しを楽しむ

 下地島には2回も行ったなぁ 2回ともお誘いがあって喜んでついていったんや 1回目は移住初年度の11年のこと 当初1ヶ月住んだゲストハウスから いま話題のレオパレスに引っ越してすぐ ゲストハウス仲間から「宮古島へ3,,800で行ける!」 よっしゃぁ載った〜で飛んでいったんや

 初日はレンタカーで宮古島を1周して平良のビジネスホテル 2日目にフェリーで伊良部島に渡って下地島へ 当時はまだ伊良部大橋は工事中やった 下地島は伊良部島の間に細い川のような海峡で短い橋が架かってたなぁ 下地島空港先端部の周回道路をぐるりと一周 なんと素晴らしく透明なリーフを堪能したなぁ

 2回目は3年前の病み上がりに長男から 「行けるかぁ?」と誘ってくれたんや 嫁と母親と甥が東京から直行 息子が那覇のわがが家に一泊して翌朝に宮古島へ 今回も宮古島一周して翌日に伊良部島へ 今回は先年開通した伊良部大橋経由やった 橋の真ん中で車を止めて欄干から真下の海峡は見ものやった

 下地島に渡るというより3秒で橋を通過 滑走路の先端をあっちこっちで車を止めて ノンビリと青い空と碧いリーフを眺めたり 訓練中の飛行機の離発着を見たりしたなぁ 前回は気の合った仲間らと今回は家族らと 素晴らしい沖縄離島の旅を楽しんだんや 気になった旅費は嫁のお母さんがスポンサーやったんやてぇ


posted by まな兵衛 at 13:06| 沖縄 ☁| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする