2017年04月30日

ヨナグニサンが羽化

ヨナグニサンが羽化
世界最大級のガのヨナグニサンが羽化

 与那国町の自然資料館・アヤミハビル館で13日、世界最大級のガのヨナグニサンが羽化し、来館者を喜ばせている。

 ヨナグニサンは県の指定天然記念物で、与那国島ではアヤミハビルの名で呼び親しまれている。アヤミハビル館では、県文化財課の許可を得て保護増殖に取り組み、展示や種の保存に役立てている

 同館専門員の杉本美華さんによると、羽化は昨年よりも2週間ほど遅かったという。13日に羽化した2個体はいずれも雌。空繭に静止させたまま生息地の森に移動させると、朝までに野生個体の雄が飛来し交尾に成功した。

 その後はアヤミハビル館の周辺に整備された遊歩道でも、羽化したばかりの野生個体が確認されている。例年よりも羽化が遅れていることで、今年はゴールデンウイークに島を訪れる観光客もアヤミハビルに出合うチャンスがありそうだ。

 杉本専門員は「無事に雌が羽化し、感動とともに安堵(あんど)した」と話した。この羽化以降に、島内の林道などで成虫を見掛けたという情報がアヤミハビル館にも寄せられるようになった。
(4/29 琉球新報)





【酔駄言】☀☀☀ 17>25>20℃/62>74>64%/0mm/55mh/24℃ : GW2日目も快晴だが終日PC

 余生のライフワークを見つけた。イギリスの運河を尋ねるヴァーチャル・トラベルだ。なんでイギリスや外国? まずネト上の情報量が非常に豊富で興味を掻き立ててくれる。それが行けなかった海外の風物を存分に見せてくれる。とくに画像が多く興味を満たしてくれるのがよい。

 今日の運河探訪はイギリス南西部のケーネット&エイボン運河を、端から端までG,Mapの航空写真で辿り閘門を視た。ネット上で見つけた107もの閘門のリストは、全閘門のリンクがあり解説と写真がある。主たる閘門はG.Mapで画像が見られ、著名な閘門はSt.Viewもサポートされている。

 それらの画像をクリップHPを作るつもりだ。これもネットで見つけた運河の一覧表には、7〜80もリストされていてその全てにリンクが貼られている。ということですべてを探訪し画像をクリップしHP化するには、余命が足りないかもしれない。まぁそれが余生のライフワークかも・・・


posted by まな兵衛 at 10:58| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

カツオのぼり悠々と

カツオのぼり悠々と泳ぐ
初夏の風物詩となったカツオのぼり、本部町


 今日からゴールデンウイーク(GW)が始まる。カツオ漁が始まった沖縄県本部町渡久地では27日から、初夏の風物詩「カツオのぼり」60匹が大空を悠々と泳ぎ、町民や観光客の目を楽しませている。

 本部町商工会青年部OB会(外間英治会長)がカツオ漁をPRしようと企画し、今年で16回目。GWの期間中掲揚される。

 5月4、5日にはカツオのぼりの見える渡久地港プロムナードで「第5回もとぶカツオのぼりまつり」(主催・同町商工会青年部)、町営市場では「まちぐゎーランタン夜市」(主催・市場通り会)のイベントも開催される。
(4/29 沖縄タイムス)





【酔駄言】☀☀☀ 16>23>20℃/56>64>62&/0mm/50mh/23℃ : GW初日は快晴



たま駅長wiki
たま駅長アルバム
貴志川線
貴志駅




posted by まな兵衛 at 11:06| 沖縄 | Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

那覇市歌 歌詞追加





【酔駄言】☁>☀☀☀ 18>23>18℃/76>64>58%/0mm/45mh/23℃ : 昼前から快晴だが気温上がらず、長ポロに夏ジャケットで病院へ。陽向は強烈な非常に強い紫外線で日陰伝い。与儀公園北隣りのスーパーでミニ助六198円を買い、公園の日陰のベンチでデイゴの花を愛でながら昼食し図書館へ。

14時に公園の南隣りの病院へチェックイン。今日は眼科の再診で先々週に受けた手術のチェック。OK! 網膜の孔やひきつれはレーザー照射成功。今後は眼圧を維持するための点眼薬を続け毎月ごとに経過観察する。なんとか東京オリンピックを健康な眼(体)力でテレビ桟敷幹線をしたいもんだ・・・


posted by まな兵衛 at 17:11| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

英離島看護師急募

英離島看護師急募
医師のいない離島が「看護師急募」、英スコットランド
フェリーなど限られた交通手段しかない離島勤務


 英北部スコットランドの沖に浮かぶ離島が、住民の健康管理を一手に担う看護師を募集している。フェア島の人口は鳥や羊の数よりはるかに少なく、わずか60人。人の住む島としては、スコットランドの最も辺境に位置する。島へ行くには8人乗りの小型機かフェリーに乗るしかないが、それも海が荒れれば何週間も欠航となる。医師は同諸島のメインランド島から3カ月ごとに訪れるだけだ。

 フェア島は有名なニット『フェア・アイル』の産地である。このフェア・アイルの手編みは、島の女性の重要な収入源である。島にはパブもレストランもないが、小学校が1校ある。11歳になったあと、子供たちはオークニー諸島の州都ラーウィックにある学校へ入学するため島を離れなければならない。

 看護師の求人は「チャレンジを求めている人へ」という言葉で始まっている。「医師のいない島で柔軟な働き方ができる、熱意と自主性を備えた専門家を探しています」と続く。24時間態勢の勤務が求められるため、通常の給与に加えて「離島手当て」が支払われるという。

 現在看護師を務めているエレナ・メラ・ロングさんは10年前からこの島に常駐し、教会のオルガン奏者やピアノ教師としても活躍してきた。ほかの住民と同様、編み物にも熱中している。

 英紙ガーディアンとのインタビューでは「そんな小さな島で1日中何をしているのかと聞かれるけど、島の人々はとても働き者。ひとときも退屈することはない。どこよりも住民の仲が良く、地域社会のお手本のような場所です」と話した。メラ・ロングさんは今後、夫の出身地であるルーマニアで看護師として働くことになったという。

 求人の締め切りは今月24日。希望者は履歴書とともに編み棒と、バードウォッチング用の双眼鏡を用意したほうがいいかもしれない。
(4/11 CNN)
フェア島





【酔駄言】☁(>☂>☁) 22>23>17℃/91>82>86%/0mm/4mm/23℃=注意 : 気温上がらず熱中症指数は注意

 沖縄ネタなくイギリスの話題。沖縄は離島が多く似たような話を時々聞く。フェア島とよく似た離島を探したが見つからなかった。あえていえば本島から遠く離れた八重山で、主島の石垣からも遠い波照間島か? しかし人口も多く診療所もあるので当てはまらない。


posted by まな兵衛 at 14:05| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

暑さ指数早めに公表

暑さ指数早めに公表
熱中症予防サイト、H29年度「暑さ指数」公表スタート


今日は沖縄:厳重警戒 大阪:安全 東京:注意

 環境省は4月20日、Webサイト「熱中症予防情報サイト」内で、平成29年度の暑さ指数(WBGT)の情報提供を開始した。実施期間は9月29日まで。昨年(2016年)は5月13日に情報提供をスタートしたが、今年は約3週間前倒しの公開となった。暑さ指数の予測値や実測値を配信するメール配信サービスも開始された。

 暑さ指数(WBGT:Wet Bulb Globe Temperature、湿球黒球温度)とは、熱中症の予防を目的に、1954年にアメリカで提案された指標。気温と異なり、暑さ指数は湿度、熱環境、気温の3つの指標を取り入れ、人体と外気の熱のやりとり(熱収支)に着目している。環境省によると、暑さ指数における温度基準は、25度未満が「注意」、25度以上〜28度未満が「警戒」、28度以上〜31度未満が「厳重警戒」、31度以上が「危険」を示す。
(4/25 リセマム)


◆環境省 熱中症予防情報サイト






【酔駄言】☁>☁>☁ 23>26>23℃/84>90>94%/0mm/5mh/熱中症指数28℃=厳戒 : 石垣で100mmのモーレツな☂☂☂ 大陸から東進してきた前線と比北東で発生した台風1号のせいか? 気温が高く湿度も高いので熱中症(暑さ)指数が28℃と厳重警戒の中、ご近所までお買い物で夕方やゝ不調

posted by まな兵衛 at 11:18| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

辺野古埋立号外







【酔駄言】☀>☀>☁ 22>26>22℃/76>84>82%/0mm/35mh : 今日の暑さ指数は27℃で警戒、この指数は熱中症の目安として昨年度から気象庁が発表している。xx℃と温度と同じ記号を使っていて紛らわしいが、湿度と温度などからはじき出しているとかで、明日の那覇は30℃で雨が影響して厳戒だそうだ。

タグ:辺野古
posted by まな兵衛 at 11:13| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

Okinawan Jazz


Okinawan Jazz
和(沖縄)製ビリー・ホリデー 与世山澄子


(04/19 RBC TV)
・みみぐすい、夏川/古謝から与世山澄子
・沖縄のビリー・ホリディ「与世山澄子」





【酔駄言】☀☀>☀>☁ 18>25>22℃/70>66>74%/0mm/40mh : 梅雨は梅雨でも菜種梅雨だったのか

 することがなくってネタを見つけるため、ネットをさんざん渉猟していて見つけた! 英国の運河でかっての産業革命時に堀りまくり、イギリス島の隅々まで網の目のごとく水路で結んだ。その後に鉄道の発達で廃れ放置され埋め立てられていたが、昨今の水路レジャーで復活されているようだ。

 当時の運搬船の幅に合わせた細い水路に適合するため、細長いナローボートというキャンピング・シップが用いられている。全英運河ネット協会かのサイトには、数10もの運河がリストアップされている。その殆どの運河沿いの遊歩道にG.Map/St.Viewカメラが入っている。

 この遊歩道は運搬船を馬で曳航するためや、閘門の開閉や維持管理のための細い土手道だ。そこにViewのカメラを自転車に積んで撮影したようだ。こりゃエゝわ〜 田舎の運河も景色がいいが都会の運河が、古いレンガ造りの町並みと組み合わさって絵になる。さぁ、残りわずかの一生もののネタを見つけた。


posted by まな兵衛 at 11:16| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

一足早くみかん咲く

一足早くみかん咲く
本部町でミカンの白い花が咲き始め


 ミカンの里、本部町伊豆味でミカンの白い花が咲き始め、甘酸っぱい香りが辺りに広がっています。

 様々な種類のミカンが栽培されている本部町伊豆味の畑では、ミカンの白い花が咲き始め、山々の新緑や青空と爽やかなコントラストを描いています。

 辺りにはうりずんの風にのって甘酢っぱい香りが漂い、花の蜜を求めて蝶や蜂、メジロが飛び交うのどかな光景が見られます。

 農家によると、ことしは冷え込みが長く続いたため、平年に比べて2週間ほど開花が遅れているということですが、花やつぼみの数は多く豊作が期待できそうだということです。

 かわいらしいミカンの花は、好天が続けば今月いっぱい楽しめそうです。
(4/22 RBC TV)





【酔駄言】☀>☁:☀ 20>24>20℃/72>66>62%/0mm/25mh : 梅雨の中休み?

 今日は「さとうきびの日」とか、サトウキビといえば移住した当初にブログに書いた;

                    ・ ざわわ〜、本に触発されて
                    ・ ざわわx66、11番もの複雑曲


 読み返してみると移住当初の沖縄に対する、知識欲が書かせたんだと彷彿させられる。いまや探訪心も失せとてもじゃないが書けない。沖縄に6年も住むと半ばウチナンチューでもあり、しかし、70年も住んだ関西人としてのヤマトンチュー意識は捨てきれず、中途半端な立ち位置でウチナーヤマト人だなぁ・・・


posted by まな兵衛 at 11:02| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

幻の花イルカンダ

幻の花イルカンダ
北中城村「幻の花」イルカンダが見頃


 生態が謎に包まれ「幻の花」とも言われる「イルカンダ」の花が北中城村で開花し、見頃を迎えています。北中城村喜舎場にあるあやかりの杜のキャンプ場では、自生する「イルカンダ」が花を咲かせています。

「イルカンダ」はマメ科の植物で、亜熱帯地域に自生するのが確認されているものの、その生態は未だ謎に包まれ、県内でも本島北部の一部でしかみられず、開花のタイミングも不規則なことから、「幻の花」とも言われています。

 あやかりの杜では、イルカンダが数か所に群生していてつる状に伸びた房から紫色の花が垂れ下がり、神秘的な雰囲気を醸し出しています。見頃は来月初旬までの見込みで、施設の担当者は「散策しながら花を楽しんでもらえれば」と話していました。
(4/20 RBC TV)





【酔駄言】(☂>)☂>☂>☁ 20>19>20℃/96>86>76%/22.5mm/0mh : 数日前から梅雨入り?

 毎日のAMは週一の通院以外の日は、ブログなど定例のヒマ・ジョブがあるが、PMのヒマを埋めてくれるシリーズのジョブがなくなった。ネットをさまよい歩いてネタを探しているがまだ見つからない。ポルトガル国鉄の主要幹線がRailViewとしてあるが、コンテンツ化するには魅力に欠ける。

 運河はどうか? イギリスの運河の一部がCanalViewとして、ナローボートからの運河を撮影していて取り上げたことがある。そこで世界3大運河はどうかとG.Map/St.Viewで探したが、スエズ/パナマもキール運河もViewがない。ベニスは全運河のViewをシリーズでコンテンツにまとめたが・・・

 河川シリーズとして名だたる大都会のRiverViewを、ロンドン(テームス)/パリ(セーヌ)やNY(ハドソン)/東京(隅田川)もコンテンツ化している。しかし、G.MapのSt.Viewが現行版ではビュー画面に邪魔な窓が表示されていて、仮想ビュー旅行する意欲が失せてしまったし、なんか暇つぶしないかなぁ・・・


posted by まな兵衛 at 11:06| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

やんばる登録に壁

やんばる登録に壁
やんばるの自然は世界遺産か 「来夏にも登録」に米基地の壁

 日本政府は「奄美大島、徳之島、沖縄島北部(やんばる)及び西表島」の2018年の世界遺産登録に向けた推薦書を2月、ユネスコ(国連教育科学文化機関)に提出した。自然では小笠原諸島に続く5番目の挑戦だ。だが、やんばるには、辺野古、高江などの米軍基地問題が横たわっている。すんなりと事が運ぶようには見えない。

 昨年10月、沖縄県北部にある県道2号線を車で西から東に走っていると、いつの間にかやんばる国立公園から米軍北部訓練場の区域に入っていた。道ばたには飛べない鳥として知られるヤンバルクイナの絵に「とび出し注意」と書かれた標識が立っている。国の天然記念物で、絶滅の危険性が極めて高い絶滅危惧IA類だ。生息数は推定約1500羽、年に40羽ほどが交通事故で犠牲になっているという。

 国頭村、東村、大宜味村に広がる亜熱帯照葉樹林は、固有種や希少種があふれる生物の楽園だ。ヤンバルクイナや特別天然記念物のノグチゲラのほか、ヤンバルテナガコガネ、オキナワトゲネズミ、リュウキュウヤマガメなど国の天然記念物がいる。国土の0・1%に、日本の鳥類の半分、カエルの4分の1の種がひしめいている。

 世界遺産の推薦理由も「生態系」と「生物多様性」が大きな柱だ。やんばるの豊かな自然に境界はない。固有種や希少種は、国立公園や北部訓練場の別なく、自由に行き来している。だが、人間の世界には、米軍基地という高いハードルが存在している。

 環境省は昨年9月にやんばる地域を国立公園に指定、12月には隣接する北部訓練場の約4千ヘクタールが日本側に返された。3月には奄美大島と徳之島も国立公園になり、登録への準備は整ったように見える。今夏にも世界遺産の諮問機関の国際自然保護連合(IUCN)が現地調査に訪れ、「早ければ来夏にも登録が決まる」と期待する。

 ■ジュゴンの保全、国際機関が勧告

 だが、すんなり事が運ぶかどうかは不透明だ。IUCNは00、04、08、16年に、やんばるの自然に関する勧告を出している。前3回は、沖縄が北限の絶滅危惧種ジュゴンの保全などを求めた。16年には、島外からの土砂による外来種の侵入に対策を求めている。日本政府は勧告を意に介さないが、登録への障害になる可能性はある。

 「推薦区域やそこを守るための緩衝地帯に海が入っていないことに疑問がある」。IUCN世界保護地域委員会委員の吉田正人・筑波大学教授は指摘する。「推薦書では、森から海の生態系の連続性について触れていない。だが、やんばるの森は、マングローブやサンゴ礁にもつながっている」

 ■緩衝地帯不十分、「海除外」に疑義

 海が除外されていることについて、環境省は「世界遺産ほどの価値はない」との見解だ。だが、沖縄の海は自然的な価値が高く、森を守るためにも保護の必要を訴える専門家は多い。緩衝地帯にも入れないのは、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先である同県名護市辺野古の埋め立て工事などへの影響を、日本政府が「忖度(そんたく)」しているとの見方がもっぱらだ。ある政府関係者は「政府内では、米軍基地に影響しない範囲で自然に配慮するという優先順位がはっきりしている」と漏らす。

 推薦区域の南東側にまったく緩衝地帯がないのも、登録への障害になるかもしれない。隣接していた北部訓練場の過半は昨年末に返還され、環境省は国立公園への編入も視野に自然状況調査を始めるという。だが、未返還部分の保全についてはめどが立たない。

 日本自然保護協会や日本野鳥の会、世界自然保護基金(WWF)ジャパンなどは3月、IUCNに推薦地の視察に関する要望書を提出した。環境団体は、やんばる地域には十分、世界遺産の価値があるものの大きな問題もあるとして、新たにヘリパッドが建設された東村高江や県外から大量の土砂が持ち込まれる名護市辺野古を視察場所に加えることなどを要望した。

 自然保護協会保護室の安部真理子主任は「保護の面で乗り越えるべき壁がいくつもある。時間をかけて世界遺産登録への体制を整えるべきだ」と主張している。

 環境省は「米軍基地と世界遺産は別問題。両者を絡めてやんばるの自然を守れるのか」といらだつ。だが、桜井国俊・沖縄大学元学長は「世界遺産という地域振興策をちらつかせて『辺野古新基地』に反対する地元を切り崩そうとしている。やんばるの自然を政治的に利用しているのは、政府ではないか」と批判している。
(4/15 朝日新聞)







【酔駄言】☀:☁ 23>26>23℃/96>90>82%/0mm/20mh : カラッと晴れずに湿気てムシ熱い

 朝1の診察はあっという間に終わった。9時に胸部X線を撮って体重/身長・血圧/脈拍、9:30の診察に1番に呼ばれてまだうっすらと影があり、従来通りの薬を処方され10分でおしまい。自動精算機は0円? 診療ポイントが500点以下なら1割負担で100円未満なのか請求されず。

 炎天下を院外の処方薬局まで5分はしんどかった。薬局も1番乗りで普段は30分待ちが10分足らずの1,200円也で、診療点数点数と合わせて約17,000が後期高齢者健保に請求される。もちろん保険料は年金で天引きされているが数100円なので、高齢者健保は赤字となるが高齢化社会が財源を圧迫している・・・

 若い時は少ない収入に対して馬鹿にならない社会保険料が恨めしかった。年令に応じ収入は少しづつ増えていったが、差し引かれる社保関係の額は比例して大きくなる。なんでこんなに差っ引かれるのか? 病気もしないのに健保が高い! 老後に年金がとはいっても実感はなかった。

 それがリタイアし年金生活者になってはじめて有り難味がわかった。ぎりぎり最低限の年金で健保も最低額。しかし、まだ厄介になっていない介護保険料が大きい。毎月なんでこんなに天引きされるの! まぁ、しかし、介護を受ける段階で有難味が判るのかも・・・


posted by まな兵衛 at 13:14| 沖縄 | Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

アチコ〜コ〜ピンチ

沖縄名物アチコ〜コ〜豆腐がピンチ
アチコ〜コ〜豆腐がピンチ 衛生基準対応で小規模店窮地に

 沖縄の日本復帰に伴う食品衛生法適用の例外として、存続の危機をくぐり抜けた“あちこーこー(熱々)”の島豆腐が、再び正念場を迎えている。豆腐全体の需要減に加え、販売方法の変化や国際的な食品衛生管理基準の要請などから、水さらしして日持ちをよくした「パック豆腐」による流通が主流となっているためだ。沖縄の島豆腐は水にさらして冷やさず、温かいままでまな板に載せて裸売りするのが慣例だった。

 1972年の復帰時、食品衛生法に基づき豆腐は水にさらして販売することが義務付けられた。しかし、業界が一丸となり、沖縄独特の食文化が維持できなくなることを当時の厚生省に陳情。島内の流通に限り、温かい豆腐を販売する方法が特例として認められた。

 政府は東京五輪に向け食の安全を国際的にアピールする狙いから、食品衛生管理の国際基準「HACCP」の認証取得を、国内の食品事業者に段階的に義務付ける方針を打ち出す。給食センターなど納入先からHACCP基準の衛生管理を求められ、昔ながらの製法を手掛けてきた小規模業者が、衛生管理の厳格化への対応を諦め、豆腐づくりをやめていくことも懸念される。

 食品製造大手のまえさとは2010年の豆腐工場移転に伴い、島豆腐の全自動製造ラインを県内で初導入した。豆腐を水さらしして機械でカットし、自動でパック詰めする。同社は「あちこーこーは年々減っており、現在はパック豆腐との売り上げ比で数%しかない」と説明する。

 県豆腐油揚商工組合の久高将勝理事長は「パック詰めが主流になる流れにはあらがえないが、在来の大豆を使った商品開発など、あちこーこーの島豆腐の付加価値を高めていくのも継承の方法だ。衛生面に対応することでも、沖縄の食文化を残していく」と語った。
(4/19 琉球新報)





【酔駄言】☁ 22>25>23℃/80>96>92%/0mm/0mh : 梅雨の中休みのような・・・

 昨夜の本たわごとを書けなかったのは、民放BSで8時から観たい映画があったからだ。クリント・イーストウッドが主演する刑事モノで、ダーティハリーシリーズの途中に他監督により制作された。舞台はニューオリンズの下町の歓楽街で、フレンチクォーターのジャズバーでロケが行われていた。

 ニューオリンズはジャズと路面電車で、いやというほど仮想旅行を繰り返していて、まるで数回の訪問経験があるかのようななじみの地だ。ジャズの本場であるフレンチクォーターを中心に,路面電車の沿線などをG.Map/St.Viewで何度も行きつ戻りつし、バーボン・ストリートは馴染みの通りだ。

 そんなSt.Viewが今月から旧バージョンで使えなくなり、現行版では使い勝手や画面構成が気に入らず、パッタリと使わなくなってしまった。以前はPMの余暇を埋める重要な生きがいであったが、今月に入ってから(退院してから)することが無くなり、この分じゃ案外早くお迎えがきそうだなぁ〜 もし・・・


posted by まな兵衛 at 11:17| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

最小「セミ」鳴き出す

日本最小の「セミ」が鳴き出す
宮古島で日本一小さなセミ「イワサキクサゼミ」が鳴き始めた


 宮古島では、初夏の陽気に誘われて日本一小さなセミ「イワサキクサゼミ」が鳴き声を響かせ始めました。

 宮古で「ヌージー」と呼ばれるイワサキクサゼミは、先島諸島から本島南部にかけて生息する全長1.5センチほどの国内で最も小さいセミです。

 宮古島市平良松原の海岸近くの畑では、サトウキビや周囲の木の葉っぱの上でイワサキクサゼミが盛んに鳴き声を響かせています。

 宮古島地方気象台によりますと、イワサキクサゼミの今年の初鳴きは4月10日で、平年より7日遅いということです。クサゼミの合唱は7月ごろまで島の野山に響きます。
(4/19 RBC TV)





【酔駄言】☀>☁ 22>24>21℃/97>78>74%/0mm/15mh : つかの間の☀も直ぐ☁

posted by まな兵衛 at 10:33| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

大宜味の「村蝶」制定

大宜味の「村蝶」制定
準絶滅危惧種、学習や観光効果に期待




 大宜味村はこのほど、「村の蝶々」としてコノハチョウとツマベニチョウを制定した。

 村屋古をはじめとした村内全域で、準絶滅危惧種などのチョウが見られることから、「村の蝶々」を制定し子どもたちの学習に生かすほか、エコツーリズムによる地域振興に弾みを付ける狙いがあるという。

 村は制定に当たって大宜味小中学校の児童生徒から、好きなチョウやどんなチョウが村のチョウにふさわしいかアンケートを実施した。児童生徒らの声を聞き取った結果、コノハチョウとツマベニチョウを制定した。

 コノハチョウは大宜味村で多く生産されているシークヮーサーの樹液を好む点や、ツマベニチョウは村内で一年中見られることなどを勘案した。

 村の担当者は「チョウの生息する大宜味村の自然を守り、見た目の美しいチョウを見て大宜味村を楽しんでほしい」と話した。
(4/12 琉球新報)





【酔駄言】(☂☂>)☁>☂(>☁) 24>20>21℃/96>86>94%/32mm/0mm : 未明に強い☂ まるで梅雨のような空模様で、気温が昼が最低気温!? 昨今、沖縄の気温は最低気温こそ全国で一番高いが、最高気温は一部の本土各地の方が高い。そう、冬以外は本土の方が暑いという不思議さ。

 真夏は沖縄では33℃を超えることがめったになく、木陰を吹き抜ける風が心地よい。しかし、風は塩分混じりで湿度が高く加えて紫外線が強い。ウチナンチューは紫外線対策を心得ていて熱中症は少ないようだが、ヤマトンチューは高温多湿に慣れず熱中症になるようだ(わたし)


posted by まな兵衛 at 11:01| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

一気に初夏 花々輝く

一気に初夏? 花々輝く
センダン、シャリンバイ、オクラレルカ咲く





 やんばるの山野は新緑に包まれ花々も一気に輝き初夏へ向かっている。センダンが涼風に揺れ、シャリンバイは軽やかに踊っている。

 センダンは淡紫色の小さな5弁花が群がって咲く。高さ7メートル余。果実は秋に黄色に熟しヒヨドリがよく訪れる。
 センダンは、生物資源研究所(名護市)の根路銘国昭所長が抽出成分でインフルエンザウイルスを死滅させることを実験で証明したことで一躍注目を浴び、「神の樹」と呼ばれている。

 一方、シャリンバイは庭木や公園樹として広く植栽されている。白色か淡紅色の5弁の花を付ける。秋に1センチほどの果実を付け黒紫色に熟す。
 久米島紬(つむぎ)、大島紬は幹、根を利用して染料に使う。和名は枝が車輪のスポークのようで花が梅に似ていることから車輪梅と書く。バラ科で、分布は日本、韓国、台湾など。方言でテカチ、タカチャーなどと呼ばれている。



 オクラレルカ 薄紫に染め
 大宜味村喜如嘉のターブク(田んぼ)でオクラレルカが見頃を迎えている。ターブク一面に広がる薄紫色の花畑を一目見ようと16日、家族連れや恋人たちが訪れ、にぎわいを見せた。ことしは昨年よりも開花が遅れ、現在は七〜八分咲き。23日ごろまで楽しめるという。

 オクラレルカは生け花用として出荷予定で、ターブク近くの直売所でも購入できる。訪れた人たちは写真を撮ったり、ターブク横でカエルを捕まえたりして、春の風物詩を楽しんだ。
(4/16,17 琉球新報)





【酔駄言】☁ 23>26>23℃/94>95>96%/0mm/0mh : 昨夜も書いたが梅雨入り前の気象。

 雨が降り出す前に食材の買い出しに出かけた。マンションを出たら裏のスージグワーを3人の熟女が、仁王窯へはこの道? と聞く。道なりに裏路地を往くと仁王窯に行けると応えた。表のやちむん通りを数歩進んでいく内、路地裏の道なりといったけど判るかなぁ〜?

 次の脇道からスージグワーに出て熟女3人を案内する。育陶園陶芸道場〜育陶園工房〜ぶくぶく茶房〜重文新垣家/登り窯〜仁王窯。それぞれミニ解説をしながらの陶芸郷の道案内。仁王窯の池野窯主に声をかけ工房を見学し、お買い物は隣接の展示場へと誘う。にわか解説員を楽しんで買い物へ・・・


posted by まな兵衛 at 10:42| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

那覇でデイゴが開花

那覇でデイゴが開花
那覇で県花のデイゴの開花を発表


 沖縄気象台では4月14日、那覇でのデイゴの開花を発表しました。那覇市の与儀公園にあるデイゴの標本木です。深紅のデイゴの花が、幹の部分から先端に向かって咲き始め、公園内に初夏の訪れを告げています。

 2017年の標本木の開花は平年より13日遅いということですが、公園の北側にあるデイゴ並木では、数輪の花が集まって鮮やかな花びらを広げている様子が見られました。 沖縄気象台によりますと、この先1週間は平年より気温が高く雨も多くなることから「植物の生育には好ましい天気で、開花をうながすだろう」ということです。
(4/15 QAB TV)
<





【酔駄言】☁ 22>26>23℃/92>95>94%/0mm/0mh : 梅雨入り前のような湿潤な気候

 沖縄の県花「デイゴ」が開花したと14日に気象台が発表した。デイゴの標本木は与儀公園にあり、当日は病院への往復で通ったが気が付かなかった。気がついたのは緋寒桜のさくらんぼだったなぁ。デイゴは庭木や街路樹として植わっていず、公園でしか見かけないためあまりおなじみじゃない。

 やはり沖縄で四季折々に見る花は庭木・街路樹で、年中なんらかの草花が咲いているはさすが。真冬に葉を落とさない木や花を咲かせる草には、移住当初は珍しく感動を覚えたもんだが、慣れてきても当たり前にならず、6回目の冬もこまめに草花を手折って位牌に飾った。


posted by まな兵衛 at 11:42| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

クルーズ入港増混乱

クルーズ船増で混乱
(ルポ)クルーズ船入港急増も態勢遅れ ターミナル混乱広がる


 大型クルーズ船の県内寄港が右肩上がりで成長し、今年も過去最高をさらに更新する前年比30%増の502回の寄港が見込まれている。クルーズ船で沖縄を訪れる観光客数も、当初は21年度までに年間25万人というのが県の目標だったが、16年時点で3倍超の約76万人に到達した。沖縄観光をけん引する好調さが話題となる陰で、現場である港の受け入れ態勢は寄港の急増に全く追い付かず、外国人観光客が到着するたびにターミナルでは混沌(こんとん)とした光景が広がる。

◇貨物バースに着岸 待合タクシー不足

 いくつも倉庫が立ち並ぶ那覇港新港ふ頭エリア(那覇市港町)。コンテナを運ぶトレーラーやフォークリフトが行き交い、普段は観光とは縁遠い殺風景な物流港だ。だが、若狭のクルーズ船専用岸壁の使用規模を超える大型船はこの物流港に着岸するしかなく、その際には数千人のクルーズ客が突如として船客待合所に姿を現す。

 アジア最大級のプレミアム客船「ゲンティン・ドリーム号」(15万トン、乗客定員3400人)が今月から、新港ふ頭への毎週火曜の定例寄港を始めた。11日は午後4時の到着と共に約千人が下船し、国際通りなどへの移動でタクシーを利用した。

 しかし、到着する夕刻の時間帯は市内でもタクシー需要が高く、運転手の交代時間も重なる。港で待機するタクシーの台数は圧倒的に不足し、観光客たちは足の踏み場もないほどごった返す船客待合所で1時間も足止めされる。最後の下船客がタクシーに乗り込むまで約3時間がかかった。

 いら立った客同士の罵声が外国語で飛び交い、タクシー配車を要請するタクシー協会のスタッフや、観光客の苦情に対応する通訳ボランティアなど混乱が広がる。待ち時間に業に増やして待合所から歩き出し、港に向かうタクシーを道路に飛び出して止めようとする客も見られた。

 香港から来た女性は「貨物専用のバースに着くのは知らなかった。市内へのアクセスは非常に不便だ。タクシーの待ち時間が長いので、取りあえずこの周辺を歩く」とあてのない散策へと歩き出した。

◇客対応 わずか11人 「おもてなしと言えない」

 「計程車請排隊(ジチェンチェチンパイドゥエイ)、市区走路往這邊(シチュゾオルワンゼビエン)(タクシーの利用は列に並んでください、市内へ歩く人はこちらへ)」。那覇市観光協会の通訳ボランティアが大声でクルーズ客にタクシーなどの2次交通利用を誘導する。

 11日午後6時、那覇港新港ふ頭の船客待合所内はタクシーの利用を待つクルーズ客でごった返していた。数千人定員の大型旅客船の受け入れを想定していない待合所は、あまりに手狭だ。そして1千人以上のクルーズ客に対応するのは、わずか11人のボランティア。待合室内の整理やタクシー乗車の手伝いで全員が対応に追われる。

 中国語通訳ボランティアの金城節さん(78)は「(県が海外観光客を)沖縄に誘致しているが、これが沖縄のおもてなしと言えるのか。観光客が本当にかわいそうだ」と訴える。

 4日に県内初入港したアジア最大級のプレミアム客船「ゲンティン・ドリーム号」(15万トン、乗客定員3400人)は、10月まで計28回の寄港を予定している。旅客船専用の那覇港泊ふ頭若狭岸壁は最大13万トン級までしか寄港できないため、那覇港新港ふ頭のコンテナターミナルに寄港するしかない。

 コンテナターミナルでは大型トラックなどの車両が頻繁に出入りし、コンテナで死角が多いなど安全確保のために歩いて通りに出ることができない。クルーズ客は事前予約したツアーバスに乗り込んで主要な観光地に直行するか、岸壁から1キロ以上離れた船客待合所までシャトルバスで移動するしかない。

 船客待合所ではタクシーに乗り換えるまでの待ち時間で長蛇の列。大型クルーズ船の多くはその日のうちに那覇を出港するため、一刻も早く観光地に出発したい観光客の中には不満を噴出させる人もいる。「なぜ那覇市内までのシャトルバスがないのか」とボランティアに質問する場面もたびたび見られた。

 ボランティアの金城さんは「貨物船専用の岸壁を使って観光客を増やそうとするのはおかしい。沖縄の魅力は消えないので、まず受け入れ態勢を整備してから観光客を迎えるべきだ」と強調した。
(4/14 沖縄タイムス)





【酔駄言】☁ 21>25>22℃/86>88>94%/0mm/0mh : 終日☁ 湿度が上がってきた

 県はクルーズ船の寄港を歓迎しているが、専用のバースは中型船用の1ヶ所だけ。大型船舶だとバースの長さと水深が足りず、旅客用設備がないコンテナ船などの貨物バースに着岸し、毎回大混乱を引き起こしていたようだ。4〜5時間の沖縄に滞在するのに入国手続を終え、タクシーで国際通りに出るまで数時間もかかる。

 大型クルーズ船のための新規バースを、建設する論議がなされているが完成するまで数年を要する。これでは口コミでリピート渡沖は減少し、それまで近隣諸国の旅行人口と観光意欲が衰えないとしても、やがて船中数泊のエセクルーズは廃れるだろうと思うが・・・


タグ:クルーズ船
posted by まな兵衛 at 10:28| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

ヤンバルクイナが飛ぶ

ヤンバルクイナが空を飛ぶ!
自然遺産登録を応援、JTA客室乗務員がデザイン


ヤンバルクイナが描かれた飛行機とデザインした塩崎綾香さん

 政府が2018年に目指す「奄美、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の世界自然遺産への登録を後押ししようと、日本トランスオーシャン航空(JTA)はヤンバルクイナを描いた特別塗装機を13日、同社メンテナンスセンターで公開した。

 ボーイング737―800(165人乗り)の主翼の先端部にある小さな翼(ウイングレット)に、客室乗務員の塩崎綾香さんがデザインしたヤンバルクイナが描かれている。同機は14日、那覇を出発し、福岡、石垣に到着する。30年3月31日まで運航する。

 特別塗装機はイリオモテヤマネコ、アマミノクロウサギのペイントも予定している。737―800の3機、737―400の7機で使用する予定。塩崎さんは「デザインを依頼されたときは驚いた。自然遺産登録を応援していきたい」と話した。
(4/13 NHK沖縄)





【酔駄言】☀ 19>25>21℃/74>69>80%/0mm/30mh : おおむね☀で紫外線が強く頭のテッペンが茹でそう。与儀公園の赤十字病院へはじめて徒步で行った。予約が14:30だったので13時に部屋を出て公園の、かねひでスーパーでミニ助六を198円で買い公園の日陰のベンチで食した。

 途次も復路も日陰を選ってユックりと歩かないと、夏日の直射日光の紫外線がキツイ。また熱中症になりたくないので日陰を選るので、余計に距離が増えおまけによろめきが加わって、元気なら10分が20分と倍もかかって病院にたどり着いた。

 今日は眼科で網膜に開いた小さな穴を、レーザー光線で焼いて塞ぐという手術。3つの穿孔/ひきつれの周囲を各々10余ほどのレーザー光を照射して塞ぐ。一応は部分麻酔をしたが痛さも感じた。おおよそ15分ばかりで終了したが、放っておくと網膜剥離になるという。手術料は約1万円(1割負担)だった。


posted by まな兵衛 at 11:26| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

尚家の清明は玉陵で

尚家の清明は玉陵で
尚家のシーミー、御清明が世界遺産の玉陵で行われた


(4/12 RBCテレビ)

 (以下、まな兵衛HPより);琉球王国は1429年に散々が統一され、第一次尚氏王統が確立されたが、後継争いが絶えず7代目がクーデターで倒れた。クーデターを起こした重臣の「金丸」は尚氏を詐称し、尚円王を名乗り第二尚氏王統として継承した。

 第二尚氏の6代目永王の弟、金武王子は兄の国王就任に伴い王子家から分家として金武御殿を設立し初代となった。7代目の寧王には子がなく金武御殿の2代目が第8代の豊王を継ぎ、以来明治までの19代目まで血脈を保った。

 なお、金武王子は後に久王を追贈されたが国王ではない。そして現代の当主である尚衛氏(23代目)をはじめとする尚一門の窓口として、金武朝秀氏が16代目として首里大中町にご健在らしい。

                     ◆琉球略史
                    





【酔駄言】☀ 19>24>20℃/73>66>62%/0mm/30mh ; 家内の16回忌は日さしぶりの☀ 好天に誘われご近所スーパーへ出かけ、シーミーの飾りとしてバナナを買った。帰路に道端へはみ出してたわわに咲いている、人家のブーゲンビリアを手折って位牌の前に飾った。

 本来は命日に合わせて帰阪し一心寺さんにお参りすべきだが、昨夏らいの体調不良で旅行に不安を感じ諦めた。もはやボチボチの体力気力で沖なは壺屋の終の棲家で、なんとか町民として受け入られつつある地域で、平穏無事に地区の行事に参加しつゝ余生を過ごそう・・・


posted by まな兵衛 at 12:20| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

那覇の食料全国1

那覇の食料全国で1位
那覇市の食料物価指数、全国で最高値 生鮮野菜が影響


(沖縄タイムス画像)
 那覇市の2015年の食料の消費者物価地域差指数・都市別指数が、都道府県庁所在市で初めて1位になったことが11日分かった。全国平均を100としたときの指数は103.9で、東京都区部より高かった。

 特に生鮮野菜の指数が高く、県統計課は要因を「県内では夏場、特に葉野菜の収穫量が少なくなり、県外産に頼らざるをえず、輸送コストがかさみ価格が高くなることや、観光客増加で消費量が多くなる影響もあるのではないか」とみている。

 地域差指数は、地域間の物価水準の違いをみることを目的に2000年から総務省が集計。那覇市の後に金沢市、東京都区部、松江市と続く。政令指定都市を含めると相模原市が104.5で最も高く、那覇市は2位だった。

那覇市の食料の消費者物価指数は全国平均を上回る水準で推移し増加傾向。14年103.4、14年104.8でともに3位だった。

 一方、県内事業所の平均給与は全国の8割の水準で、全国一最低賃金額が低く、最も高い東京都との差が拡大している。県内で物価と賃金が乖離し、労働者の生活を圧迫している可能性がある。

 貧困や労働問題に詳しい県就職・生活支援パーソナルサポートセンターの濱里正史さんは「物価と賃金のギャップが開き、特に低所得者層が暮らしにくくなっている。復帰後、本土との格差が拡大している可能性があり、実態調査の上で、県は是正に取り組むべきだ」と指摘した。
(4/11 沖縄タイムス)





【酔駄言】☁ 23>17>20℃/74>78>68%/0.5mm/0mh : AMは霧雨のち☁、夕方にチラッと☀

 沖縄の物価は移住前にネットで調べたら高いらしかった。とくに生鮮野菜は本土で日常に消費される品種が、沖縄ではあまり栽培されていず、本土からの輸送費が上乗せされて高いという。しかし、野菜をほとんど食さない独居老爺にはほとんど影響は感じられなかった。

 なにしろキャベツ4分の1玉を持て余し、キュウリ1本をスライスしてカツオ缶マヨネーズ和え、後は朝食の漬物としてナス/キュウリ/白菜(4分の1割)を、浅漬けの素でほんのすこしいただくだけの野菜生活、不足する野菜成分は毎朝一番にデルモンテの野菜ジュースをコップ1杯で補っている。

 一番困ったのは菜の花が旬に売っていず漬物にできないことと、夏の終わりから初秋にかけて出回る丹波の黒豆の枝豆と、北関東のだだちゃ豆が全く輸入されす塩ゆでを肴に美味いビールが飲めないこと。それと関西風の粉もんに純和風の天麩羅が街角で食べられないとか・・・


posted by まな兵衛 at 10:48| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

4/10シブイ(冬瓜)の日

4/10はシブイ(冬瓜)の日
シブイ 青く丸々と 産地・宮古島で催し

 「とうがんの日」の10日、宮古島市のJAファーマーズマーケットあたらす市場でトウガンの消費拡大を目的にしたイベントが催された。

 1玉200円(限定2200玉)の格安トウガンを買い求め、多くの客でにぎわった。トウガンを使った料理も紹介された。

 宮古島市は県内最大のトウガンの産地。今期(2016年12月〜17月5月)は766トンの出荷を見込む。「とうがんの日」は、4月の4を方言の「冬瓜(シブイ)」に、10日の10を和名の「トウガン」に掛けて制定された。

 店内ではトウガンが山のように積まれ、開店と同時に客が訪れた。トウガ
ンのパイやサタパンビン(砂糖天ぷら)が販売された。トウガンを使ったカレーの試食もあった。
(3/10 琉球新報)


 「シブイ」って? 沖縄の方言名「シブイ」は「冬瓜」のことです。冬瓜は特に渋くはありませんので、「渋い」→「シブイ」ではなさそうです。いわゆる白瓜とは別の品種ですが、実の白さから「シロウリ」→「シブイ」と変化したのが語源という説があります。冬瓜は沖縄だけでなく、本土でも一般的に食べられている食材ですよね。ですが、食卓に上がる頻度はおそらく沖縄が圧倒的に高いでしょう。沖縄ではとてもポピュラーな食材で、昔ながらの沖縄料理にも欠かせない重要食材なのです。(沖縄の食材サイト)





【酔駄言】☁ 23>24>20℃/98>87>78%/0mm/0mh : 昨日に続き終日の煙霧

 することがないので本を読むことにした。先月末の入院前にアマゾンに発注して、退院した今月の初めに代引きで受け取った。その間にクロネコは何度も再配達に来て不在票が3枚も入っていた。代引きの場合クロネコは配達前に携帯で在宅を確かめるが、入院先に持っていった携帯にはかかってこなかかった。

 退院と同時にアマゾンから配達されたマウスは2個口で2度手間の代引き配達。書籍よりマウスのほうが緊急度が高く早速にも不調のマウスをリプレースした。ワイヤレスのクリックのセンサーが劣化していてストレスだったが、さすが新調スイスイと動作してくれてありがたい。

 マウスが動くようになったもののG.MapMakerが廃止され、老後の生きがいが失われてしまったので、届いたが無視していた書籍をやむなく読みはじめた。佐藤愛子著「九十歳。何がめでたい」を書評の評判で知りアマゾンに発注していた。残念ながら入院には間に合わなかったが・・・

 昨日、今日と第四章まで読んだが期待はずれというか、後期高齢者にとっては当たり前の話ばかりで、面白くも悲しくもない。我々世代以上には当然の感慨・常識で戦後の復興期を経験していない、第一次ベビーブーム以降に生まれた世代の成長期しか知らない世代とのギャップがネタ?


posted by まな兵衛 at 11:06| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

唯一の新1年生入学

唯一のカワイイ新1年生
池間小中(宮古島)で入学式 小1/中4人


(盛大な祝福を受けた奥平陽向さん(中央))

 宮古島市の池間小中学校(屋嘉比邦昭校長)では7日、入学式が行われ、唯一の小学1年生で、はじめの一歩を踏み出した奥平陽向(ひなた)さんと、中学1年生となる4人の節目を学校・地域挙げて祝福した。

 同校体育館で行われた入学式では、担任の上地隆子教諭と手を取り陽向さんが先頭で入場。盛装に笑顔の陽向さんは文字通り「ピッカピカの1年生」。その姿に在校生からは「かわいい」の声も。父母席からは盛んにカメラのフラッシュがたかれていた。

 舞台中央で4人の中学生と一緒に並んだ陽向さんは、初めての校歌斉唱にも臆すること無く、お兄さん、お姉さん達に合わせて最後までしっかり歌いきった。

 その姿を前に屋嘉比校長は「陽向さん入学おめでとう。小学校は幼稚園と違い国語、算数などの勉強があります。給食も毎日あります。そして小学2年生から中学3年生まで、みんながお友達です。安心して元気に登校してください」と4人の中学1年生と併せて激励した。

 来賓やPTA、それに在校生代表からも歓迎と祝福のエールが贈られ、陽向さんは終始笑顔。祝福を心から喜んでいる様子に父母や先生達、そして参列した地域住民も笑顔。1人の新入学児童の存在の大きさをうかがわせる入学式だった。
(4/8 宮古毎日新聞)


宮古島市池間島
面積 2.8Ku 周囲 10Km
人口 680人 世帯 330
池間小中学校
小学校 中学校
1
 6  1
 合計  18 11
29人







【酔駄言】☁ 22>26>23℃/90>94>96%/0mm/0mh : 雨量計には記録されない煙霧な一日

 4/1のエイプリルフールにグーグルは予告通り、4月馬鹿でなく本当にマップメーカー(MapMaker)を閉鎖した。それ以来はグーグルマップ(G.Map)の旧版ストリートビュー(St.View)での、内外各地への仮想旅行ができなくなってしまった。St.Viewそのものは現G.Mapで以前からサポートされてはいる。

 しかし、一昨年秋のG.Map新版とともに改定されたSt.Viewは、操作も画面もアホで大ブーイングが沸き起こった。そこで昨春までは他の方法で旧版のG.Map/St.Viewが使えてきたが、これまた連休明けに使えなくなってしまった。それでもMapMakerでは旧版のSt.Viewが使えていた。

 MapMakerは本来はグーグルが手が回らない地区の情報を、地元ユーザーが新規登録できるアプリであった。しかし、イタズラによる誤登録が絶えず一時は閉鎖していたが、4/1より新G.Mapに包含されMapMakerが閉鎖されたという次第である。

 だが、MapMakerによる新規地図記号情報である、道路や施設の場所を特定するためにG.Map地図や航空写真に、St.Viewを上下に組み合わせた画面構成が採られていた。そのSt.Viewが実は非常に操作がし易い旧版のSt.Viewだったのだ。それが使えなくなったのは実に大きな衝撃をもたらした。

 私は体力的に自由に国内外への旅行できず、老後の楽しみはSt.Viewによる仮想旅行が生きがいであった。その楽しみがMapMakerの閉鎖により奪われてしまった。現版のG.Map/St.Viewでも仮想旅行は可能だが、旧版に比べて格段に操作性が悪く、さらに画面に不要な情報窓が追加され見苦しい。

 クリップをしても、不要な画面をトリミングせねば絵にならない。ということはSt.View画面をクリップしHDDに保存していたことが、1画面ごとにトリミングをしなければならず、数倍の手間暇がかかってしまいヤル気が失せる。ということで老後の生きがいを閉ざされてしまった次第だ。


posted by まな兵衛 at 12:02| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

4/8は島野菜の日

4/8は島野菜の日
スーパーで島野菜や県産野菜を集めたコーナー

 8日、県内各地のスーパーマーケットなどでは島野菜や県産野菜を集めたコーナーが設けられた。来店した買い物客に試食を提供し、沖縄の伝統的農作物の魅力を発信した。

 農家直送の新鮮食材が店頭に並ぶファーマーズマーケットでは、ヨモギやハンダマを使った家庭でも簡単にできる創作料理5品の試食会を実施した。

 「はい、栄養たっぷりでおいしいよ」と、来店客一人一人に試食品を手渡す同市場の職員で食育ソムリエの上原厚子さんは「『フーチバー豆乳プリン』が一番人気だよ」と満面の笑顔で話し掛けた。

 西原町から週に1度は店に足を運んでいる嘉弥真和子さんは「健康の秘訣(ひけつ)は新鮮な島野菜をたくさんいただくこと。おいしくて栄養価も高いからこそ、若い人にもぜひ、勧めたい」と述べた。

 県は2015年、沖縄の伝統野菜の消費と生産の拡大を図る目的で、4月8日を「島ヤサイの日」に制定した。@戦前から食されているA郷土料理に利用されているB沖縄の気候・風土に適合している―の3条件を満たした28品目が島野菜として認定されている。
(4/8 琉球新報)




沖縄の伝統野菜データベース





【酔駄言】☀ 22>27>23℃/98>87>92%/0mm/20mh : アメダスでは90%前後のウェットさだが、窓全開の室内では60%とデジタル温湿度計。買い物のお出かけや室内での体感湿度は60%のほうが実感。アメダスの気象台湿度計は露天湿度とかで生活上の湿度とは違うのでは・・・

 沖縄に移住して6年目になるが未だに沖縄料理は苦手だ。豚がベースの肉料理はもちろん、野菜も島内外を問わず食べていない。沖縄そばも出汁の味は昆布にシイタケと材料は関西風だが、米粉の麺をあえて蕎麦と称し骨付きの豚肉を乗っける。とてもじゃないが関西人には受け入れられない。

 町民会の役員をしていた3年間での毎月の役員会と、2ヶ月に1度の行事には必ず弁当が出た。沖縄は弁当王国で街頭の昼食弁当販売は盛んだ。それらのレシピは本土と変わらず主食はご飯で、副菜のメインはエビフライか焼鮭/とんかつ。そして島野菜の惣菜が数種類添えられている。

 役員会ではエビフライを肴に缶ビールを呑み残りは持ち帰る。帰宅後にご飯を2等分してラップに包み冷凍する。その他はもったいないが哀れすべてゴミ袋行きとなる。沖縄のエビフライとは天ぷらでパン粉で揚げていない。しからば天麩羅かと思えばのっぺらぼうのエビ揚げ。まぁ、ビールの肴にはなるが・・・

 島野菜はゴーヤが代表的だがニガくて旨くない。島にんじんに島らっきょうやニガナなどなど、どれもこれも旨いものじゃない。我慢をして健康のために食べなければならないとは、入院中も随分言われたがほとんど残していた。食べてうまい野菜なんて出会ったことがないなぁ


posted by まな兵衛 at 11:48| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

☀☀ 22>26>22℃

今日の沖縄の話題は無しでした




【酔駄言】☀☀ 22>26>22℃/95>86>94%/0mm/50mh : 夏日だが湿気が高く鼻水が…

 準亜熱帯で雨期がないが湿度が高い。朝からの強い日照で海上に入道雲が発達し、夏場はカタブイのいう局地通り雨があり、これは一種のスコールかもしれない。気温は本土ほど上がらないが夜になっても下がらない。終日90%台の湿度が強い紫外線とあいまって寝苦しい夜となる。

 沖縄のベストシーズンは夏ではなく連休前後の梅雨入り前と、熱帯夜が収まった10月からの秋の各々1ヶ月前後しかないと思う。蒼い海と青い空という南国沖縄のイメージはめったに遭遇できない。夏の入道雲のせいで快晴日数は全国平均を下回っているようだ。さぁ、後1ヶ月の梅雨入りまで・・・


posted by まな兵衛 at 21:09| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

追い込み漁アギヤー

伊良部島に残る追い込み漁「アギヤー」
グルクンを網に追い込み、一網打尽

 海の中を優雅に泳ぎまわるグルクン。それらを網に追い込み、一網打尽。今日のQプラスリポートは、伊良部島・追い込み漁「アギヤー」にかける男たちの姿を追います。



 伊良部島・佐良浜地区。少しこわもてのこちらの男性。県内で唯一、本格的な「追い込み漁・アギヤー」を行っている國吉組。潜り長の國吉正雄さんです。



 この日は、グルクンはグルクンでも商品として出まわるグルクンではなく、カツオ漁のエサに使うグルクンの稚魚を捕りに行きます。

 現在、國吉組でアギヤー漁を行っているのは9人。そのほとんどが高齢者。平均年齢は何と65歳。伊良部島から北東へ20キロ。八重干瀬というエリアに向かいます。國吉さんの頭の中には数百もの漁場が入っていて、その日の天気予報や風の向き、潮の動きを計算に入れポイントを決めています。
(4/7 QABテレビ)


 ●以下、全文と画像はこちらから、リンク先の冒頭には動画があります。




【酔駄言】☁ 22>25>22℃/84>82>90%/0mm/5mh : 4月はじめての夏もウェットな曇天

 朝から内科、昼前に眼科の連チャンに処方薬局の待ち時間。診療は合わせて10分くらいで待ち時間が3.5時間。入院中も朝・昼・夜の点滴以外はアイドルタイムで、な〜ンにもすることがなく治療とはいえ非生産的。とはいっても自宅の生活もすることは多いが、年寄りはなにも生産することはできないが・・・


posted by まな兵衛 at 15:06| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

離島旅行先に偏り

離島旅行先に偏り
目立つ石垣・西表が人気 沖縄公庫調べ


(沖縄タイムス画像)
 沖縄振興開発金融公庫がまとめた「沖縄の離島観光に関する意識調査」によると、ここ3年以内に国内旅行をした人の6割近くが沖縄旅行も経験し、うち3分の1が離島を訪れていた。

 ただ、沖縄にある39の有人離島のうち、旅行した島や認知度が高い島は一部のみ。同公庫は「離島全体の認知度向上と、シニアなど有望な顧客層への訴求が必要」と指摘している。

 調査は1月下旬、沖縄県を除く全国の20〜79歳を対象にインターネットで実施。1千人の回答を得た。

 ここ3年以内の国内旅行経験者は975人で、うち沖縄旅行をしたのは559人。離島を訪れた191人の行き先をみると、石垣島148人、竹富島101人、西表島80人の順で多かった。一方、21の島は10人以下にとどまった。離島別の認知度は石垣島、宮古島、西表島で70〜80%前後と高いが、6割の島は認知度が10%未満だった。
br>  離島旅行者の費用は5万〜7万円が28.8%で最多。7万円未満が6割近くを占める一方で、60代以上は7万円以上が半数を超え、20万円以上も12.5%いた。同公庫は「シニア層は旅行単価が比較的高く、離島観光への抵抗が少ない。時間や金銭面で比較的余裕があり、ターゲットとして有望」と分析している。
(4/3 日経新聞)





【酔駄言】☁ 21>24>22℃/78>80>84%/0mm/0mh : 4日続きの☀は昨日まで、今日からしばらく☁

 離島旅行に来る本土の観光客は5〜8万円もかけているようだ。出発地やネットでパック旅行を選ぶ人も多く、宿賃は直接現地には落ちないが中にはは現地で宿を選ぶケースもあろう。旅行代理店のお仕着せパックコースでなく、フリーで離島や沖縄を楽しみ現地で支払う方を歓迎する。


タグ:離島旅行
posted by まな兵衛 at 10:48| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

アジア最大級初寄港

アジア最大級クルーズ船が初寄港
中国や香港などから約2700人の乗客が沖縄を訪れ

 アジア最大級のプレミアム客船「ゲンティン・ドリーム号」(15万3千トン、乗客定員3400人)が4日午後3時半ごろ、那覇港新港ふ頭9・10号に初寄港した。日本にも初寄港となる。

 中国や香港などから約2700人の乗客が沖縄を訪れ、国際通りなど県内各地の観光施設へ向かった。

 同船は5日未明に出航し、次の寄港地の宮古島へ向かう。10月まで香港と中国の広州をそれぞれ母港とし、那覇港と宮古島の平良港へ計28回ずつ寄港する予定だ。  「ゲンティン・ドリーム号」はドリーム・クルーズ社(香港)が所有し、16年11月に初就航した新造船。沖縄を5泊6日で周遊する旅行商品を約6万円から販売している。 (4/5 琉球新報)

 アジアに船籍がある船としては最大級のクルーズ船が4日、那覇港に初めて寄港し、豪華な船内が公開されました。 全長335メートル、総トン数は15万トン余りで、アジアの国に船籍がある船としては最大級のクルーズ船です。

「ゲンティン・ドリーム号」は、香港の船会社が去年、富裕者層向けに造った「プレミアム客船」と呼ばれるクルーズ船で、乗客2500人余りを乗せて4日、那覇港に初めて寄港しました。船内には、レストランやバーだけでなく、高級ブランドを扱った免税店やプールなども設けられていて、4日は、県の職員や観光関係者などに公開されました。

 船内のレストランで開かれた記念の式典で、県文化観光スポーツ部の嘉手苅孝夫部長は「沖縄は世界有数のサンゴ礁を持つリゾート地です。たくさんの思い出を作って下さい」と歓迎のあいさつをしました。「ゲンティン・ドリーム号」は、今月から今年10月まで、香港から中国の広州を経由して那覇・宮古島を結ぶ便が、毎週1便運航されるということです。
(4/5 NHK沖縄)





【酔駄言】☀ 20>24>21℃/70>68>74%/0mm/40mh : 少しづつ雲量と湿気が増してきた

 巨大クルーズ船が毎週やってくるという。約2500人というから1ヶ月間では約で1万人ぐらいだ。宿泊は船中5泊で沖縄には泊まらない。那覇でと宮古島で各々4〜5時間を過ごし、大半の時間を船中で過ごす。沖縄で落とす金はタクシー/夕食/土産物でせいぜい1〜2万円だろうか?


 
タグ:クルーズ船
posted by まな兵衛 at 11:01| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

4/3シーサー 4/4獅子?

4/3=シーサー 4/4=獅子?
4月4日はシーミー(清明)です


焼物博物館のシーサー展
 昨日の4月3日は語呂合わせで「シーサーの日」だった。それじゃ今日の4/4は「獅子の日? いや、沖縄の年中行事「清明節」のはじまりだ。

 昨日は市立壺屋焼物博物館で「シーサー陶工展」もあり覗いてきた。しかし、一番感動たのは玄関ホールの「人型人形」だった。そして、隣りの陶芸センターに参考展示されていた「島常賀」のシーサーが圧巻!

現役長老の涌田弘氏のシーサー

壺屋唯一の女性窯主「濱子末子」のシーサー

常賀の前にシーサーなし、後にもシーサーなし!

「島常賀」のことは去年のブログに書いた;
4/3シ−サーの日
今日は「獅子」の日?

一番面白かった「人型人形」だった





【酔駄言】☀ 15>22>18℃/70>64>66%/0mm/35mh : ☀だがPMに雲量が増し週末は雨の予報

 焼物が好きで壺屋に棲んでいるが素朴な日用雑器を好む。壺屋の上焼き魚文や赤絵は調理された食材を盛るには装飾が過剰だ。食器の装飾はあくまでも食べ物を引き立てる程度が良い。さらにシーサーには違和感がつきまとう。元々は瓦職人の手遊びの余芸で漆喰で割れ瓦を造形した。

 琉球王府による300余年前の壺屋統合は瓦焼成窯が中心だった。王府は相次ぐ内乱による首里城の消失を少しでも食い止めるため瓦屋根を採用し、首里に近い壺屋に瓦窯を集め瓦奉行を置き生産を管理した。首里城をはじめ王府の建造物のみに瓦葺きを許した。

 瓦職人たちは屋根を葺き終わると割れた瓦を寄せ集め、漆喰で魔除け/火防のシーサーを造ったのがはじまりだった。そのため、漆喰瓦シーサーは首里で発達し町民の那覇や百姓の地方には拡がらなかった。やがて首里の士族邸や那覇の商人家屋にも瓦葺きが許され、量産のために焼物のシーサーが作られるようになった。

 当初は焼締めの荒焼きシーサーであったが明治以降には、耐久性に富む彩色上焼きシーサーも登場した。戦後の駐留軍人による土産物需要でけばけばしい装飾焼物が増え、その典型が置物としての小中の彩色シーサーであった。故に壺屋は瓦から食器を経てシーザーは新しい焼物である。


posted by まな兵衛 at 12:05| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

シーサーの日

シーサーの日
4月3日はシーサーの日、壺屋やちむん通りを散策


壺屋ウフ(大)シーサー広場のオープニング

やちむん通りは半T姿が氾濫

島袋常栄氏のシーサー制作実演

育陶園高江洲哲氏のシーサー制作実演

育陶園陶芸道場の大シーサーは乾燥中

連休ごろに窯入れの予定

 4月3日は語呂合わせで「シーサーの日」、那覇市の後援で壺屋やちむん通りでイベントが実施された。やちむん通り西入口の壺屋ウフ(太)シーサー広場で、恒例のオープニングイベントが開催されたが今年はじめてテントが設営され、テレビのニュース撮影もデジカメのアングルも制約された。

 やちむん通りのあちらこちらで窯元による、シーサーの制作実演が行われて見物客の人だかり。通りの裏路地(スージグワー)に佇む育陶園の陶芸道場では、かねてからシーサー工房のスタッフが総出で、背丈1m長の大シーサーを制作中だったがこのほど完成し乾燥中だった。





【酔駄言】☀☀☀>☀☀>☀ 17>21>18℃/50>66>60%/0mm/50mh : ほゞ快晴、朝晩は放射冷却

 快晴に誘われてシーサーの日にノコノコとお出かけ。午後からのホンの数時間に会った人々と立ち話ゆんたく。焼物博物館の館長・学芸員、陶芸センター町民会の事務員さんx2、陶器組合元理事長の島袋常栄氏、町民会役員の仲村渠氏、育陶園の女将さん。

 昼食後の出直しでシーサー制作実演の島袋常栄氏、育陶園シーサー工房の高江洲哲窯主、育陶園企画スタッフで道場の同級生、育陶園ロクロ工房の皆んな、陶芸道場の指導陶工女史・・・ あわせて10余人との長短のゆんたくは命の洗濯になったなぁ・・・


posted by まな兵衛 at 16:36| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

4/3はシーサーの日

4/3はシーサーの日
やちむん通りで窯主のシーサーつくり実演が目玉








【酔駄言】☀☀ 15>19>17℃/62>54>50%/0mm/45mh : 晴朗なれど気温上がらず

 明日の「シーサーの日」を前に昨日の週末からイベントが開催されている。が、やちむん通りは普段の週末と変わらずボチボチの人通り。あす4/3は本番だがあいにくの平日で多くの人出は期待できない? まぁ、春休み中なので学生の来沖が頼りだが・・・


posted by まな兵衛 at 11:03| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

サングヮチャー:4/2追伸

サングヮチャー
タマンのみこしを担ぎ、ナンザまで行進するサングヮチャー

【追伸】ピンぼけ画像より『動画が楽しい』(4/2 NHK沖縄)

 【平安座島=うるま】旧暦3月3日に当たる30日から3日間、豊漁や海の安全、健康などを祈願するうるま市与那城の平安座島の伝統行事「サングヮチャー」が同島で行われている。

 中日(ナカヌヒー)となった31日午後1時からは、無病息災などを願う「トゥダヌイユー」と「ナンザモーイ(ナンザ拝み)」が開かれている。

 「トゥダヌイユー」は神人(かみんちゅ)らがタマン(和名・ハマフエフキ)をノロにささげる歌を歌い、女性が銛(もり)で突き刺す行事。

 「ナンザモーイ」は、手作りのタマン(和名・ハマフエフキ)を模したみこしを島民たちが担ぎ、沖合約700メートル先の岩の島、ナンザまで行進する行事で、人々は海の中を歩きながら島の発展などを祈願した。

 平安座島出身の高校生、上里陽海(よう)さん(15)は「島の伝統行事が残っているのは、誇らしいことだと思う。毎年なるべく参加するようにしている」と話した。
(3/31、4/1 琉球新報)





【酔駄言】(☂>)☂>☂>☁ 17>18>15℃/88>82>64%/2.5mm/0mh : 昨日の夏日が冬に逆戻り

 先月の入院中にアクセス(訪問客数)が10万人を越していた。数多くのご訪問ありがとうございました。ページビューは約3倍なので30万PVを越している。過去の複数フログを現ブログに一本化したのは、2013/9〜からなので足かけ5年43ヶ月、1ヶ月あたり2300強/1日平均≒80人様のご訪問となる。

 ブログをはじめたのは2004/9〜なのでもう13年にもなる。アクセスの累計では50万を越していているが、最近では多くて100人/日のご訪問に落ち着いている。seesaaのアクセス統計は地域や性別/年齢は解ららないが、約80人様が定期訪問者のようでありがとうございます。

 最近は自分で収集したネタを加齢衰退で書けなくなり、もっぱら沖縄の各種メディアから本土の読者に知ってほしいネタを、イージーにコピペしてごまかしすしかできなくなった。なかば自分自身の個人日記と化している。とくに【酔駄言】は耄碌じ〜じの酔っぱらいたわごとで読み飛ばしてください。


posted by まな兵衛 at 12:52| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

退院したら弥生尽

退院したら弥生尽
入院中に「はまうり(浜下り)」通り過ぎ、あっという間に三月晦日





【酔駄言】☀>☁ 21>25>18℃/84>82>92%/1mm/40Mmh : 3月の末日は夏日で尽きる

 1週間ぶりの酒・たばこで陶然たる日常(の夜)に戻った。入院中はもう夢の中だが22時の点滴で起こされ消灯、またウトウトととした23時ごろ起こされ点滴終了。それから明6時の点滴まで硬いベッドで浅い眠り・・・


タグ:入退院
posted by まな兵衛 at 22:14| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする