2017年04月03日

シーサーの日

シーサーの日
4月3日はシーサーの日、壺屋やちむん通りを散策


壺屋ウフ(大)シーサー広場のオープニング

やちむん通りは半T姿が氾濫

島袋常栄氏のシーサー制作実演

育陶園高江洲哲氏のシーサー制作実演

育陶園陶芸道場の大シーサーは乾燥中

連休ごろに窯入れの予定

 4月3日は語呂合わせで「シーサーの日」、那覇市の後援で壺屋やちむん通りでイベントが実施された。やちむん通り西入口の壺屋ウフ(太)シーサー広場で、恒例のオープニングイベントが開催されたが今年はじめてテントが設営され、テレビのニュース撮影もデジカメのアングルも制約された。

 やちむん通りのあちらこちらで窯元による、シーサーの制作実演が行われて見物客の人だかり。通りの裏路地(スージグワー)に佇む育陶園の陶芸道場では、かねてからシーサー工房のスタッフが総出で、背丈1m長の大シーサーを制作中だったがこのほど完成し乾燥中だった。





【酔駄言】☀☀☀>☀☀>☀ 17>21>18℃/50>66>60%/0mm/50mh : ほゞ快晴、朝晩は放射冷却

 快晴に誘われてシーサーの日にノコノコとお出かけ。午後からのホンの数時間に会った人々と立ち話ゆんたく。焼物博物館の館長・学芸員、陶芸センター町民会の事務員さんx2、陶器組合元理事長の島袋常栄氏、町民会役員の仲村渠氏、育陶園の女将さん。

 昼食後の出直しでシーサー制作実演の島袋常栄氏、育陶園シーサー工房の高江洲哲窯主、育陶園企画スタッフで道場の同級生、育陶園ロクロ工房の皆んな、陶芸道場の指導陶工女史・・・ あわせて10余人との長短のゆんたくは命の洗濯になったなぁ・・・


posted by まな兵衛 at 16:36| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック