2019年08月17日

送り火、幻の「い」の字

送り火、幻の「い」の字
明治時代に途絶えた「い」の字を灯した場所は?

     

 昨夜に行われた京都の夏を彩る風物詩「五山送り火」。「大」の字が有名だが、明治時代に途絶えた「い」の字を灯した場所をめぐり、研究者の間で議論が飛び交っている。

 地元の伝承などから京都市左京区にある山が有力とされているが、その説を推す京都精華大教授と近くにある別の山とする京大教授がそれぞれの主張を裏付ける痕跡を確認したとしており、点火場所をめぐる熱い論争が続いている。
送り火.jpg 送り火は、お盆に迎えた先祖の霊を再び送り出す伝統行事。起源ははっきりとしていないが、仏教が庶民の間に浸透した室町時代以降に年中行事として定着したとみられる。

 五山送り火」として、市内周辺の5つの山に「大文字」「妙法」「舟形」「左大文字」「鳥居形」が灯される。かつては「い」のほか、「一」「蛇」などの字も灯されたとされるが、記録が少なく、場所などははっきりしていないものが多い。
(8/17 産経新聞)




【酔戯言】☁/☂☁☁ 26/30℃ お昼前のやゝまとまった☂で 気温は下がったが湿度が一気に90%超 体感温度はムシ暑かった那覇

 ❝「(前略) 送り火を終えた後も、京都のお盆はまだ続く。各町内では「地蔵盆」という不思議な行事が実施されるのだ。京都市内を歩けば、あちこちに石仏を見つけることができる。路傍の小さな祠に収められ祀られている。民家の敷地に地蔵堂が食い込んでいたり、コンビニや郵便局などの公共スペースに置かれたりする祠もある。

 これは、住民やテナントの入居よりはるか昔から、石仏が鎮座しているからである。私が複数に聞き取りをしたところ、石仏が置かれた土地の固定資産税もしっかりと払っているようである。通常は「宗教施設」は固定資産税が免除されるのだが……。

 京都市内の石仏の数は1万以上に及ぶと言われているが、私が俯瞰する限り、その数倍はあるように思える。なぜここまで多いのか。それは室町期、洛中で地蔵信仰が広まったことによる。それが廃仏毀釈などで多くが破壊されながらも、いまに受け継がれているのだ。したがって、京都の中心部や東山界隈の石仏のおおかたの種類は地蔵菩薩である。

 私が暮らす嵯峨野は、地蔵以外の個性的な石仏が多い。これは12世紀、平氏が東大寺や興福寺などを焼き討ち(南都焼討)をした際にさかのぼる。再建のために瀬戸内方面から石工が奈良に派遣された。再建を果たした後、石工らは仕事を求めて天皇家とゆかりの深かった京都の嵯峨野に流れ、そこで多くの石仏を彫った名残と言われる。このあたりの石仏は、阿弥陀如来や釈迦如来などをモチーフにしたものが多数である。(後略)❞」
(8/10 プレジデントオンライン)


ラベル:五山送り火
posted by まな兵衛 at 10:58| 沖縄 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: