2019年09月07日

多良間島「八月踊り」

多良間島「八月踊り」
国指定重要無形民俗文化財 豊年願い奉納

多良間村の豊年祭.jpg
多彩な踊りが披露された字仲筋の「正日」舞台=土原願所
多良間村の豊年祭「八月踊り」.jpg
鮮やかな衣装で女踊りを披露した

 毎年多良間島で旧暦の8月8日から3日間開催される国指定重要無形民俗文化財「八月踊り」が6日に幕を開けた。

 会場の土原御願所では出演者らが色とりどりの衣装を身につけ、三線の演奏に合わせ伝統の踊りや歌舞劇である組踊りなどを踊り、住民をはじめ島外からも大勢の観客が訪れて賑わった。

 初日は仲筋地区で行われ、きょう7日は塩川地区のピトゥマタ御願所で行われる。最終日は両字でそれぞれが演目を行う「ワカレ」となる。

 初日の幕開けは午前10時頃から出演者全員による顔見せとなる総引きで、獅子舞の演舞の後、出演者が舞台を一周した。続いて先人から受け継がれてきた民俗踊りや組踊り、端踊り、獅子舞、狂言などの演目が夜まで次々と披露された。
 八月踊りの起源は定かではないが、人頭税の時代に旧暦7月までに税を完納し、翌8月に各御嶽で完納報告と次年の豊年を祈願する際、踊りを奉納したことが始まりとされる。

 最初は島で創作された民俗踊りが演じられていたが、明治時代に入って古典踊りや組踊りが沖縄本島から伝わってきたとされている。
(9/7 宮古新報)




【酔戯言】(☂)☁☂☁ 26/30℃ 体調2.9/3:血圧132/69:頭重2.9/3:耳鳴1.5/3:食欲2/3 耳鳴り

 昨日も今日も沖縄の民俗行事を伝えている いままでも各地の伝統行事があり記事があれば 欠かかさず取り上げてきた それらはヤマトゥの読者ににも そしてなによりボク自身が行きたくても 行けてない魅力的な行事やからや

 幸い那覇に居着いたので市内の伝統行事や 名所史跡には行ったものの県下には足がなく 車を持っている連れもなく行く機会がななぁ もう10年若いときに移住してたら 体力/気力/行動力で全県をめぐり歩けたのに・・・


posted by まな兵衛 at 11:18| 沖縄 ☁| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: