2019年09月16日

竹富島十五夜祭

竹富島十五夜祭
綱引きで子孫繁栄と健康願う

      竹富島十五夜祭.jpg
各集落自慢の旗頭が並び、壮観な雰囲気の中、十五夜祭が開かれた

 旧暦8月15日にあたる9月13日は、竹富島の十五夜祭(ジュングヤ)。夕方の4時30分ごろ、西、東、仲筋の各集落の地域住民は竹富小中学校グラウンドに集まり、各集落のシンボルである旗頭を立て、ドラや太鼓の音が鳴り響く壮観な雰囲気の中、綱引きや余興などで子孫繁栄や健康を願った。

 竹富島では綱引きは豊年祭ではなく十五夜におこなう。この大綱の材料はンーマニー(クロツグ)で、100年以上前に作られたといわれる貴重なもの。そのため絶対に雨に濡らすわけにはいかず、雨や台風が理由で綱引きが中止になることもしばしば。今年は島民男性総出で大綱の補修作業をするなど、本番に備えてきた。

 今年は島民男性総出で大綱の補修作業をするなど、本番に備えてきた。  会場では「十五夜は男の祭り。今年は雨が降らず、綱引きができて良かった」と喜ぶ声が聞かれた。また各集落ごとに旗頭の祈願の神事や、夜には中秋の名月を愛でる観月会が開かれた。
(9/15 八重山日報)




【酔戯言】☀☀☀ 26/31℃ 体調3/3:血圧124/80:頭重0/3:耳鳴0/3:食欲2/3

 今朝はイレギュラな出来事が2つあって 生活のパターンが乱れたけど 体調のバロメータは年齢並みの標準(3) 平穏無事な一日だった

 イレギュラ1:朝レギュラのコーヒー/ネットニュース中にたばこ切れ 朝食前にコンビニへたばこ買い 昨夕に残り本数が少なくなったけど 警報の大雨で買いに行けずやった

 イレギュラ2:炊飯のご飯が芯メシやった! 水で湿らして再炊飯もNGで廃棄 レトルトの赤飯で遅れ遅れの朝食 先ごろネットで夏の米とぎは室温での吸水はNG 前夜に米を研いで 冷蔵庫に一晩入れといて早炊きすべしと

 2回は成功し美味しく炊けたが 今朝は炊飯器が不調なのか早炊きすぎ? まぁ炊飯器をはじめ家電は やちむん通りに越してきて以来5年目で そろそろおしゃか時なんやろかなぁ


posted by まな兵衛 at 11:18| 沖縄 ☀| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: