2019年09月17日

宮古島まもる君 "骨折”

宮古島まもる君 "骨折”
3体、台風で“骨折” 手当ても復帰未定

宮古島まもる君.jpg
“骨折”した「まもる君」の台座
 5日に宮古島を直撃して猛威を振るった台風13号の暴風により、宮古地域で日夜地域の交通安全のために「立ち番」を続ける警察官型人形「宮古島まもる君」3体が破損し“骨折”のため療養中となっている。

 骨折したのは、市伊良部佐和田の通り池前、下地の来間大橋手前、上野のドイツ文化村付近の交差点に配属されている3体。いずれも台風の中で懸命に立ち番を続けていたが、激しい雨風に耐えきることができず、しばらくの間療養することになった。市内の業者とボランティアがまもる君の手当てをしており、完治の時期は今のところ未定という。

 まもる君を管理する宮古島地区交通安全協会の砂川米子事務局長は「これまで3体も骨折することはあまりなかった。まもる君が戻ってくるまで少し時間がかかるかもしれないが、市民の皆さんには早期復帰を願っていてほしい」と話した。
(9/14 琉球新報)




【酔戯言】☀☁☀ 27/31℃ 体調3/3:血圧124/69:頭重0/3:耳鳴0/3:食欲2/3

 宮古島まもるくんのポリス姿の等身大人形 宮古島/伊良部島/下地島などで立哨してるなぁ 彼らの存在は宮古島を訪れる前から知ってた

 それで宮古島にはじめて行ったとき 実物を発見したら車の全員が大喜び よく見ようとスピードダウンしたんで 効果はあったんやろなぁ

 逆に見慣れた島民らは当たり前の景色で 観光客のスピードダウンに追突しかねない? あるいは微笑ましくスピードを落としてくれてるかなぁ


posted by まな兵衛 at 10:17| 沖縄 ☁| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: