2019年10月25日

流されてきたカメを助けたら

流されてきたカメを助けたら
川の上流から「どんぶらこ」 天然記念物のリュウキュウヤマガメだった!
「カメの恩返しがあるといいな」


「どんぶらこ」と流されてきたカメを助けたら.jpg  助けたカメは天然記念物! 名護市源河の源河川で22日、釣りをしていた小橋川琉歌(るか)さん(13)、叶望(かなた)さん(7)、翔愛(とうあ)さん(5)きょうだいが、流されていた国指定天然記念物で絶滅危惧種のリュウキュウヤマガメを保護した。琉歌さんは「赤くて見たことがないカメだった。天然記念物だなんて驚いた」と話した。

 琉歌さんたちが釣りをしていたところ、上流から「どんぶらこ」と海に向かって流されてくるカメを見付けた。泳げずにあがいており、持っていた手網で“救い”上げた。琉歌さんは「赤くて見たことがないカメだった。天然記念物だなんて驚いた」と話した。琉歌さんは「カメの恩返しがあればいいな」と笑った。

 リュウキュウヤマガメは沖縄の固有種で希少なカメ。陸生で、低地から山地にかけての森林などに生息する。落ち葉のような甲羅と赤みを帯びた体が特徴。捕獲や飼育は禁止されている。環境省のレッドリストに絶滅危惧種(VU)として指定されている。

 救出されたヤマガメは名護自然動植物公園「ネオパークオキナワ」が一時保護した。宇栄原郁夫園長代理によると体長約15センチのオスで左目を失っているが健康状態は良好だという。宇栄原さんは「水生じゃないので流され続けたら死んでいた。ラッキーなカメだよ」と笑顔で話した。
(10/23 琉球新報)




【酔戯言】☀(☂) 24/27℃:PMエアコン 今日もカラッと晴れわたり快適な1日のはずが・・・

 あまりの好天にさそわれて フラフラと与儀公園北脇のスーパーへ 公園南の赤十字病院には往復タクシーを使ってた それがフラトボと徒歩で元気時の10分を倍かけて 本日も紫外線は「非常に強い」なか日陰をよって

 ほゞ1年ぶりの徒歩トボ買い物 沿道の風景はあっちこっちで変わりつつあったなぁ なかでもかっての特飲街カンザトバル(神原原)の 連れ込み宿やった漆喰赤瓦屋根の曖昧宿が 撤去され10階近いペンシル賃貸ワンルームに

 スーパーかねひででしか売っていない サンスターGUMの塩練り歯磨きが目的 塩入りのGUMは高くて500円近いし 近隣の薬局チェーンでは売っていない 禁煙したことだしヤニ取りのZACTはもう不要だし

 サンスターとかサントリーは大阪発祥なんで 大阪人としては地盤沈下を少しでも応援しよう いまとっかかっているG.Maps/S.Viewの 世界遺産/伝建地区HP修復で 大阪城が徳川製だったんでがっかりやなぁ

 ところでキンコンボーイは今朝も現れた ただしキンコン/トントンなしで玄関前の踊り場でゲーム キツく問いただすと9時に自宅に戻るという!? 学校には行かず母親が自宅で教育してるんやろか? 15時トントン! 2度とここに来るな!! っと追っ払うが・・・


posted by まな兵衛 at 10:31| 沖縄 ☀| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: