2019年10月30日

海草藻場に住んでます

海草藻場に住んでます
細〜い海藻の上に微小なサイズの巻貝たち

キンランカノコ.jpg
↑ 画像をクリックすると動画が開きます

 サンゴ礁に囲まれた礁池、イノー。その浅い砂地には、芝生のように一面に海草(うみくさ)が生えて、「海草藻場(うみくさもば)」となります。ここは、サンゴに覆われた海とは、また違った生き物たちが暮らすところ。特に、小さな生き物たちの隠れ場所になっています。

 幅が1センチにも満たない、細い海草の葉を、よーく見てください。葉の上を歩き回る「小さなつぶ」が見えるでしょうか。実は、微小なサイズの巻貝たちが、緑の葉の上で暮らしているのです。彼らは貝の子どもではなく、大人になっても数ミリという、微小貝の仲間なのです。

 この中でも、つるっと丸い貝殻に、きれいな模様が入っているのが、カノコガイの仲間。黄色っぽい貝殻に赤茶色の稲妻のような模様があれば、キンランカノコです。貝殻のサイズは2〜3ミリから、大きくても5ミリ程度。

 彼らは、葉っぱの上を歩きながら、葉の上に生える細かく柔らかな藻を食べます。海草の葉そのものをかじると、自分たちの家がなくなってしまうけれど、葉に生える藻をかじることで、海草の葉の掃除をして、光合成を助けているとも言えそうです。

 微小な生き物たちが息づく海草藻場。ここもまた、サンゴ礁と同じくらい大事にしていきたい海なのです。
(10/28 琉球新報Style)




【酔戯言】☀/☁ 24/27° 蛍光灯もとめて炎天下をウロウロ 炊事場の蛍光灯が点いたり消えたりで 40cmの直管を買いにコンビニへ ところがLED電球しか置いてなくって 近場の電器屋さんが思い浮かばない たしかあの辺に1軒あったなぁと思ったら閉店 2軒目も内外に置いてあった 電化製品がなく 閉店かと思ったたかろうじで消耗品だけ

 そうなんや 昨今は町の電器屋さんがどんどん閉店 電池やLED球はコンビニにあるけど 旧来の電球や蛍光灯は家電量販店でないと置いてない 量販店は壺屋からタクシーでないと行けないし・・・

posted by まな兵衛 at 10:47| 沖縄 ☁| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: