2019年10月31日

首里城炎上!

首里城炎上!
正殿と北殿、南殿など6棟が全焼

首里城1.jpg

 首里城城跡の消火に当たる那覇市消防局は31日午前8時、守礼門前で会見を開き、正殿と北殿、南殿、書院・鎖之間(さすのま)、黄金御殿、二階殿の6棟が全焼したと発表した。

 奉神門へも延焼しかけている。焼損面積は約4200平方メートルに上る。現在は、近隣の7消防本部からの応援も含めて計30台、約100人の人員で消火に当たっている。全体的に火の勢いは収まってきているが、鎮圧には至っていない。

 那覇市消防中央署の照屋雅浩署長によると、現場に最も早く到着した消防隊員は正殿に向かって左の方から屋根の高さまで上る炎を確認した。火の回りは、正殿から北殿に燃え移り、その後正殿から南殿へ延焼したとみられる。
(10/31 琉球新報)


     




【酔戯言】☀/☁ 24/28° 10月神無月尽の日に飛び込んできた 【号外】首里城炎上のショッキングなニューズ! 終日ネットで情報を追い最後は9建造物が全焼した;

首里城2.jpg
クリックで拡大表示

 木造の正殿は棟が落ちる完全全焼! 表の北殿/南殿/はコンクリ骨組みのみ 奉神門も半焼したようだ そして南殿裏の国王執務室である書院と 賓客応接の鎖之間は木造で全焼 さらに奥の国王の居間である内書院も木造で全焼 国王家族の居室である黄金御殿(と寄満)に2階御殿は コンクリの骨組みを残して・・・

 県人とくに那覇市民にとっての心の拠り所とはいう 「首里城復元の立役者である高良倉吉先生は『復元作業の過程で左翼陣営の人たちから、“支配と搾取と奢侈の象徴である王族の城など復元しても無意味だ”と批判された。』と」篠原 章氏がFBに投稿している しかし高良倉吉氏は『“そうじゃないんだ。大工や職人を中心に当時の琉球の大衆が身につけていた技術と文化の結晶が首里城なんだ。たんなる支配・搾取・奢侈の象徴などではない” といってもなかなか理解されなかった』と語っておられた」という


ラベル:首里城炎上!
posted by まな兵衛 at 10:47| 沖縄 ☁| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: