2019年11月07日

首里城  内部写真公開

首里城火災 公開された内部写真


正殿2.jpg
御庭に焼け残った龍柱
 6日午後に行われた内閣府沖縄総合事務局と国営沖縄記念公園事務所、県、沖縄美ら島財団の合同会見で、首里城内部の写真が火災後初めて公開された。

 焼失前後を比較した写真や焼け落ちた施設内部の写真が被害の状況を伝えている。

 40枚の写真はこちらから
    
(11/6 琉球新報)




【酔戯言】☀ 23/27° 昼過ぎまで快晴のち曇リ 明日は曇りときどき雨の予報

 首里城の施設警備がデタラメの説明で混乱 発注側の財団が訂正を繰り返す無能ぶり 業務を請け負った警備会社はセコムなのか下請けか 施設の夜間警備は契約通りのような報道 異常時の対応も不手際はなかったようだけど

 ボクがいま沖縄でつつましい終の暮らしをしているのも 移住前の借財返済のため働いていた夜間警備バイトのおかげ 週3回の夜間警備で工場と事務棟の巡回を3回 全社員退出後/深夜/早朝に施設の内外を巡回する

 とくに重点チェック対象が数箇所あり 工場の受電/変電/配電設備を入念にチェック 音/光/熱の異常がないかをシロートなりに感じ取る もちろん火気を生じそうな箇所にはスプリンクラーと消化器

 しかるに首里城では木造の正殿にスプリンクラーもなく 消化器も置いてなかったという!? 火元と思われる配電盤にも北東側の出入り口にも消化器がなかった? 警備員が奉神門の警備室に消化器を取りに戻った"5"分が・・・


posted by まな兵衛 at 11:08| 沖縄 ☀| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: