2019年11月10日

新垣初子遺作展

,/tr>
新垣初子遺作展
〜陶と遊び陶を楽しみ夢半ば〜

新垣初子遺作展.jpg  新垣初子氏は、代々壺屋焼の陶工を務める夫・ 新垣修氏に師事し、壺屋焼を学びました。

 伝統 的技法をベースに細やかな色使いや力強さを見 せる作品は、第46回沖展で沖展賞、第 57 回・第61回沖展で準会員賞を受賞し、高い評価を受け ています。

 その後、沖展工芸部門(陶芸)初の 女性会員に推挙され、県内女性陶芸家の先駆け 的存在となりました。

   平成 29 年に惜しまれながらこの世を去りまし たが、本展は生前も含め新垣初子氏の初めて の個展となります。
(那覇市立壺屋焼物博物館)
新垣初子2.jpg 新垣初子3.jpg
国指定重要文化財の東之窯・新垣家陶房前を行き来する窯の女性たちを描いた陶板画




【酔戯言】 18/25° 日中は33%の快晴 日本晴れの新天皇/皇后パレードをTVで

 首里城炎上もさすがに10日目ともなると 新たなネタがないので地元の壺屋焼の話題 「遺作展」とあるように壺屋の名門の一「新垣家」の流を汲む 新垣陶苑の女将さんが先年60余歳で亡くなられた

 彼女は長年の小学校教職を務めながら 嫁いだ陶房の窯主新垣修氏に師事し 教職者の視点で新しい陶芸を開拓されてきた とくに目を惹いたのは本文に掲げた陶版画だ 伸びやかな線で描かれた人物の風貌/容姿が魅力にあふれている


posted by まな兵衛 at 11:21| 沖縄 ☀| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: