2020年02月01日

病み上がりのまゝ如月初

病み上がりのまゝ如月初
入院生活で崩れた体調のまゝ早や2月へ


 退院して2晩自宅の寝心地よいベッドで熟睡 2日目の今朝は爽やかに目覚めたいところが2週間に及ぶ入院生活のおかげで スッキリと起きられなっかた 身体全体がぎくしゃくと全身倦怠 なにか一つするたびに睡魔が襲ってくる

 入院中のある日の一日は以下のごとし;

 06:00 点滴開始-再眠
 07:00 点滴終了-再眠
 08:00 朝食配膳-しばしウトウト
 08:30 朝食洗面-朝眠
 09:00 Dr.回診
 09:00 コンビニでコーヒーと日経
 09:15 新聞閲覧-朝寝
 11:00 X線科撮影-昼前寝
 12:00 昼食配膳/歯磨き-昼寝
 13:00 Dr.回診/採血-昼寝
 14:00 リハビリ科呼び出し-新聞閲覧/昼寝
 15:00 皮膚科呼び出し-午睡
 16:00 点滴開始--午睡
 17:00 点滴終了-夕寝
 18:00 夕食配膳/歯磨き-夕寝
 19:00 Dr.回診-夕寝
 22:00 点滴開始-夜寝
 23:00 点滴終了-入眠

 日中の眠れないときは図書室から借りだした本を読んだりするが すぐに眠気に襲われ寝るが トータルで12時間以上も寝ているが深夜以外はほとんどウトウト その間ズーとベッド生活で背中も尻も痛い

 こんな生活を2週間も続けていたら体調もおかしくなる やっと退院したがいきなり自宅の生活で 普段どおりの体調を取り戻し動けずはずもなく あとしばらくは慣らし運転の生活となりそうだ・・・




【酔戯言】☁/☀ 14/18° 今朝の沖縄は冷え込んだようだが 那覇は平年並みの気温で午後はよく晴れた
きさらぎ.jpg  2月「如月(きさらぎ)」は漢字そのものからは、どのような意味を示しているかは分かりづらい

 如月の由来は、まだまだ寒さが厳しい時期ために、更に衣を重ね着するという意味から「衣更着(きさらぎ)」になったという説が最も有力

 如月は寒い冬が終わり、春に向かって万物が動き始める時期という意味がある
(2/1 ウェザーニュース)

ラベル:入院生活
posted by まな兵衛 at 13:44| 沖縄 ☁| Comment(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: