2020年02月04日

二十四節気【立春】



二十四節気【立春】
七十二候【東風解凍】

立春.jpg  今日4日からは二十四節気「立春」、そして七十二候「東風解凍(はるかぜこおりをとく)」

 1年の始まりというと、今では「1月1日」ですが、旧暦では立春が1年の始めとされていました。実は立春が旧暦で1年の始めだった名残なんです。

 立春は「春が立つ」ということで、立春を迎えた頃から気温の底はピークを過ぎ、徐々に春めいた陽気になっていきます。

 立春が1年の始めということで、様々な季節の節目は立春が起点になっています。例えば、八十八夜は立春から数えて88日目、二百十日は立春から数えて210日目、二百二十日は立春から数えて220日目となっています。

 立春の早朝、禅寺では、厄除けのために、入り口に「立春大吉」と書いた札を貼る習慣があります。「立春大吉」という文字をよく見ると、全て左右対称になっていますよね。そのため、裏から見ても立春大吉と簡単に読むことができます。

 立春大吉の札が貼ってある玄関から鬼が入って振り返った際、表から見た時と同じように立春大吉の文字が見えるので、「あれ?まだ家の中に入っていない?!」と鬼が勘違いし、引き返してしまうとのこと。そこから、厄除けとして家の入口に貼るようになったそうです。
(2/4 ウェザーニュース)



【酔戯言】☀/☁ 16/23° 平年を3°も上回る小春日和
立春大吉.jpg


posted by まな兵衛 at 11:57| 沖縄 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: