2015年04月26日

SV-ani:ポータルHPから日本編と西欧編へ

 グーグルマップのストリートビュー画像を使った、アニメ(スライドショー)で日本と世界の遺産動画。シリーズの終了にあたって下記のような総合目次HPを作った。そこから「日本編」と「西欧編(アメリカ版を含む)」にリンクさせた;



 上の世界地図画像をクリックすると新ページで総合目次か開く。その中に「日本編」と「西欧編」のリンクボタン画像があるので、クリックすると下の画像をトップに掲げたサブ目次HPが開く。長々とヒマ人の酔狂で悩ませましたことをお詫びします…






【酔駄言】(19:40-) 太陽太陽 19/25℃ 82/62% 7m 55分/h 0mm
 先ほど tenki.jp を見たら18時台まで曇りマーク、本ブログの最下段に表示されている天気も曇り。しかし tenki.jo のアメダスデータは 8-18時の11時間は、ほとんど55−60分/hでほゞ快晴状態。日照計のデータより人間の判断が優先されているようだが、シロートのボクでも今日は快晴に近い晴れと感じたが…

 SVアニメ・シリーズが終わったのでSV総目次のHPをつくった。ここから日本編と北欧編のサブ目次に導き、さらに 領域・国・地方・都道府県の細目次にリンク。SVポータル(入口)HPは「まな兵衛雑記帳」の、総合目次(index)の "V-Trip" にも追加した。ところで同じHPなのに MS-IE と Google-Chome とでは表示に差異があるなぁ…(-20:10)


posted by まな兵衛 at 17:30| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | V.Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月25日

SV-ani:アメリカ版の目次ページ

 グーグルマップのストリートビューアニメは最後に、オマケのアメリカ版で個別に紹介掲載せず、目次ページのみを載っけてシリーズをお終いにする。自由の女神やグランドキャニオンは画像も綺麗だし、アニメの絵としてもなかなかのものなので、ぜひご覧をいただきたものだ。



 本来は西欧編の次に環太平洋編として南北アメリカ、アジア・オセアニアを作成するつもりだった。しかし、西欧と比べて文化遺産が少なく自然遺産が圧倒的に多い。数少ない文化遺産にしても有名地はブラジルのコルコバードやカンボジアのアンコールなど、人だらけでとてもじゃないが絵にならない。





【酔駄言】(21:00-) 太陽くもり 20/24℃ 88/68% 6m 20分/h 0mm
 午前中は50分/hで晴れたものゝ午後から日照ゼロの曇天。四捨五入で20/24℃と春/夏日の平年並みだがやゝ肌寒い1日だった。今夜の町民会役員会では開け放った窓からのヒンヤリとした風で、閉会後の缶ビールは1本しか呑めず退散。せっかくのOrionイオン「ライカム・リゾート・モール」、開業記念プリントの缶ビールだったが…

 SVアニメ欧州編にオマケ扱いで付け加えた、「アメリカ版」の目次ページはお粗末。南北アメリカでたったの5件しかまとめられず、かの地の世界遺産が少ないとか物足りないとかでなく、延々と続けてきた当方のモラルダウンが原因だろうなぁ。少々飽きてきたというべきで環太平洋諸国にはゴメンなさい… (-21:30)


posted by まな兵衛 at 16:47| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | V.Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

SV-ani:イタリア版の目次HP

 欧州の世界遺産をストビュー(SV)で巡る、仮想旅行はイタリアでお終いにする。イタリア版では紹介していないヴェネツィアの、「ムラーノ島」も掲載しているのでどうぞ。欧州編ではギリシャ・バルト3国や、旧東欧諸国はスキップした。



 明日はおまけとしてアメリカ版を載っけるが、SVアニメとしてまとまったのは僅かに5件。本来なら「環太平洋編」のつもりだったが、南米やアジア(日本は済)・オセアニアを渉猟したが、どうにもアニメとしてまとめられなかったなぁ…





【酔駄言】(20:00-) くもり太陽 21/25℃ 88/72% 7m 15分/h 0mm
 うす曇りで時折り陽が射す半端な天気、昨日の50%台のからりとした湿気に比べ、やゝ湿っ気た夏日で来週から曇天が続く予報。ひょっとしたら今年の梅雨はGW前か? 今朝は体調良く薄青空を愛でながら。美味しい朝ご飯を頂戴しご機嫌の外出意欲で、散髪を済まして胃腸科に自転車で出かけられた。

 SVアニメ欧州編のイタリア版目次を掲載、ヴェネツィアン・グラスのムラーノ島はHPでどうぞ。イタリアのストビューは文句なしに楽しい。とくにローマやナポリなどの中南部の大都市、下町の裏通りのSVは地元客と様ざまな商店が、織りなす庶民感豊かな生活ぶりが好もしい。皆ん〜な細々ながら健気に活きているなぁ… (-20:20)


posted by まな兵衛 at 17:02| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | V.Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月23日

SV-ani:ヴェネツィアの運河(33)集

 SV(ストビューと略すらしい)アニメの欧州編の最後、イタリア版を今日の「運河集」でお終いとする。一昨日のブログにも書いたがヴェネツィア本島の中心を、逆S字型に流れる大運河に沿う中小運河(川)を、33件も取りまとめたので表示に時間がかかる。

トップの大運河は一昨日と同じなので、自動再生をしないようにしている。下記の各運河も自動再生でなく右向き三角1の再生ボタンとした;



 「運河」を『川』と書いているが地図でも、◯◯運河ではなく◯◯川になっている。

 <<ヴェネツィアの運河は、船を通すためではなく水を通すためにつくられたものなのである。船も通る。しかし、それは結果であって目的は、あくまでも水を通すことにあったのである.>>と、ヴェネツィアの都市計画(水上環境共生都市の特徴)のタイトルで、(財)沿岸開発技術研究センター理事・リサイクル研究部長 鶴谷広一氏のコンテンツ中に、塩野七生(1970):海の都の物語,中央公論社からの引用文に書かれている。





【酔駄言】(21:00-) 太陽太陽 19/25℃ 80/56% 9m 55分/h 0mm
 久々に朝からからりとした晴天で、本来なれば青空を眺めながら美味しく、朝ご飯をいただくはずがやゝ二日酔い気味なのか、食欲がいまいちで茶漬けでごまかした。昨夜は発泡ビール1本に歯磨き・洗面・水仕事後に、泡盛25°をチューハイ4杯分のストレートで呑んだが、普段通りの3杯ににておけばよかったのに…

 8時間もたっぷり寝たが明け方から恒例の悪い夢見で、今朝も熟睡感はなく寝足りない朝起き。天気晴朗の高揚感での外出意欲がそがれ、消化器クリニックへの精密検査の初診は延期。起床前の夢うつつから終日の耳鳴りが悩ましい。経験則から泡盛ストレート4杯目でのバタンキューがイケない。

 今日のSVアニメ「ベニスの運河集」は素晴らしい、と自画自賛するが正直言ってこんな楽しいSVは久しぶり。迷路のような小運河(川)から見る両岸の景色は、地元民の生活感にあふれていて興味津々。観光客を乗せたゴンドラより配送・工事のトラック船が、ベニスの日常社会生活を垣間見るようで面白かった。

 これらの少運河(川)は本文に引用した通り、「川」であって本来は水流がありそうだが、ラグーンという干潟を干満に応じて滞留する。加えて干潟に木杭を多用して築いた島々のせいで、いまだに下水網が不備ということもあって、『ベニスの川は汚くて臭い!』というブログが多いようだなぁ… (-21:40)


posted by まな兵衛 at 17:47| 沖縄 | Comment(0) | TrackBack(0) | V.Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月22日

SV-ani:ベニスの運河「ため息橋」



 「ため息橋(Ponte dei Sospiri )」は16世紀に架けられたヴェネツィアの橋の1つである。白の大理石で造られたこの橋には覆いの屋根があり、石でできた格子の付いた窓が付けられている。この橋はドゥカーレ宮殿の尋問室と古い牢獄を結んでいる。

 ため息橋の格子窓からの眺めは囚人が投獄される前に見る、ヴェネツィアの最後の景色であったため囚人がため息をつくと、19世紀にジョージ・バイロンが名づけたものである。実際には厳しい取調べや略式の刑執行は橋が建設された頃には無くなっており、宮殿の屋根の下の独房も専ら短期刑の囚人のものであった。

 現在はヴェネツィアの観光名所となっており、ドゥカーレ宮殿のそばで海側のバリア橋が、ため息橋を眺めるスポットとして有名な他、1つ内陸の橋からも見ることができる。また、牢獄も公開されておりドゥカーレ宮殿からため息橋を渡って、外の景色を眺めることも可能である。

 地元の言い伝えによれば恋人同士がこの橋の下で、日没時にゴンドラに乗ってキスをすると永遠の愛が約束されるのだという。このため橋の下の水路はゴンドラでヴェネツィアを観光する時の定番のコースとなっている。





【酔駄言】(20:00-) くもり 19/21℃ 88/73% 7m 0分/h 0mm
 本日も曇天なり、気温も平年を2〜4℃下回りやゝ肌寒い1日だった。今日に予定していた精密検査は天候不順を理由に順延。なんの自覚症状もないしできれば医者にはかかりたくない。それでも2年続きの「要精密検査」では、ちょっとどうかなぁ〜と躊躇していて、どうしても天気晴朗など外出の動機づけがないと…

 昨日に掲載したSVアニメのベニスの大運河は、大量・長時間のアルバム・スライドショーで、最後まで見た人は多分いないだろうなぁ? 通信環境やPCの性能にもよるが(3.4km)914枚の画像で小1時間! 最後にサン・マルコ広場から本日のお題「ため息橋」で終わるが、今日はため息橋からの少運河(パラッド川)は320mを110枚。 (-20:30)


posted by まな兵衛 at 17:10| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | V.Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

SV-ani:ヴェネツィアの大運河(カナル・グランデ)


(お断り:このアルバムは900枚弱もの画像スライドショーのため時間が非常にかかります)


 「ヴェネツィア」はイタリア共和国北東部に位置する都市で、中世にはヴェネツィア共和国の首都として栄えた都市。古来はラテン語でウェネティ人の土地を意味し、ウェネティ人が住んでいたアドリア海の奥に拡がる土地をウェネティアと呼んだことから来ている。

 都市としてのヴェネツィアはアドリア海の最深部、ヴェネツィア湾にできた潟(ラグーナ)の上に築かれ、運河が縦横に走る水の都である。ヴェネツィア本島(5.17km2)は大きな魚のような形をしており、本島全体が小さな島々からできている。その真ん中を全長約3kmにおよぶ逆S字形のカナル・グランデ(Canal Grande、大運河)が、北西から南東へ、市街を2つに分けながら湾曲して流れる。

 鉄道路線と土手を走る車道が島々と本土を結び、ラグーナの外側の長い砂州や海岸の防波堤がこの町を海から守っている。150をこえる運河が177の島々を分け、運河には400におよぶ橋がかかる。地上では迷路のように狭くて曲がりくねった路地や通りに、自動車は入れず橋も歩行者専用である。かって輸送をになったのはゴンドラと呼ばれる手漕ぎボートであった。今は水上バスやフェリーが市民や貨物を運んでいる。

「カナル・グランデ (Canal Grande)」 はヴェネツィアの運河。大運河の意で街の真ん中を全長約3kmにおよぶ逆S字形で、ヴェネツィアの北西から南東へ市街を2つに分けながら湾曲して流れる。水の街での交通手段は運河であり大運河は一大動脈である。

 大運河には4つの橋がかかっている。最も古いのが16世紀中葉に建設された リアルト橋である。鉄道駅の近くのスカルツィ橋とアッカデーミア橋の2つは1930年代に、そして駅前広場とローマ広場を結ぶ4つ目のローマ広場歩道橋が2008年に建設された。





【酔駄言】(20:30-) くもり 21→20℃ 9m 98/82% 0分/h 0mm
 朝は平年並みの20℃(室温25℃)だったが、日中からジリジリと下がりはじめただいま20℃。室内でも半Tシャツではウスら寒くて、長袖を重ね着するのも煩わしくてエアコン暖房をオンしている。明日の夜明け前には19℃まで下がるらしいが、日中は夏日でその後も20/25℃の平年並みが続くという。ヤレうれし…

 SVアニメはベニスの大運河を大量のSV画像アルバムで、スライドショーの自動再生としたが、約1000枚の画像を平均2秒/枚で再生すると小1時間もかかる。自分自身でもはじめて完全再生してみたが55分も! それでも1枚1枚の全画像の素晴らしいさは見飽きない。隅田川やテムズ川より格段に美しい景色を堪能した。 (-21:00)


posted by まな兵衛 at 17:50| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | V.Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

SV-ani:ベニスのサン・マルコ広場



  「サン・マルコ広場(Piazza San Marco)」はヴェネツィアの中心的な広場で、回廊のある建物に囲まれ ドゥカーレ宮殿サン・マルコ寺院などがある。ヴェネツィアの広場は方言でカンポ(campo)と呼ばれるが、サン・マルコ広場は別格であり、ピアッツァ(piazza)と呼ばれる。世界で最も美しい広場とも言われており、観光名所のほか海からの玄関口でもある。

 サン・マルコ寺院の聖堂の正面部分は柱廊に囲まれた台形になっていて、広場に海に面したサン・マルコ小広場が続いており全体としてL字型になっている。小広場には2本の柱があり、それぞれ頂上にはサン・マルコの獅子の彫像と聖テオドーロの彫像がある。中世にはこの柱の間に死刑執行台を設置したため、ヴェネツィアっ子は柱の間を通り抜けないという。





【酔駄言】(21:00-) ☂ > くもり 22/27℃ 11m 98/86% 0分/h 2.5mm
 朝起きてベランダ窓のカーテンを引くと、網戸に雨粒がついているしベランダも濡れていた。どうせ今日も曇雨天なのでプランタの野菜苗に水やりをしなくていゝや。お昼すぎにチラッと陽がさしたので近所のスーパーに、今夜の泡盛などなどを買いに出かけたが、陽向は熱射がきつく日陰を選って歩いた。

 SVアニメはついにベニスに突入! ベニスと習ったがいつごろからヴェネツィア? 本命の運河に先立ちナニはともあれサンマルコ広場、ベニス観光の定番中の一番らしいがSVバーチャルでも堪能。画像では冠水した直後らしく広場は水たまりで、片隅に冠水用の折りたたみ歩行路板が積み上げられていたなぁ… (-21:30)


posted by まな兵衛 at 16:49| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | V.Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

SV-ani:8角型のデルモンテ城



 「デル・モンテ城」はイタリア南部のアンドリアの郊外にある中世の城。13世紀に神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世によって建築された。八角形を象徴的に取り入れた設計になっており、ユネスコの世界遺産に登録されている。1ユーロセント硬貨の裏面にもなっている。

 丘の上にぽつんと立つ美しい城で、フリードリヒ2世の数学へ造詣を表す黄金比を用いた、八角形を象徴的に取り入れており、全体が八角形の平面で構成され、中央に八角形の中庭を内包し、8つのコーナーにはそれぞれ八角形の小塔がそびえる。






【酔駄言】(19:30-) ☂ 22/25℃ 11m 95/85% 0分/h 13mm
 終日の雨模様で湿度も気温も高くちっと蒸すが、風も強く体感温度は冷んやりで、窓を細めに開けたり閉めたりと困った天気だ(いまも続いている)。未明に与那国島で120mm/hの記録的豪雨が降ったらしい。小さな島で川らしい川もなく、降った大水はストレートに海の流れるが、農場や集落・港湾に被害がなければいヽのだが… 

 SVアニメのデルモンテ城!? かのケッチャップ王一族の出身地だろうか? イタリア南部に拡がるオリーブ畑の真ん中に、ポッコリと小高い丘の上に真っ白で細高い8角型のお城、戦闘用でなく賓客の接待用に使われたとか。それだけのためにデルモンテの農民たちは、使役で大変な労力を強いられたであろうに? (-20:00)


posted by まな兵衛 at 17:08| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | V.Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

SV-ani:ポンペイ発掘遺跡



  「ポンペイ」はナポリ近郊にあった古代都市。79年のヴェスヴィオ火山噴火による火砕流によって地中に埋もれたことで知られ、その遺跡は「ポンペイ、ヘルクラネウム及びトッレ・アンヌンツィアータの遺跡地域」の主要部分として、ユネスコの世界遺産に登録されている。ローマ人の余暇地として繁栄したポンペイの最盛期の人口は約2万人といわれる。18世紀に発掘が開始され、現在は主要な部分が有料で一般公開されている。

 79年8月24日のヴェスヴィオ火山が大噴火し、一昼夜に渡って火山灰が降り続けた。翌25日の噴火末期に火砕流が発生し、ポンペイ市は一瞬にして完全に地中に埋まった。これら一連の災害により何らかの理由で街に留まった者の中から逃げ遅れた者約2千人が犠牲になった。

 1748年にポンペイが再発見され建造物の完全な形や、当時の壁画を明らかにするために断続的に発掘が行われた。 一瞬にして5 メートルの深さに町全体を飲み込んだ火砕流が、当時の人々の生活をそのままの状態で保存した。発掘は今に至るまで続けられている。

 地中から次々と現れるローマ時代の遺品の美しさに世界が驚愕したが、その美しさの秘密は実は火砕流堆積物にあった。火山灰を主体とする火砕流堆積物には、乾燥剤として用いられるシリカゲルに似た成分が含まれ湿気を吸収した。この火山灰が町全体を隙間なく埋め尽くしたため、壁画や美術品の劣化が最小限に食い止められたのであった。





【酔駄言】(21:10-) くもり 22/25℃ 9m 89/69% 0分/h 0mm
 今日は朝から高曇りで日照はゼロ、洗濯物の綿ソックスのゴム部が乾かなかったなぁ。気温は平年並みの初夏日で半T/短パンで、窓を全開したり半開きにしたりと調整をした。明日は夕方から雨模様で晴れ間は3日後なので、精密検査は水曜日に先延ばししよう。

 SVアニメはポンペイの遺跡でほとんど掘り起こされ、かっての街並みが公開されているので探訪した。約1300年も前の石造りの格子状の街並みには、当時の生活を想像させる生々しさがあった。そんな昔から舗装道路や水利が整い娯楽施設もあったとは。 (-21:40)


posted by まな兵衛 at 16:56| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | V.Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

SV-ani:ローマのコッロセウム



 「コロッセウム(Colosseo コロッセオ)はローマ帝政期に造られた円形闘技場で、建設当時の正式名称はフラウィウス円形闘技場。現在ではローマを代表する観光地である。コロッセウムはネロ帝の黄金宮殿の庭園にあった人工池の跡地に建設された。使用開始に当たっては100日間に渡りイベントが続けられ、数百人の剣闘士が闘いで命を落としている。

 長径188m,短径156mの楕円形で高さは48m、約5万人を収容できた。天井部分は開放されているが日除け用に布を張る設備があった。皇帝席には一日中直射日光が当たらないように設計されており、また一般の観客席についても一日に20分以上日光が当たらないように工夫がなされていた。

 ストリートビューのアニメも面白いが、いま現在のリアルタイムなウェブカメラを見つけたのでリンクを貼り付けた;





【酔駄言】(20:45-) 太陽太陽 20/28℃ 7m 85/69% 55分/h 0mm
 今日から沖縄は夏のはじまり! この先1週間の予想気温も20/25℃以上で、今日の日中は帽子なしでは陽向を歩けない暑さ。先週までは温かさを求めて陽向を歩いていたのに、今日からは日陰を縫って歩かないと熱中症のおそれ。今日の日中に長男嫁から久々の電話があったが、一昨年の熱中症から舌のもつれが治っていない。

 嫁の電話の徒然に欧州のSVでどこがよいか? 即答でイタリア! いよいよ欧州編は最後のイタリアに入ったが、本命のヴェネツィアは最後にとっておき、1番バッターはローマのコロシアム(と習った)。ちょうど次のテーマとして欧州のライブカメラで、コロシアムを見つけたのでリンクを貼っておいた。 (-21:15)


posted by まな兵衛 at 16:41| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | V.Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする